クラウドサービス

【クラウド】今さら聞けないiCloudの使い方や注意点

iCloudサービスの解説クラウドサービス
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

iCloudとは

アップルユーザーなら誰しも見たことある、iCloudの名前

でも具体的に把握していないと、思ったとおりの使い方ができずにサービスの真の力を発揮することが出来ません

このページでは、以下の方向けに解説していきます

iCloudをまだ使ったことがない
iCloudの仕組みを把握していない
iCloudの有効的な活用方法が知りたい

iCloudのサービス内容

iCloudはアップルユーザーであれば、アップルアカウントでログインすることが出来ます

公式サイト(ブラウザ版)

iOSやiPadであれば、ファイルアプリから、iCloud Driveにアクセスすることでもファイル等の編集が可能となっています

主なサービス内容は以下

メール

icloudアドレス宛に送信されたメールを確認したり、送信したりすることが出来ます

icloudアドレスはicloudのアカウントで確認することが出来ます アドレス形式は〇〇@iclod.comとなっています

〇〇の部分はアカウント作成当初のメールアドレス等から作られていた気がします

連絡先

その名の通り、連絡先の管理が出来ます

iOSやiPadとの連携も出来、バックアップや同期も出来ます

カレンダー

これもそのまんまで、予定の同期などが可能

写真

この機能を良く使う方は多いハズ

ただし、これに関しては注意点があるので後で詳しく書きます

iCloud Drive

ショートカット等や、macPCとやりとりする時に使われる、いわゆる物置的なところ

zipとかテキスト、macで作ったNumbersファイルやAutomatorなどもここに放り込まれている

メモ

これまたiOS等のメモと同じで、同期を選択していれば自動で内容が書き換えられたりして、バックアップとなる

リマインダー

これまたiOS等と同じく、同期していればiCloud内のリマインダーにも表示される

Pages

アップルに大体内蔵されているワードプロセッサー

別アプリだとGoodNote5とか、そういったやつのアップル公式版みたいな感じで良いです

iCloudからアプリをインストールする必要なく作成や編集などが可能

もちろん、他のデバイスで作ったやつのバックアップも可能

Numbers

アップル製のエクセル機能

Pagesと同じく、ブラウザ上でも他デバイス上でも作成・編集可能や同期が可能

Keynote

自分がアイキャッチ等で頻繁に使っているが、正しくはスライド作成ソフト

PagesやNumbersと同じです

友達を探す

友達がいません

iPhoneを探す

iPadなど、GPSを利用して探すことが可能ですが、まず落としたり行方不明になること自体無いでしょってことでずっとオフなので分かりません

iCloudの仕組みなど

それでは、iCloudが一体どんな仕組みなのかってのを簡単に紹介

無料プラン

アップルユーザーであれば無料で使うことが出来ますが、無料だと5GBまでしか使うことが出来ません

写真などを大量に同期している場合、有料プランを使う必要が出てきます

自分みたいに写真のバックアップは完全に別で分けている場合だと、残り4.96GBの空き容量で逆に空きすぎている事もありえます

復元

iPhoneやiPadなどを機種変更などした場合も、iCloud上にデータが残っていればiCloudのデータを取り込んで復元することが出来ます

そのうえ、iPad等のデバイスのバックアップも、iCloudで可能

これらはバックアップなので、下記の同期とは違うので安心して使っていきましょう

同期機能

当然ですが、同期ができます

これは単にiCloudとデバイス1個みたいな一対一の関係ではなく、iCloud同期を許可しているデバイス全部で同期します

なのでiPhoneで撮影した写真もiCloudを経由してmacPCで開く事もできるといったわけです

バックアップではなく同期の理由

ここから注意点となりますが、このiCloudは完全なバックアップ機能ではありません

簡単に言えば、クラウド上に全く同じ(もしくはデータを抑えるために変換された)コピーが並ぶと思ってもらったほうが良いです

そのため、iCloud上で写真を消すと、「削除するとデバイス上からも消えます」的なメッセージが出てきます

実際に消すとデバイスからも同じ写真が消えるため、バックアップではありません

「iCloud上のファイルやフォルダを直接iPad等から操作している」と思ってもらって構いません

なので、iCloud同期をしたiPadの写真アプリは、iCloud写真アプリを操作しているみたいなイメージです

他のメモやNumbers等も同じです

有効的な活用方法

ここでは自分が思う、有効活用を紹介

ショートカットのファイル置き場

これしかありません

上記の通り、バックアップではなくコピーを大量生成するため、すぐに容量上限に到達することもありました

なので同期はショートカット・MacPC関連・メモのみとし、写真や連絡先とかのどうでもいいものは全てオフにしました

ショートカットでファイルを使う際はこの記事を読んでください

共有

iCloudの機能の一つに共有機能があります

これはもう他のサービスだと普通にあるわけですが、Googleドライブの場合は閲覧者に対する権限を設定してから共有アドレスをコピーする必要があります

iCloudの場合、共有リンクをクリックしてコピーするだけで完了

まとめ

アップルユーザーであれば使うことがあるかもしれないiCloudの解説でした

同期とバックアップの違いをちゃんと把握し、うまく活用していけるといいですね

タイトルとURLをコピーしました