Mac

【macショートカットアプリ】Apple Scriptを実行

Mac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOSショートカットのApple Scriptを実行の使い方が知りたい
Apple Scriptが何か簡単に知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

Apple Scriptを実行

「入力を使ってAppleScriptを実行」
入力色々使える
出力スクリプトの結果による
AppleScriptを自由に使えるアクション
少し複雑ではあるものの、やろうと思えば色々出来ます。

このアクションは【SSH経由でスクリプトを実行:mac版】【シェルスクリプトを実行:mac版】のようにスクリプトを直接書いて実行するものです。なお、シェルスクリプトとAppleScriptは違うものになります。それについても簡単に解説します。

AppleScriptは名前の通り、アップルが開発しているプログラミング言語になります。とは言ってもJavaScriptほど難しくはないようです。今回も簡単な例で使い方を紹介するので、興味のある方は使いこなせるまで習得してみてはどうでしょう。

アクションを追加すると「入力を使ってAppleScriptを実行」と、金槌ぽいマークと、スクリプトを各エリアが出てくると思います。

入力については何が使えるとかは書かれていないので不明ですが、「このアクションに渡される入力は、′on run′ハンドラの1番目の引数に渡されます(オプション)」とかかれています。つまりはスクリプトのみを実行させたい場合、この入力は未記入でもOKというわけです。ちなみに今回の簡単な使い方例紹介ではこの入力は使いません。入力を使う場合、1行目にあるon run {input,parameters}あたりにファイルが使用されることでしょう。

金槌マークは記入したスクリプトを整えてくれます。どういうことかというと、書いたスクリプトをシンタックスハイライトで表示し直してくれるというものらしいです。そして一部は整えてくれるようです。これについてはあとで紹介します。

入力エリアは何やら書かれていますが、(*You sript goes here*)の以下に、スクリプトを記入します。この灰色の文字は処理には影響しない部分なので、残しておいてもいいですし消してもいいです。

スポンサーリンク

使用例

簡単に動作確認ができるように、メール.appを起動してみましょう。アクションを追加したら、以下を3行目に記入。

application "Mail.app" run

するとだいたい下の画像のようになると思います。

Applescriptのテスト

このままで実行しても問題ありませんが、追加したコードが見辛いので色分けしてもらいます。金槌マークをクリックすると、以下のようにコードを若干修正しつつ色分けしてくれます。

シンタックスハイライトでコードの各部分を色分けして表示してくれる

そして▷マークをクリックして実行すると、メールアプリが起動するはずです。このようにスクリプトで命令を出して、Macに行ってもらう事が可能となっています。

とは言えこれぐらいだったら【Appを開く:mac版】で行うことと何一つ違いはありません。自分はAppleScriptは全然詳しくないのでこれ以上は何も出来ませんが、使いこなしたい方は調べて色々やってみてください。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ショートカットのスクリプト・制御フロー系アクション
SSH経由でスクリプトを実行シェルスクリプトを実行
AppleScriptを実行JavaScript for Automationを実行
if文ショートカットを停止
メニューから選択各項目を繰り返す
繰り返す待機
停止して出力戻るまで待機
リストリストから項目を取得
リストから選択

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました