ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのネットワークのまとめ

ネットワークの使い方ショートカット
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

こんな方にオススメ

ショートカットからWi-fiなどを操作したい
ネットワークの詳細を取得したい

ショートカットのスクリプティングにある、ネットワークに分類されているアクションの使い方のまとめ記事です。

2021/9/29 iPadOS15にて確認した内容に更新

Wi-Fiを設定

「Wi-Fiをオンにする」の青文字を切り替えて使います。このアクションはオンかオフにするしかありません。入力とかも受け付けず、出力も変化がそのまま結果となります。

モバイルデータ通信を設定

iPadがモバイルデータ非対応モデルのため、この内容は未検証です。以下は以前の情報を掲載しています

オン変更の青文字の部分を設定して使います。オンはタップするとオフになります。変更の部分をタップするとオンオフがなくなり、切り替えるとしか表示されません。以下がそれぞれの設定による機能の特徴です。

  1. オンに変更→アクション実行時にオンにする。元々オンなら変化なし。
  2. オフに変更→アクション実行時にオフにする。元々オフなら変化なし。
  3. 切り替える→アクション実行時に現在の状態と逆の状態にする。現在オンなら、オフにします。

ネットワークの詳細を取得

これは現在接続しているネットワークの詳細を取得します。これはWi-Fiなのかモバイルデータなのかによって取得出来る項目が若干違うため、それぞれで分けて書きます。

Wi-Fi

取得出来る項目は以下

  • ネットワーク名
  • BSSID

ネットワーク名はLAN名ですね。バッファロー製品だったらAirStationとかでWi-Fiの名前を変更していればその名前が出ます。初期設定だったら英数字の羅列だと思います。

BSSIDってのはWi-Fi固有のIDです。識別子とも呼ばれていて、通常はMACアドレスをそのまま使用している事が多いらしいです。このMACアドレスとは、通信ネットワーク上で各通信デバイスを識別するために割り当てられたもので、物理的に割り当てられているものです。Wi-Fiに接続する時に使うSSIDとも別のものです。

モバイルデータ通信

この項目もモバイルデータ非対応のiPadでは未確認なので、以前の情報を掲載しています

取得出来る項目は以下

  • キャリア名
  • 無線技術
  • 国別コード

キャリア名はそのまま、ソフトバンクなのかauなのかっていうやつ。無線技術は殆どの場合がLTEと表示されると思います。国別コードもおそらくJPとしか表示されないと思います。

要するに取得できるのはわざわざ取得しなくても分かるレベルの事ってことですね。

現在のIPアドレスを取得

そもそもIPアドレスとは、通信を行っているPCなりスマホなりの個々を識別するために割り当てられたものです。現在主流なのはIPv4とIPv6の2種類です。IPv4が元々のメインでしたが、ネット通信の進化とともにバージョン6のIPv6も使われ始めたっていう認識で構いません。

表示を増やすと、以下の項目を選択出来ます

  • アドレス→外部/ローカル
  • 種類→IPv4/IPv6

アドレスの外部やローカルは簡単に言えば、「外部アドレスはネットワーク上の機器を特定するためのアドレス」で、「ローカルアドレスはルーターが割り当てた特定用のアドレス」です。

機内モード

「機内モードをオン変更」の青文字の部分を設定して使います。これはモバイルデータ通信のアクションと同じです。

  • オンに変更→アクション実行時にオンに変更。元々オンの場合は変化なし。
  • オフに変更→アクション実行時にオフに変更。元々オフの場合は変化なし。
  • 切り替える→アクション実行の度に現在の状態とは逆に変更。現在がオンならオフに切り替えます。

その他のアクション

ショートカットの他のアクション解説リンク集

Siriショートカットのトップ

サンプルレシピ集

タイトルとURLをコピーしました