Mac

CleanShot Xの料金と使い方、無料で使う方法を紹介

CleanShot Xの料金などの解説Mac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページについて

MacのSetappで使えるCleanShot Xの使い方を解説しています。

CleanShot Xってどんなアプリ?

CleanShot Xはスクリーンショット・動画撮影・注釈(簡易的な編集機能含む)・GIF撮影などの機能を持っているアプリです。このアプリは有料ですが、最長で一ヶ月の無料期間が使えるので、お試し期間で自分にとって有用かどうかを判断しましょう。

CleanShot Xの概要

アプリ名CleanShot X
開発者MakeTheWeb
対応OSmacOS
価格8ドル~29ドル
執筆時のバージョン3.9.1(Setapp版)

CleanShot Xの価格について

CleanShot Xは公式サイトからの購入か、Setappで使うことが出来ます。それぞれの違いは以下の通りです。

公式サイトから購入した場合

  • 1回払いの29ドル
  • アプリ+クラウド機能
  • ライセンスは買い切りで、一生使える
  • 1年間、アプリのアップデートが可能
  • 1GBのクラウドストレージが利用可能
  • 年間19ドルのオプションでアプリの更新を延長可能

一ヶ月8ドル、または10ドル

  • すべてのユーザーがアプリにアクセス可能
  • アプリの最新バージョンを常に入手可能
  • 無制限のクラウドストレージ
  • カスタムドメイン利用可能
  • カスタムロゴなど
  • 高度なクラウド機能(防御、チーム管理など)

それぞれの機能は公式サイトにかかれているものです。そしてSetapp版で使えるのは上の29ドル版買い切りオプションとほぼ同じです。クラウドは1GBで、アップグレード可能です。

CleanShot Xの基本機能と使い方

CleanShot Xの基本機能は大きく以下の6つ。

  • スクリーンショット
  • 動画撮影
  • GIF撮影
  • ORC(文字読み取り・英語など一部言語のみ)
  • アノテーション(画像に矢印などのアイコン・文字入力・モザイク入れなど)
  • 動画のトリミング(長さ調整・縦横サイズの変更)

それぞれ解説するのは別ページですが、全体的に共通する使い方をこのページで紹介します。

CleanShot Xをインストールして起動した後、メニューバーのアイコンをクリックします。クリックすると色んなメニューが出てきますが、スクリーンショットはCapture Areaか、Capture Full Screenのどちらかです。キャプチャーエリアは範囲指定モードでフルスクリーンは画面全体を撮影します。これはMacのスクリーンショットと同じショートカットキーで起動出来るため、普段からショートカットキーでの撮影をしている方は違和感なく実行できます。

撮影するときにスペースキーを押すとウィンドウモードでの撮影になるのも、Macのスクリーンショットと同じです。

撮影モードに入ったら対象を撮影します。範囲指定ならクリックしたままマウスを動かして範囲を指定し、ウィンドウモードならウィンドウを選択。フルスクリーンならその場で撮影されます。

撮影が終わると、左下にミニウィンドウが出ます。

ミニウィンドウの使い方

ミニウィンドウは簡易的な操作を行うことが出来ます。スクリーンショットと動画では若干項目が違いますが、だいたい共通しているのはクラウド保存・Save(Macに保存)・閉じる(保存しない)・Copy(クリップボードにコピー)の4つ。画像ならここに加えてアノテーション編集、動画ならトリミングの編集ボタンが追加されます。

アノテーションは基本的にSkitchと同じようなアイコン配置やテキスト入れ、モザイク処理が行えますがSkitchより優れている点はスポットライト機能。これは個別で解説していますが、ブログで手順などを紹介するときにかなり便利です。Gimpでも同様の事はできますが、手順が多いのが欠点だったので個人的には神機能です。

CleanShot Xの関連リンク

Setappで1か月のお試し期間を得る方法

CleanShot Xの紹介

CleanShot Xの設定

CleanShot Xでスクリーンショットを撮影

CleanShot Xで動画を撮影

CleanShot XでGIF撮影

CleanShot Xで文字認識(ORC)を使う

CleanShot Xで縦長スクリーンショットを撮影

タイトルとURLをコピーしました