クラウドサービス

【クラウド】今更聞けないDropBoxの使い方と注意点

dropboxの使い方クラウドサービス
この記事は約4分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

DropBoxとは

DropBoxとは、かなり有名なクラウドストレージサービス

初期はバックアップがメインでしたが、今となっては共同編集なども可能となっているサービス

今回は以下の方にオススメ

DropBoxをまだ使ったことがない
Dropboxの仕組みを知りたい
DropBoxの有効活用

DropBoxのサービス内容など

DropBoxはクラウドストレージサービスと言って、自分の端末等からどこか別のサーバー上に保管する事を言います

使用可能なプラットフォーム

  • Windows(ブラウザ・アプリ)
  • macOS(ブラウザ・アプリ)
  • Linux
  • iOS(アプリ)
  • Android(アプリ)
  • BlackBerry
  • kindle Fire

おもに自分が使うのはWindows/macOS/iOS(iPad)/Androidの四種類

これらにDropBoxのアプリを入れて、アカウントでログインすれば全てのDropBoxファイルが同期され、どのデバイスで操作しても同じ状況になります

主な機能

主な機能はバックアップですが、以下が挙げられます

データ共有

二種類あり、それぞれ少しだけ特徴が違う

  • リンク共有

アップロードしたファイルやフォルダ等の共有リンクをコピーし、リンクを張ることでアクセスを可能とする機能

ただし、リンクを知っている人なら誰でもアクセス出来る点には注意

共同編集をする場合、「リンク作成者」しか編集出来ないため、共同編集には適さない

  • 共同フォルダ

アップロードした任意のフォルダを共同編集可能にすることで使える機能

他のDropBoxユーザーと編集することが可能

これはリンク共有と違い、相手の受け入れが出来ないと共有フォルダ自体が表示されない仕組みとなっている

保存容量

ストレージサービスはどこも基本無料だけど、ある一定量を超えても使いたい場合は有料プランを使ってねスタイルなので、このDropBoxも例にもれず有料プランが存在する

基本の無料プランだとすぐにいっぱいになるって方は有料プランも検討してみましょう

有料プラン別の料金・機能は公式サイトで確認してください

DropBoxの仕組み

ここからはDropBoxの仕組みを簡単に解説

このサービスは自分の使い方においては「バックアップ最強」と思っています

その理由はiCloudにありますが、iCloudはバックアップではなく同期がメインなので、iCloud側で削除したらデバイス側も削除されます

対して、DropBox側で削除した場合でもデバイス側は残ります

つまり、完全に別で新たに保管するため、デバイス間の同期はもちろんのこと、ストレージ容量の節約に繋がります

これがiCloudだけでなくDropBoxも使っている大きな理由の一つです

DropBoxの有効活用

せっかくバックアップ最強なので、バックアップはしたいですよね

ただ、無料プランだとそこまで多くは保存出来ません

なので今回は容量を抑えつつ、たくさんバックアップするための方法を紹介

大量保存のコツ

PCファイルには全て、容量というものはつきまとってきます

これはどうしようもないことですが、ある程度差別化することは出来ます

例えば動画は重い、画像は軽いなんてよく言いますが、これも差別化にもあたります

要するに「1ファイルあたりの容量を抑えてあげれば、容量制限があっても大量に保管出来る」という考え方です

具体的な方法はというと、エンコードソフトを活用することです

動画であればmovだったりAMVだったりと色々ありますが、基本的には画質・容量のバランスが良いmp4(H.264)やH.265などがベスト

画像であれば、jpegやpngではなくWebP形式での保管をオススメします

WebPであれば、3264*2448のかなり大きな画像ですら254.53KBまで抑えられます

全てWebP形式でバックアップした結果、未だに無料プランで6.5%しか使っていません

前は容量パンパンだったので危なかったですが、不要な画像の整理とエンコードによって逆に空きすぎました

まとめ

以上がDropBoxの簡単な解説などになりました

アカウントの作成等は簡単に終えられるため、今回は省略しました

macOSでWebPが扱えるようになり、今後も長くお世話になります

タイトルとURLをコピーしました