【iPhone/iPad】ショートカットのアクションカテゴリーの簡単解説

ショートカットのカテゴリー紹介ショートカット
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページではショートカットを構成する上で必要なアクションのカテゴリーごとの解説をしていきます

各カテゴリーごとに詳細解説を別ページで用意しているところもあるので、深く知りたい方はそちらをご覧ください

ただ、中の人は全てのアクションを100%使い切れる自信はありませんのでご注意

ウィジェットエリアの編集

ウィジェットエリアで表示させたいショートカットを限定させたい場合は以下を御覧ください

【iPhone/iPad】ウィジェットエリアに表示するショートカットを指定する
最新のiPadOSで変わったウィジェットエリア ショートカットを追加する方法と、表示したいショートカットを限定する方法です

サンプルレシピ

実際に自身が作ったサンプルレシピはこちら

オートメーション

指定条件で自動実行してほしい場合、オートメーションをオススメします

オートメーションの使い方

日時

これだけは検索しないと出て来ない上に、どのカテゴリにも属していません

日時のまとめ

App

iPhoneやiPadにデフォルトで入っているアプリだったり、ショートカットに対応している一部のアプリが並んでいる場所になります

なお、指定したアプリを起動するアクションは別にあります

例えばAppStoreであれば、AppStoreで検索や詳細を取得など

iTunesStoreであれば、アーティストの詳細を取得したり

Safariは色々と機能が多いですが、それだけ色々出来ますよってことも分かりますね

現在、下記のアクションは一通り書いてあります

App Store

iTunes Store

メッセージ

メモ

ミュージック

マップ

ショートカット

カメラ

ツイッター

Safari

Apple TV Remote

カレンダー

メール

Instagram

写真

よく使う項目

これは自分がよく使うアクションをお気に入りした場合に表示されるカテゴリーとなります

なので何も登録していない場合は空白だと思います

登録上限は無さそうなので、もしガッツリ組みたいって場合は色々と追加しておくと捗ります!

スクリプティング

プログラミング的思考が要求されるアクションが集まっています

ここにあるAppは指定したアプリを起動するアクションとなっています

これ以外だとXコールバックとか、ショートカットを実行したり

簡単なアクションだとBluetoothをオンにしたりオフにしたり、音量を設定したりってアクションも入っています

Appを開く

URLエンコード

XコールバックのURLを開く

Buletoothを設定

おやすみモードを設定

if文

デバイスの詳細を取得

変数・マジック変数

バッテリー残量を取得・低電力モード

フラッシュライトを設定

音量を設定・再生出力先を設定

外観モードを設定・明るさを設定

ネットワーク関係まとめ(Wi-Fi/モバイルデータ/IPアドレス/機内モード)

base64

ハッシュを生成

リスト・リストから項目を取得・リストから選択

計算

カウント

コンテンツグラフを表示

種類を取得

名前を取得

名前を設定

辞書(JSON)

数字関連(フォーマット/数字を取得/乱数 など)

ショートカットで続行と終了

メニューから選択

繰り返す 各項目を繰り返す

待機/戻るまで待機

測定単位

コメント/何もしない

通知関係(アラート/サウンド/振動/通知を表示)

入力を要求

メディア

画像・動画・音楽などが集まっているカテゴリーです

スマホが出る前はgifアニメを作る場合はPCに専用のソフトを入れてやっていたわけですが、ショートカットがあれば他のアプリを入れる必要すらありません

とはいえ画質とか処理速度とかこだわる場合はそれこそ専用アプリとか使ったほうがいいわけですが、そういった事を気にしない場合はショートカット一本で十分となります

GIF関係(生成・フレーム追加・動画化・フレーム取得)

イメージ(取得関係)

イメージ(編集関係)

Shazam(楽曲認識)

オーディオを録音

メディアをエンコード

メディアをトリミング

プレイリストを作成・追加・取得

場所

主にGPSを使うアプリと連動したアクションが集まっているカテゴリーとなります

例えば現在値の座標取得、もしくは指定した場所の建物名などの取得など

SNSなどで今ここにいます的な投稿もありますが、あれもこれで作れます

天気関係

場所(GPS)

書類

ここは結構使ったりすることが多いですね 自分の場合は麻雀の成績記録とかが主な運用なので、一時的にでも数字を保存しておいたり数字をカウントしたりするための準備とか必要なわけです

簡単にいえば「テキストに関係したアクションが集まっている場所」となります

一番シンプルなもので言えばそれこそ「テキスト」だったりしますが、ちょっと複雑なところだと「ファイル」関係ですかね

QRコード関連

アーカイブの生成と展開

テキスト(取得)

テキスト(編集)

プレビュー(クイックルック・結果の表示)

ファイル

PDF マークアップ

リッチテキスト

翻訳

共有

これは結構シンプルですね

クリップボードへのコピーや取得、AirDropなどの共有らしい共有アクションが集まっています

メッセージやインスタグラムなどもここにあります

クリップボード関連

Web

ここもプログラミング的思考が要求されるカテゴリーとなったりします

単にWebを開くだけならSafariでええやん?ってなるわけなので、単にWebを開くわけじゃない時に使うわけですね

RSSの取得だったりURLの内容取得だったりと、使い方が若干難しいものが多いのが特徴

とはいえ使いこなせればページを開くことなくページの内容を取得出来たりするので、まぁまぁ限定された用途で真価を発揮します

RSS

URL

Webリクエスト

最後に

ここまで簡単に解説してきましたが、これらを色々と活用するとかなり便利な物が出来上がったりします

ぜひ自由な発想で色々組み合わせてみて、自分だけのオリジナルショートカットを作ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました