ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのメディアをエンコードの使い方

メディアをエンコードの使い方ショートカット
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

手軽に動画変換出来るアクションの使い方です

ただ、専用ソフトほどの機能とかはありません

撮影したビデオを軽量化するとか、音声だけとかそういった使い方がメインになります

メディアをエンコード

アクションを追加すると、色々と設定出来るのでまずは色々解説

メディアの部分で変換したいメディアを選択

iTunes、動画が選択出来ます

オーディオのみはチェックを入れると、映像部分が切り捨てられて音声だけ出力されます

ここにチェックを入れると、出力形式はm4aかAIFFの二択となります

m4aは軽量、AIFFは一般的には非圧縮なのでファイルサイズが若干大きめ

動画の場合、サイズが選べます

パススルーは元動画のサイズは変更しません

640*480 ビデオグラフィックスアレイ(VGA)の代表的なモードが転じてこのサイズはVGAと呼ばれるようになったサイズ

960*540 16:9の一つで、ディスプレイサイズが小さい端末で丁度いい

1280*720 Youtubeとかでよく見ると思う720pはこれのこと ハイビジョンやHDTVに含まれる規格であり、画面アスペクト比は16:9 横に720本の線があるから720pと呼ばれてます

1920*1080 16:9のワイドディスプレイで一般的に使われているサイズ 主にPCモニターなど

HEVC 1920*1080 HEVCは従来のmp4でつかわれているh.264よりも圧縮率が高いH.265を使った動画圧縮規格のことです より圧縮しつつ画質を落としたくない場合にはこれ

HEVC 3840*2160 いわゆる4K画質 4Kディスプレイとかで見る時に使うかもしれない

速度は0.5、標準、2倍速、カスタムが選べます

カスタム速度は任意の数値を選べます

メタデータはファイルに保持するデータのことで、ID3タグを知っている方はわかりやすいと思います

設定できるのは以下

  • タイトル
  • アーティスト
  • アルバム
  • ジャンル
  • アートワーク

アートワークだけは変数ですが、それ以外は文字を直接入力しても大丈夫です

アートワークは動画化ではあまり意味がないように思えますが、音楽だったらアルバムのジャケットみたく表示されるハズなんですが、色々試してもアートワークが表示されませんでした

使用例

動画を別のサイズに変換するのがメインの方は以下

写真を選択(動画を選べるようにしておく)→エンコード(サイズ変更等は事前に)→写真アルバムに保存

動画から音声だけを保存したい場合は以下

写真を選択(動画を選べるようにしておく)→エンコード(オーディオのみにチェックを入れる)→写真アルバムに保存

これでどちらも問題なく処理されます

画質に関する注意点

自分のiPad mini4ではHEVCの二種類を実行時にショートカットが強制終了しました

処理スペックが不足しているとこうなるみたいです

後、元の映像サイズが小さい画像を大きくしたい場合ですが、画質が荒くなる可能性もあります

その他のアクション

その他のアクションに関しては以下からどうぞ

【iPhone/iPad】ショートカットのアクションカテゴリーの簡単解説
すごく便利なショートカットですが、初めて使う方にとっては何がどこにあるのかさっぱりわからないと思います 今回はカテゴリーごとの紹介をしていきたいと思います
タイトルとURLをコピーしました