Mac

【macOS】キーボードの設定とオススメ設定

キーボード設定Mac
この記事は約4分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macの設定項目の確認がしたい
変更することで何が変わるのかを知りたい
ピンポイントで知りたい項目がありそう

macOSの設定関係を中心に解説しているページです。執筆時はmacOS BigSur→Montereyを搭載したM1 MacBook Air。機種によっては解説が当てはまらないケースもあったりしますが、そこは適宜読み替えてください。

スポンサーリンク

キーボード設定

キーボードの設定を開くと、5つのタブがあります。それら一つずつ見ていきます。

キーボード

キーボードの文字入力に関する設定はここで行います。

キーのリピート

これは「文字の連続入力をした時の挙動に関する設定」です。例えばaを連続入力した時の大体の感じを表すと以下。

  • オフ→最初のaだけが表示され、二回目以降のaは表示されない
  • 遅い→aがものすごくゆっくり表示される
  • 早い→aがものすごく早く表示される

自分の好みで良いと思いますが、初期設定でも問題ないと思います。他に影響が出るところと言えば、矢印キーを押しっぱなしにした時の挙動ですね。自分は記事編集などで押しっぱなしにして移動することが多いため、速いにしています。

リピート入力認識までの時間

これのバーを動かすと、連続入力時の認識をどのぐらいの速さで開始するかを決められます。自分はサクッと移動して欲しいので、これまた短いにして速攻で移動してもらうようにしています。誤動作を防ぎたい目的の場合、中間から長いとかにしておくと良いと思います。

Fnキーを押して

これはmacキーボードに搭載されている機能とファンクションキーの使い分けを指定することが出来ます。

誤動作を防ぎたい場合は「何もしない」を選ぶと良いと思います。何かしらの機能を割り当てたいと言っても、デフォルトで用意されている3種類から選ぶことになります。

入力ソースを変更→Google日本語入力やAppleの日本語入力、ローマ字かアルファベット入力などを切り替えるフローティングウィンドウが出てきます。

絵文字と記号を表示→㋿とかよくわからないけど使う人は使うものが一覧で表示されます。

絵文字と記号を表示

音声入力を開始→Fnキーを2回押す必要があります いわゆるSiriみたいな音声入力を開始することが出来ます。

F1,F2などのキーを標準のファンクションキーに変更する

チェックを入れると、キーボード上部のファンクションキーが全て通常のキーになります。チェックを外すと、ファンクションキーの上にかかれているアイコンの機能が有効になります。例えばF3で言えばMissionControl、F11なら音量を下げるなどが該当します。このチェックを入れた状態でファンクションキーのmac機能を使う場合、Fnキーとの組み合わせが必要になります。

修飾キー

これを押すと、キーボードの各修飾キーの機能割当を変更できます。これは主にWindowsから。macに変更した人に関することですが、別に違和感無いって方はスルーで良いです。良く使われるのは、オプションをコマンドに変更するぐらいですかね。

ユーザ辞書

これはiOS製品使っている人ならおなじみの機能。

英字入力中にスペルを自動変換

テキストエディットでわずかにスペルミスしても、正しいスペルに変換はしてくれませんでした。よく分からなかったので何も書けません。

文頭を自動的に大文字にする

英文の文法は文の先頭の文字を大文字にするっていうのがあります。それを自動でやってくれるってわけです。ただし、ソフトによっては適用されたりされなかったりします。自分が試した範囲だと、テキストエディットでは確認できました.。

スペースバー二回押しでピリオドを入力

これも試した範囲では機能が有効化されなかったので不明。

スペルチェック

言語ごとに自動で良いと思います。スペルミスがあると、赤い波線が出てきます。

スマート引用符とスマートダッシュを使用

これまた自分には変化が見られなかったため、不明としておきます。ただし、引用符の微妙な違いによる影響があるためチェックは外しておくと良いと思います。

ショートカット

キーボードの各キーの組み合わせで、mac機能を使用することが出来ますが、そのキーの組み合わせをここで変更したり無効化したり出来ます。キーボードショートカットについてはこちらにまとめてあります。

入力ソース

文字入力アプリを選べます。Appleの初期アプリはもちろん、Google日本語入力など後から追加することも出来ます。

音声入力

PC本体に内蔵してあるマイクを選びましょう。Bluetoothのマイクとかを選ぶと、ブラウザによっては動作がかなり重くなったり何かしらの不具合っぽいのが出ます。

これをオンにすると、キーボード入力の代わりにマイクを使用した音声入力が可能になります。使う人は使うかもしれませんね。

スポンサーリンク

その他の設定項目など

macOSの他の設定解説一覧はこちら。記事によってはBigSurで書いたものとMontereyで書いたものが混在していますが、基本的にはどちらでも使える内容です。

タイトルとURLをコピーしました