ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットの場所(GPS)の使い方

場所関連のアクションの使い方ショートカット
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

iPhone/iPadで使えるショートカットの場所/GPS関係のアクションの使い方が知りたい
SNSに旅行先の投稿などをするときに、場所情報も掲載したい

2021/10月~2022/1月 iPadOS15にて確認した内容に更新

スポンサーリンク

場所

【場所:mac版】はこちら

場所」に目的地などを入力します。このアクションはたったそれだけの使い方になるんですが、このアクションの結果を利用するアクションは多々あります。以下はその一例です。

【場所の詳細を取得】
指定した場所に関するいろんな細かい情報を取得するときに使います。
【マップで表示】
指定した場所をマップアプリ(Appleのアプリ)で開きます。
【マップのURLを取得】
指定した場所を開くマップURLを取得します。Appleのマップ限定です。
【移動時間を取得】
現在地から指定した場所までの移動時間を取得します。
【入力から住所を取得】
指定した場所の住所を取得します。

このように、場所の次に使うアクションはそれぞれ便利なものが揃っています。どのように使うかはお好みです。

スポンサーリンク

現在地を取得

【現在地を取得:mac版】はこちら

このアクションは現在地を取得するのみで、細かい指定がほんの少し出来る程度です。表示を増やすと精度を選ぶことができます。最高にすればかなり細かく取得しますが、時間はかかります。一番雑な3km単位にすればかなり早く取得することができますが、逆に言えば最大で3kmの誤差が生じます。10メートルが初期値なので、初期値のままで使用するのが良いと思います。

スポンサーリンク

場所の詳細を取得

【場所の詳細を取得:mac版】はこちら

緯度位置情報から取得」青文字をそれぞれ変更して使います。位置情報に関してはこのページでも解説している【場所】や【現在地を取得】を使ってもいいですし、直接入力してもOKです。【入力を要求】を使えば、その都度違う場所を対象にすることもできます。

緯度の部分をクリックすると色々と出てきます。以下が取得できる項目のすべてです。

緯度経度高度
番地市区町村都道府県
郵便番号地域電話番号
ラベルURL名前

それぞれ見たまんまの機能ですね。名前は建物名を取得できる場合とできない場合があります。住所を正確に入力してもできない場合もあり、建物名で検索した場合には取得できていました。そのあたりの線引については不明です。

場所にフィルタを適用

【場所にフィルタを適用:mac版】はこちら

場所にフィルタを適用」青文字と、フィルタを追加・使用して使います。このアクションは指定した場所やリストに対してフィルタを適用し、条件に一致する場所のみを出力する機能を持っています。

  1. フィルタを追加すると、初期値は市区町村となっていると思います。ここをタップして、まずは一番大きな条件を設定します。
  2. その隣にあるのが、第2の条件です。次と等しいや完全一致、日付が今日かどうかなどを設定できます。
  3. 最後の条件は特定のワードを含むかどうかで分けたりするときに使います。

このようにしてフィルタを追加し、条件をどんどん左から右へと細かくして選別します。選別結果はテキストで表示されます。並び順序をタップすると結果の並び順を指定できます。制限を有効化すると、出力結果の数を制限できます。

場所に関してはこれまでのアクション同様、【場所】を使うのが基本ですが、複数の場所を参照するので【リスト】を使う事もできます。

ショートカット関連リンク

ショートカットの基礎
ショートカットの仕組み・作り方などの基礎を解説しています。
ショートカットのカテゴリトップ
ショートカットのカテゴリトップページへ移動します。
オートメーションの使い方
オートメーションの使い方などを解説しています。
使用端末による違い
ショートカットを使用できる4端末による違いをまとめています。
サンプルレシピ
中の人作のサンプルレシピ集です。役に立つものはありません。
ウィジェットの解説
ショートカットをウィジェットに表示する方法を解説しています。
アクション一覧
ショートカットで使用可能なアクションを全て掲載しています。(サードパーティアプリは除く)
タイトルとURLをコピーしました