Mac

MacOS Catalina BigSurのクリーンインストール手順を解説! data は消すべき?

macos catalinaのクリーンインストール手順Mac
この記事は約8分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

今現在の最新OS、Catalinaのクリーンインストールの方法や手順、そして今回から新たに加わったMachintosh Dataについての解説もあります。

Dataについてはディスクユーティリティ以降の操作手順にて解説します!

BigSurも同様の手順で可能

スポンサーリンク

クリーンインストールの前に

クリーンインストールとは、今現在使っているHDDやSSDのデータを全て削除して、新たにOSをインストールすることです。全てのデータが消えるため、実行前にはTimeMachineなどでバックアップを取っておくことを強くお勧めします。

音楽や画像ファイルなど、あまり容量が大きくなく、Macにさほど重要な物を入れてないとかであれば、クラウドサービスにぶん投げてクリーンインストールでもOKです。

バックアップに適しているのはDropBoxですが、無料プランだと容量制限の壁にぶつかることがあるので、外付けSSDとかを使うことも考えましょう

 

通常、MacOSに関連した不調(マウスの調子が悪いとか)はPRAM(NVRAM)クリアやSMCリセットで解消することが多いです。

Bluetoothの不具合を解決したい場合は以下

 

また、後の方で書きますが外付けデバイスが原因だったりするので、一概にクリーンインストールで全て解決!とは行きません・・・

PRAMクリア(パラメータRAMクリア)

PRAMとは、MAC本体に付けられている機能の一つ。ちなみにNVRAMにも似たような情報が記録されているらしく、どちらでも通用するしクリア方法も同じです。

主な役割は、ハードウェアの情報を記録していて、素早くアクセス出来るようにしている ってことらしいです。公式サイトの説明によると、音量や画面解像度などの情報らしいです。

PRAM(NVRAM)のリセット手順

  • Macの電源を切ります シャットダウンです。
  • option command P Rの4つのキーを同時に押し、20秒間押し続ける
  • 20秒ぐらい経過したらキーを放してOK!

公式サイトによると起動音がなるとか書かれていますが、自分のMacでは鳴りませんでした。世代によっては鳴るようですが、比較的新しめのMacでは鳴らないようです。

このリセットが終わった後はシステム環境設定を開いていろいろと設定し直しましょう。

SMCリセット(システム管理コントローラ)

PRAMとは違い、こちらはとってもシンプルな手順です。

そもそもSMCの役割とは、システム管理コントローラといって各システムの挙動だったりを管理している昨日の事をSMCと言うらしいです。

このSMCリセットが必要な場面も公式サイトに例として載っています

  • 電源ボタンを入れてもMacが反応しない
  • 予期せずスリープしたりシステム終了する

この機能は簡単に言ってしまえば、システム関係の設定をリセットして、新たに読み込み直そうって機能ですね。

SMCリセットの手順

  • Appleメニュー→システム終了の順にクリックし、Macを終了
  • 終了したら電源コードを抜く
  • 15秒ほど待つ
  • 電源コードを元どおりに繋ぐ
  • 5秒ぐらい待ち、電源を入れる

この15秒とか5秒ってのは、SMCのバッテリーの残量を空っぽにしたり充電したりする時間。ある程度というかざっくりで良いので、大体このぐらい待つ。

これでも解消しなかった場合、今回の本題のクリーンインストールを行うことになります

スポンサーリンク

クリーンインストールの準備

さてここからがクリーンインストールの準備編です。やることは二つ

  • Macのバックアップを取る
  • OSを最新版までアップグレードしておく

この二点です。

Macのバックアップを取る

常日頃からTimeMachineでバックアップを自動生成している場合は、この項目はすっ飛ばしていただいて構いません。

取っていない場合、一応TimeMachineで取っておきましょう。最初に書いたように、どうしても残しておきたいデータが少ない場合は圧縮してクラウドサービスにぶん投げておきましょう。

OSを最新版までアップグレードしておく

これが必須らしいです。CatalinaからMacを真面目に使い始めた自分にとってはまぁそうなんかって程度ですが、あえてOSをアップデートしていない方は最新版までアップデートしておきましょう

スポンサーリンク

実際のクリーンインストール手順

ここまで準備を終えたら、いよいよクリーンインストールです!

