ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットの入力を要求の使い方

ショートカット
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

ショートカットで中々便利なやつ、入力を要求の使いかた解説です

入力を要求

アクション実行時にテキストボックスが表示されて、テキスト等を入れることが出来ます

ここで入力したものが次のアクションへと渡されます

設定項目が細かいので以下で詳しく

ちなみに、全部に共通しているのが追加オプションのデフォルトは入れなくてもいいです

テキスト

テキストを入力します

数字も入力出来ますが、後で使える数字の方が便利なのでこっちはテキストメインにしておきましょう

細かい設定等はありません

テキスト入力

数字

数字を選択すると、いくつか設定が出てきます

小数点以下の数字を許可は0.1などの入力も可能にするかどうかです

負の数字を許可は-1などの入力も可能にするかどうかです

この数字だと入力出来るのは-(マイナス)と、数字だけです

数字の入力

URL

URLを入力します

とはいえあまり手打ちで入力することは無いと思いますが、一応紹介しておきます

URLの入力

日付

カレンダーが表示され、年月日を選んでタップして入力します

出力結果はR2/10/15 21:20 などと表示されます

日付入力

時間

時間だけを入力するモードになります

数字で時間:分を入力

時間を入力

ちなみに出力結果は日付と同じく、西暦/月/日 時/分 の表記です

日付と時刻

カレンダーと時刻入力がセットになった入力モード

日付と時間入力

案の定出力結果は 年/月/日 時:分

使用例

最後に、入力したものを変数にいれて整形するところまでやってみます

まずは変数化

  • 入力を要求
  • 変数に追加

と置きます これだけで変数化は出来るので、次は日付のフォーマット

デフォルトだと年月日時分と出力されるため、ある程度要らない部分もあるとおもいます

そんなときは日付をフォーマットを使って整形します

検索で日付と入力すると、日付に関するアクションがいくつか出てきます

フォーマットを選択し、入力を要求の後に置きます

今回はフォーマットの形式を

日付フォーマット なし

時間フォーマット 短い

にしてみます

結果はどうなるのかというと、時:分としか表示されません

逆に日付を短い、時間を無しにすると年月日しか表示されません

その他のアクション

その他のアクションに関しては以下からどうぞ

【iPhone/iPad】ショートカットのアクションカテゴリーの簡単解説
すごく便利なショートカットですが、初めて使う方にとっては何がどこにあるのかさっぱりわからないと思います 今回はカテゴリーごとの紹介をしていきたいと思います
タイトルとURLをコピーしました