ショートカット

【iPhone/iPad】おやすみモード(集中モード)を設定【ショートカット】

おやすみモードを設定の紹介ショートカット
この記事は約4分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

このページについて

このページではiPhoneとiPadで使えるショートカットのおやすみモードの使い方解説と、サンプルレシピを利用したおやすみモードの利用法の紹介をします。

2021/9/27 iPadOS15にて確認した内容に更新

スポンサーリンク

おやすみモードについて

そもそもですが、おやすみモードについては知っているでしょうか。iPhoneのみならずAndroidにもPCにも搭載されている機能ですが、それらは機種によって機能が異なります。iPhoneでは通知のオフやダークモードへの変更が多いですが、PCでは通知のオフに加えて画面の配色を暖色にする機能だったりします。

今回はiPhoneやiPadのおやすみモードなので、まずはこの機能について簡単に解説します。設定をするには設定>おやすみモードとタップします。

おやすみモード中に変更されるのは以下

  • 通知(メール・電話・アプリなど)
  • 着信許可
  • 繰り返しの着信

通知に関しては基本的にすべてのアプリの通知がオフになります。着信許可に関しては相手を指定出来ます。全員許可するか、誰も許可しないか、すべての連絡先を許可するかの3択を選べます。繰り返しの着信に関しては「同じ人から3分以内に二度目の着信があった場合のみ」、着信通知を許可するというものです。

そしておやすみモードは時間指定で自動起動させることも出来ます。時間指定で開始と終了時刻を指定します。ロック画面の設定は好きにしましょう。ここで指定した時刻になると、自動でおやすみモードが起動して通知が来なくなります。

スポンサーリンク

おやすみモード(集中モード)

それではショートカットのおやすみモードの解説に移ります。iPadOS15にて、アクションの名前が集中モードに変わりました。とはいえ中身はおやすみモードのままなので、おやすみモードのまま解説します。

アクションを追加すると、初期ではオフしかありません。これをタップすると、色々と設定できるようになります。

オフ時はおやすみモードの終了時刻を指定することが出来ます。選択肢は以下

  • オフ時
  • 時間
  • 出発時
  • イベント終了時

オフ時というのは上記のおやすみモードの設定画面で指定した終了時刻のことです。朝7時に終了を指定したのであれば、現在時刻から翌日の朝7時までおやすみモードが起動します。

時間をタップすると、時刻を入力するエリアが出てきます。ここに入力した時刻までおやすみモードが機能します。

出発時については少し特殊で、「現在地から離れるまでお休みモードをオンにします」という機能になります。この機能はお休みモードを意味する三日月マークを長押しすることでも出すことが出来ます。

おやすみモードの出発時

出発時にしてアクションを実行すると、上記画像のように「この場所から出発するまで」にチェックが入ります。

イベント終了時はカレンダーイベントの取得と組み合わせることで真価を発揮します。そうでもないこともありますが、一応そういうことにしておきます。上の画像でいうと4箇所目の「おやすみモードテスト」が終了するまでという表記がありますが、そのイベント終了時刻までお休みモードが起動するというものです。

サンプルレシピ

ダウンロード出来ない場合、設定>ショートカット>信頼されていないショートカットを許可をタップし、許可する設定にします。

このアクションは使い方次第では色んなシーンで使うことが出来ます。自動で起動はそもそものおやすみモードの設定で出来るので省くとして、次の目標は場所別・イベントで切り替えるというものです。

1つ目の場所による切り替えはメニューでオンとオフの二つを用意し、それぞれ目的のものをタップすることで実現できます。2つ目のカレンダーイベントによる終了時刻までの起動は、カレンダーイベントの取得などを利用します。

カレンダーイベントはこちらを参考にしてください。

これらを詰め込んだサンプルレシピがこちらになります。メニューは4つ出てきて、上2つはそのままです。1つ目はタップした瞬間からおやすみモードがオフになるまでの時間、ずっとおやすみモードをオンにします。

2つ目はタップした瞬間、たとえシステムによって自動で起動したおやすみモードでさえもオフにします。

3つ目はタップしたら今日のカレンダーイベントを検索し、そのイベントの終了時刻までおやすみモードをオンにします。タップした瞬間からイベント終了時刻までの間起動する、というものになります。

4つ目はタップした場所から離れるまでオンになります。図書館とか病院とかはこういうヤツのほうが良いんでしょうか。

これらはサンプルなので各自の好きなようにカスタマイズしてください。

スポンサーリンク

その他のアクション

ショートカットの他のアクション解説リンク集

Siriショートカットのトップ

サンプルレシピ集

タイトルとURLをコピーしました