Mac

【macOS】一般の設定項目の解説

macの一般設定Mac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macの設定項目の確認がしたい
変更することで何が変わるのかを知りたい
ピンポイントで知りたい項目がありそう

macOSの設定関係を中心に解説しているページです。執筆時はmacOS BigSur→Montereyを搭載したM1 MacBook Air。機種によっては解説が当てはまらないケースもあったりしますが、そこは適宜読み替えてください。

スポンサーリンク

一般の設定項目

システム環境設定の左上にある、一般という設定項目の解説です。ここでは主にmacOSで使用するテーマ・アクセントカラー・スクロールバーの設定などを変えることが出来ます。

 

外観モード

ライト
白を基調とした外観モードになります。
ダーク
黒を基調とした外観モードになります。
自動
時間の変化に合わせて、ライトとダークをそれぞれ切り替えます。

アクセントカラー

ここで選んだ色が、macOSの色んな所で強調されます。例えば設定画面でも見るラジオボタンと呼ばれる丸いボタンも、ここで設定したアクセントカラーが適用されます。他、ファイルを選択したとき・SafariのAdguardのアイコンなど、色んなものに適用されます。

強調表示色

上のアクセントカラーを変えると自動的に強調表示色も変更されるため、アクセントカラーさえ選んでおけば問題ないと思います。

サイドバーのアイコンサイズ

大中小とあり、Finderのアイコンサイズを変更できます。比較画像が以下。

メニューアイコンの大きさサイズ比較 大は文字もアイコンも大きいが、小にするとアイコンも文字も小さくなり見にくい

実際に変更してみて、一番いいサイズにしましょう。

ウィンドウで壁紙の色合い調整を許可

有効・無効を繰り返していると色が変わるのが分かると思います。しかし普段はこんなの一切気にしない方が多いと思うので、好きな方で良いと思います。

スクロールバーの表示

  • マウスまたはトラックパッドに基づいて自動的に表示
  • スクロール時に表示
  • 常に表示

3種類から選べます。スクロールバーは右側に出るこれのこと。

スクロールバー

これを常に表示するか、スクロール時だけ表示するかっていう選択。自分は常に表示しています。

スクロールバーのクリック時

  • 次のページへジャンプ
  • クリックされた部分へジャンプ

2種類から選べます。次のページへジャンプは以下のような挙動になります。クリックした場所に関係なく、1ページずつ移動します。

クリックすると1ページずつ移動する

クリックされた場所へジャンプは以下のような挙動になります。その名の通り、クリックした場所へ一瞬でジャンプします。

クリックした地点へジャンプ

デフォルトのWebブラウザ

選択すると、インストールされているブラウザが表示されます。例えばTwitterとかでリンクを開くとブラウザが自動的に開くわけですが、その時に開くブラウザをここで指定することが出来ます。

書類を開くときはタブで開く

書類の定義とはなかなかに難しくかなり広い気がしますが、ティストエディット・Finderの新規ウィンドウなどが該当します。

書類を開くタブ選択-しない

しないを選択した場合、上記のように新規ウィンドウで立ち上げます。

常にの選択時

常にを選択した場合、上記のように同一ウィンドウ内で新規タブで立ち上げます。

書類を閉じる時に変更内容を保持するかどうかを確認

保持するか確認

チェックを入れると、こういう画面が出てきます。チェックを外すと、変更した場合は変更内容は維持されます。

アプリケーションを終了する時にウィンドウを閉じる

説明にある通りで、選択した場合は再開示には復元されません。

最近使った項目

Finderにある、最近使った項目に表示する項目数を選べます。最小が0→一切表示しないか、最大50まで選択出来ます。

スポンサーリンク

その他の設定項目など

macOSの他の設定解説一覧はこちら。記事によってはBigSurで書いたものとMontereyで書いたものが混在していますが、基本的にはどちらでも使える内容です。

タイトルとURLをコピーしました