ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのコンテンツグラフを表示の使い方

コンテンツグラフを表示の使い方ショートカット
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

ショートカットのコンテンツグラフを使いたい
どういう使い方が出来るのか知りたい

2021/10月~2022/1月 iPadOS15にて確認した内容に更新

スポンサーリンク

コンテンツグラフを表示

【コンテンツグラフを表示:mac版】はこちら。

入力のコンテンツグラフを表示」の青文字の部分を変更して使います。入力は全てを受け付けるようになっています。出力はこのアクション独自の結果で表示されます。

入力に数字やテキストなどを配置し、コンテンツグラフを表示すると以下のようになります。

コンテンツグラフの使い方2

数字などをタップすると、NSNumberやらNSStringなどが表示されます。このへんの用語は普段使わないこともあって、あまり気にする必要はなかったりします。

イメージをタップし、それぞれの拡張子をタップすると「入力元を画像化したもの」が表示されるので、右上の共有マークから保存するのもいいと思います。元々の入力が画像の場合でもこの方法は使えます。スクリーンショットはpng形式で保存されますが、画像を入力→コンテンツグラフでイメージ→HEICとタップし、共有マークから保存すると端末内にheic形式で画像が新たに保存されます。

スポンサーリンク

まとめ

普段使いにはあまり向かないアクションであることは間違いありませんが、スクリーンショットや写真の保存日時などが詳細に見れるアクションだったりします。良い使い方は思いつきませんが、極稀に使ったりします。

スポンサーリンク

その他のアクション

ショートカットの他のアクション解説リンク集

Siriショートカットのトップ

サンプルレシピ集

タイトルとURLをコピーしました