念のためもう一度言っておきますが、ストレージ内の全てのデータが消え去ります。

環境によっても時間がかかるため、しっかり準備をしてから読み進めていってください。

クリーンインストールの手順をざっくり説明

  1. Macの電源を切る(シャットダウン)
  2. 電源を入れてすぐ、command R この二つのキーを長押し
  3. macOSユーティリティってのが出るはずです
  4. ディスクユーティリティをクリック
  5. 内臓ドライブのストレージをクリックし、Dataの表記が無い方を選び、真ん中から上の方にある消去をクリック
  6. Data表記のある方をクリックし、次は左上のボリュームの-(マイナス)をクリックして消去
  7. ディスクユーティリティを閉じ、二番目のmacOSを再インストールをクリック

以上の手順でOKです。

以下、SS付き解説になります。

macOSユーティリティ

macOSユーティリティの初期画面

commandとRキーを押し続けていると、この画面に入ります。なお、PRAM同様にキーを放すタイミングがわからない模様 ずっとおしっぱでも問題ないです。

ディスクユーティリティ以降の操作手順

まずは一番下のディスクユーティリティをクリックし、右下の続けるボタンをクリック

ディスクユーティリティをクリック

Data表記が無い方のストレージを選択

消去をクリックして中身を綺麗さっぱり掃除する。

これはどうでもいい事ですが、なぜかCatalinaではなくCatallinaとなっていますね 画像見て編集するまでスペルミスに気付きませんでした・・・

Data表記が無いストレージを消去

Data表記がある方を選択

今度は左上のマイナスマークをクリックしてストレージから撤去する。

Data表記がある方はマイナスマークをクリックして消去

Dataについて解説

Data表記がついたボリュームが実装されるようになったのはこのCatalinaかららしいです。主な機能というか目的は、Mac上の他のファイルとは切り離された読み取り専用のシステムボリュームで、ユーザーサイドからは書き込んだりすることはできない領域。

DataはCatalinaへのアップデート、及びCatalinaのクリーンインストール時に自動生成されます。不死身です。

このData、なぜ消さなければならないのかっていいますとずばりTimeMachineでのバックアップに失敗するからです。

一度OSのクリーンインストールをしてさーまっさらな状態でバックアップ取るぞーと思ってTimeMachineを実行しても、すでに同じ名前のってエラーが出てバックアップができませんでした。

このDataがあることで、クリーンインストール前のMacData+クリーンインストール後のMac+クリーンインストール後のMacDataという三つ巴になります。そのため、TimeMachineを実行してもDataが重複しているのでバックアップに失敗しましたーてへっって返ってきたワケですね。

OS再インストール

ディスクユーティリティを閉じ、いよいよOS再インストールをクリックして初期設定を進めていきます。

初期設定に関しては画面の指示通りにやていけば問題ないはず。

以前のOSを再インストールする方法、別のOSを選んでインストールする方法は以下を参照

スポンサーリンク

今回、クリーンインストールを行った経緯

ここまで引っ張るんかよって内容でもないので、クリーンインストールの手順さえ知れればいいよーって方はここまでお付き合いありがとうございました。

今回、とある現象に悩まされていました。

言葉で説明するのがすごく難しいんですが、簡単に言うとマウスが止まるんです。

よくネット上で見かけるような、接続が切れるとかバッテリーが云々とか、埃がどうこうのレベルじゃないんです。 動かすと大抵どこかでプチフリみたく止まり、また動かせるようになるんです。

起動直後、なにもアプリを起動していない状態でも発症したので、メモリ関係ではないかなーって感じでした。

次に、発症する前後の状況から考えて外付けデバイスのドライバーをインストールしたのが失敗だったかなーって感じで、消す方法を模索しましたがまずはリセットやってみようってことになりまして、SMCとPRAMをやったけど効果は無し。

最終手段として、クリーンインストールを実行したらさすがに症状は改善されました!

ところが

サンダーボルト3にハブを挿し、HDMIモニターを接続したら再び発症。

ハブを触ってみると結構温度が上がってるらしく、HDMIだけを外して他の物はそのまま接続にしたら無事にマウスが元気よくはしゃぐようになりました。

今回、完全に製品の不良なのか相性なのか、それともサンダーボルトの不具合なのか知りませんが、クリーンインストールするハメになりましたが今後も使う機能なので、(保存データがほぼ無い)今のうちに予習できて良かったかなって感じです。

以上、Catalinaのクリーンインストールの手順でした!ここまで読んでいただきありがとうございました!

その他の設定項目など

これ以外の設定を探したい場合は以下を参考にしてみてください

まだ更新中なので抜けている部分が多いですが、更新していきます

【macOS BigSur】使い方・設定完全ガイド
macOSの設定のすべてを掲載 設定画面から各項目の設定方法と、設定したい目的別から探すことが出来ます
タイトルとURLをコピーしました