ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのバッテリー残量・低電力モード

バッテリー関係の解説ショートカット
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

バッテリーの残量を取得したい
低電力モードについて知りたい

2021/10月~2022/1月 iPadOS15にて確認した内容に更新

スポンサーリンク

バッテリー残量を取得

【バッテリー残量を取得:mac版】はこちら。

現在の端末のバッテリー残量を調べてくれます。以前はめっちゃ細かく表示してくれた気がしていましたが、iPadOS15で使ってみたら47と表示されました。

このアクションはたったこれだけですが、バッテリーの状態が○%以下だったらこういう機能を一括でオフにするとか、そういうバッテリーセーバー系のショートカットレシピを使う上で便利なものだったりします。

スポンサーリンク

低電力モードを設定

「低電力モードをオン変更」の青文字の部分を設定して使います。オンをタップするとオフに切り替わります。そして変更をタップすると、切り替えるという項目が出てきます。

  • 変更→アクションを実行する度にオンorオフに固定で変更する
  • 切り替える→アクションを実行する度に現在の状態と逆に変更する

という違いがあります。例えば現在、低電力がオンでオンに変更というアクションを実行してもオンのまま変化はありません。ただし切り替えるを実行するとオフに変更されます。

スポンサーリンク

使い方の例

それぞれの使い方の例を紹介します。まず、バッテリー残量を取得→if文の順に配置します。if文の使い方解説記事はこちら

そしてif文のバッテリー残量の条件を次のようにします。「次より小さい」数字は20%とかにしておきます。そして真のところに低電力モードを設定のアクションを配置し、オンに変更にしておきます。そして偽のところには何かしら別のアクションを入れておいてください。これはお試しなので、写真を選択とかアプリを開くとか、全く関係無くてわかりやすいもののほうがいいです。

実行すると、まずバッテリーの残量を取得します。そして20%より小さい場合は低電力モードがオンになります。ただし20%よりも多かった場合、偽に配置した適当なアクションが実行されます。

このようにワンタップでバッテリーの情報取得からモードの切り替えなどを行う事ができます。

その他のアクション

ショートカットの他のアクション解説リンク集

Siriショートカットのトップ

サンプルレシピ集

タイトルとURLをコピーしました