Mac

【macOS BigSur】Apple IDの設定と重要なポイントを解説

macのapple id設定解説Mac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
ポケモンGO専門サイトを立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

こんな方にオススメ

macの設定項目の確認がしたい
変更することで何が変わるのかを知りたい
ピンポイントで知りたい項目がありそう

この設定項目の解説ページは、macOS BigSurを元にして解説しています

今後バージョンが変わり次第、細かく編集していく予定です

M1チップのmacbookにて書いているため、一部の設定箇所などに差があると思います

適宜読み替えてください

Apple ID

システム環境設定→Apple ID の順にクリックすることで設定画面を開くことが出来ます

ここではAppleアカウントについての設定等をすることが出来ます

概要

このApple IDの設定についての概要が記載されているだけです

名前、電話、メール

Apple IDに登録してある名前や電話、生年月日やアドレスなどが記載されているはずです

もし違う場合は編集を押し、情報をアップデートしておきましょう

その他、Appleから送られてくるメルマガみたいなものが不要な方はお知らせなどのチェックを外しておきましょう

パスワードとセキュリティ

Apple IDのパスワードを変更することが出来ます

2ファクタ認証に関する設定や、確認コードの入手、復旧キーもここで管理出来ます

2ファクタ認証はApple IDにログイン時に登録してあるデバイスに数字が表示され、ログインする時にその数字を入力することで本人確認をするシステムのことです 安全のために面倒でもONにしておきましょう

 

復旧キーもアカウントのセキュリティ強化の機能です これをONにすると、同じApple IDでサインインしている他のデバイスや復旧キーの入力が必要になり場面が出てきます 例としてはパスワードのリセットなど

 

Apple IDを使用中のAppではApple IDを使用したサイトログインに関する事を設定出来ます 自分の場合はポケモンGO、IFTTT、雀魂などが表示されました

ここでアカウントを破棄してもいいと思うものはなるべく停止しておきましょう

支払いと配送先

Apple IDに登録するカード情報、配送先などを設定出来ます

App Storeやアプリ内課金などで使うカードの確認などが出来ます

配送先住所も同じで、購入した商品の送付先などを指定出来ます

iCloud

iCloudに関する解説はこちらをどうぞ

ここでMacとiCloudの設定を行うことが出来ます

チェックを入れたものはMacとiCloudの同期がされますが、チェックを外すと同期はしません

一番下にはiCloudの使用スペースと空きスペースの確認ができ、管理を押すことで容量やプランの変更なども出来ます

メディアと購入

Touch IDを使って購入するかどうかをここで選ぶことが出来ます

更に、ストアの無料アプリ等のダウンロード時にパスワードの入力を必要とするかどうかの設定なども出来ます

購入とApp内課金も同じく、パスワードを必要とするかどうかを選べます

サブスクリプション

この管理を押すと、Apple IDで使用しているサブスクリプションを確認することが出来ます

有効期限終了と表示されているものは既にサブスクリプションが終了していることを意味します

アカウントが使用されているデバイス

左タブの一番下にはApple IDでログインしているデバイスがいくつか表示されている方も居ると思い舞う

今現在メインでログインしている端末は何もすることがありません

今ログインしている端末以外だと、アカウントからデバイスを削除することが出来ます

Apple IDで困ったら

仮に設定とかではなく、ログイン出来ないなどは以下を参考にしてみてください

Apple IDサポート

実際にログインできなくなったとかパスワード忘れたとかは今までないので使ったことはアリませんが、パスワードリセットなどが出来るようです

アカウントの管理はちゃんとしておきましょう

その他の設定項目など

これ以外の設定を探したい場合は以下を参考にしてみてください

まだ更新中なので抜けている部分が多いですが、更新していきます

【macOS BigSur】使い方・設定完全ガイド
macOSの設定のすべてを掲載 設定画面から各項目の設定方法と、設定したい目的別から探すことが出来ます
タイトルとURLをコピーしました