iPadOS

【iPad】iPadOS15で実装されたAppライブラリについて

AppライブラリiPadOS
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページについて

このページではiPadOS15で実装されたAppライブラリについて紹介しています。ホーム画面をスッキリさせたい方はぜひ使いましょう。

Appライブラリ

iPadOS15で実装されたAppを一つにまとめてくれる専用フォルダの事です。これはドックの一番右端に追加されています。起動するにはドックのAppライブラリをタップするか、ホーム画面で一番右端のページへ行くのどちらかです。

このライブラリは自動でカテゴリ分けっぽくしてくれているので、アプリを探すのに困ることは無いと思います。もし見つからない場合は上の検索スペースに入力することで見つけることが出来ます。

ホーム画面の整理の仕方が変わった

iPadOS15からはホーム画面の整理・編集の仕方が変わりました。これまでは長押ししてメニューを出すとAppを削除という項目か、ホーム画面を編集という項目が出るだけでした。しかしiPadOS15からはAppを削除をタップすると、Appを削除・ホーム画面から取り除くという二つのメニューが出てきます。

Appを削除はそのままの意味で、端末から削除します。そしてホーム画面から取り除くは、アプリは削除せずにホーム画面のアイコンのみを削除するという意味です。

ホーム画面から取り除いたアプリは削除されるわけでもなく、Appライブラリからいつでも起動することが出来ます。ちなみに随分前のバージョンで実装されたAppを取り除くとの違いは以下のとおりです。

Appを取り除く
設定→一般→iPadストレージから、Appを取り除く事ができます。
この機能は「アプリの本体だけを取り除き、端末のストレージを解放する」という機能です。
アプリの個人データとかは保持されたままなので、再びインストールすれば前回の続きからとなります。
ホーム画面から取り除く
iPadOS15からの新規項目
ここで紹介したとおり、ホーム画面からアイコンを取り除くだけです。
Appを削除
設定→一般→iPadストレージから、Appを削除出来る。それとは別に、ホーム画面からもAppを削除出来る。
これを使うとアプリの個人データ・アプリ本体をすべて端末から削除することになります。

それぞれ用途が違うので、しっかりと把握しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました