ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのURLの使い方まとめ

ショートカットのURLショートカット
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
現在は麻雀頑張ってます ポケモンGOはレイドに参加する人が不在すぎて諦めました

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

URLについておさらい

そもそもですが、URLが何かは大体の方がご存知だと思います

URLとはWebページを特定する文字列の事で、実世界でいうと住所に相当します

住所同様、一文字でも違えば異なるWebページとみなされ、目的のページにたどり着く事は出来ません

よくある例だと、httpとhttpsの違いですね

一文字違うだけで、正式なURLとはみなされずに404みたいなエラーになるわけです

ここでは、そういったURLを調べたりするアクションの解説をしていきます

URL

単純にURLを指定するアクションです

他のアクションはURLをその都度取得するため、一回一回URLが変わります

そういった事を防ぎたい場合、予めURLを指定しておく必要が出てくることもあります

そういった場合にこのURLアクションを使うことになります

URLを展開

URL短縮サービスによって短縮されたURLなどをこのアクションで展開することが出来ます

出力結果は以下のパターンに分かれます

  • 短縮URLの場合→短縮前のURLを表示
  • 短縮していないURLの場合→元のURLをそのまま表示

URLからコンポーネントを取得

コンポーネントとは、構成要素の意味

URLは表示したら一列の英数字ですが、それぞれ部品を組み合わせて成り立っています

例えばhttps://〇〇.com/pega1のURLの場合は

https→スキーム

〇〇.com→ホスト名

/より下の部分を、パス名やディレクトリと言います

このアクションでは、それらを指定して抽出することが出来ます

アクションを追加し、URLは上記のURLアクションを入れるか、ショートカットの入力を受け付けるようにします

スキームの部分をタップすると、以下が選べます

  • スキーム
  • ユーザー
  • パスワード
  • ホスト
  • ポート
  • パス
  • クエリー
  • フラグメント

それぞれを詳しく知りたい場合は、それぞれの名称で調べると良いと思いますが、普段はそんなに使いません

入力からURLを取得

これは単純にURLを取得するアクションです

例えばWEBページを見ている時にURLを取得したいと思った場合、共有シートに表示して全て受け入れにしておけば、このアクションでURLを取得することが出来ます

その他のアクション

その他のアクションについては以下からどうぞ

【iPhone/iPad】ショートカットのアクションカテゴリーの簡単解説
すごく便利なショートカットですが、初めて使う方にとっては何がどこにあるのかさっぱりわからないと思います 今回はカテゴリーごとの紹介をしていきたいと思います
タイトルとURLをコピーしました