ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのGIF関係まとめ

ショートカット
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

このページについて

このページではiPhoneとiPadで使えるショートカットのGIF関係のアクションをまとめて解説しています。

2021/10月~2022/1月 iPadOS15にて確認した内容に更新

スポンサーリンク

GIFを作成

【GIFを作成:mac版】はこちら

コンテンツからGIFを作成」の青文字の部分を変更して使います。コンテンツにはなんでもOKです。【App Storeで検索】したアプリのURLを入れてもいいですし、シンプルに複数枚の画像を指定してもOKです。

保存する際は【ファイルを保存】を使いましょう。

スポンサーリンク

GIFにフレームを追加

【GIFにフレームを追加:mac版】はこちら

イメージGIFに追加」の青文字をそれぞれ変更して使います。このアクションは指定したGIFの一番最後に指定したイメージを追加するというアクションなので順番に注意しましょう。

イメージにGIFを指定して、GIF+GIFという事も可能です。遅延時間はGIF再生が終わってどれだけ遅らせてから追加フレームを表示するかという設定です。自動的にサイズ変更は好みで設定しておきましょう。

スポンサーリンク

GIFからビデオを作成

【GIFからビデオを作成:mac版】はこちら

「GIFイメージからビデオを作成」の青文字を変更して使います。これはGIFという画像ファイルを動画形式へと変換する機能を持っています。この違いは音を使えるかどうかなので、音が不要であればそのままでも良いと思います。ちなみにこのアクションに音を付け加える機能は無いため、別の編集ソフトで音を後付けする必要があります。

表示を増やすと回数ループを指定出来ます。通常は1回再生で十分なので、1で良いと思います。

イメージからフレームを取得

【イメージからフレームを取得:mac版】はこちら

イメージからフレームを取得」の青文字を変更して使います。このアクションはイメージに渡されたGIFを1枚1枚バラす効果を持っています。そのためバラすGIFによっては膨大な数の画像が生成されます。

任意の画像だけを保存する場合は【リストから選択】で「複数を選択」を有効化することで、ほしいところだけ選択して保存することが出来ます。一度全部保存して欲しいところだけ残して後は削除するという方は【ファイルを保存】を使いましょう。一括で数百枚が保存されます。

ショートカット関連リンク

ショートカットの基礎
ショートカットの仕組み・作り方などの基礎を解説しています。
ショートカットのカテゴリトップ
ショートカットのカテゴリトップページへ移動します。
オートメーションの使い方
オートメーションの使い方などを解説しています。
使用端末による違い
ショートカットを使用できる4端末による違いをまとめています。
サンプルレシピ
中の人作のサンプルレシピ集です。役に立つものはありません。
ウィジェットの解説
ショートカットをウィジェットに表示する方法を解説しています。
アクション一覧
ショートカットで使用可能なアクションを全て掲載しています。(サードパーティアプリは除く)
タイトルとURLをコピーしました