Mac

【CleanShot X】GIF撮影と設定解説

CleanShot Xでgif撮影と設定Mac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページについて

このページではCleanShot Xを使ってGIF撮影する方法と、GIF撮影に関する設定を紹介しています。

CleanShot Xの紹介など

CleanShot Xの使い方や値段、インストールなどについてはCleanShot Xの紹介を御覧ください。

CleanShot XでGIF撮影

GIF撮影にはMacにもCleanShot Xにもショートカットキーは登録されていません。メニューバーのCleanShot Xアイコンをクリック→Record Screenをクリックし、GIF撮影をクリックします。範囲を選択したりウィンドウを選択後、GIFの録画が開始されます。停止するにはメニューバーに表示されている光る四角と○の合体したようなアイコンをクリック。

GIF撮影後にすること

gifの撮影後に左下にミニウィンドウが表示されます。このウィンドウはスクリーンショットとは一部が違います。動画と共通していて、左下にカット編集のボタンが出ます。FFmpegでリサイズとか細かいことをするのもありですが、動画を短くするならここで行なえます。

CleanShot Xの設定(gIF撮影)

CleanShot XでGIF撮影をするために確認しておいたほうが良い設定のみを掲載します。CleanShot Xの設定(全体)と、CleanShot Xの録画共通設定も確認して、自分にとって必要な設定を行いましょう。

メニューバーのCleanShot Xのアイコンをクリック→Preferencesをクリックし、Recording→GIFの順にクリックすることでGIF録画に関する設定を行えます。

GIF FPS5から60の範囲で設定出来ます。
GIF qualityGIFクオリティを設定出来ますが、Optimize GIFsにチェックを入れないとスライダーを変更することは出来ません。
GIFsize録画時のGIFの縦横サイズを設定できます。横サイズに合わせて縦サイズは自動計算される様になっているものか、
Original sizeで録画時の範囲そのままのどちらかを指定出来ます。

CleanShot Xの関連リンク

Setappで1か月のお試し期間を得る方法

CleanShot Xの紹介

CleanShot Xの設定

CleanShot Xでスクリーンショットを撮影

CleanShot Xで動画を撮影

CleanShot XでGIF撮影

CleanShot Xで文字認識(ORC)を使う

CleanShot Xで縦長スクリーンショットを撮影

タイトルとURLをコピーしました