Mac

【macショートカット】ファイルにフィルタを適用

ファイルにフィルタを適用Mac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットのファイルにフィルタを適用の使い方が知りたい

2021/10~11月 macOS Monterey(12.0.1)にて確認した内容で掲載。M1チップ搭載のMacbook Airでの内容なので、他機種だと若干違うかもしれませんが基本的には同じです。

ファイルにフィルタを適用

ファイルにフィルタを適用」
入力ファイル
出力ファイル
【ファイルにフィルタを適用】iOS版はこちら

このアクションは指定したファイルにフィルタを適用し、条件に一致するファイルのみを出力する(選別する)という機能を持っています。

ファイルに関しては複数のファイルを一括で調べたい場合は【フォルダの内容を取得:mac版】を使い、再帰的を有効化します。こうすることで指定フォルダの中にあるフォルダの中にあるファイルまで調べることが出来ます。というかフィルタを適用する以上、複数のファイルが存在するフォルダに対して使うのが多いのでこの使い方だけ覚えておけばいいと思います。

フィルタについて。フィルタは大>中>小という順番に条件を指定します。大でざっくりと条件を決めて、中で絞り込んで、小で更に細かく分けるっていうイメージです。このアクションで使えるフィルタは以下の通り。

ファイルサイズ
ファイルサイズで選別出来る。
ファイル拡張子
ファイルの拡張子で選別することが出来る
作成日
ファイルを作成した日で選別出来る
ファイルパス
ファイルパスに指定文字が入っているかどうかを選別出来る
最終変更日
最終変更日でファイルを選別出来る
名前
ファイルの名前で選別出来る

よく使うのは最終変更日/作成日と名前ですね。例えば今日作った一時ファイルなんかを選別するときには「作成日」で選別し、特定のファイル名を持つファイルだけを選別するときは「名前」を使います。

条件は以下の通り。

次に完全に一致
指定したものと完全に一致するものだけを結果として表示
次と完全に一致しない
指定したものと完全に一致しないものだけを結果として表示
次より大きい
指定数値より大きいものだけを結果として表示
次と同じか次より大きい
指定数値より大きか、同等のものだけを結果として表示
次より小さい
指定数値より小さいものだけを結果として表示
次と同じか次より小さい
指定数値より小さいか、同等のものだけを結果として表示
次を含む
指定文字や数値が1つでも含まれていれば結果として表示
次を含まない
指定文字や数値を1つも含まないものだけを結果として表示
次で始まる
指定文字や数値から始まるものだけを結果として表示
次で終わる
指定文字や数値で終わるものだけを結果として表示

数値のみで使用可能なものと、数値でも文字でも使用可能なものがあります。

並び順序は出力結果の並び方を指定出来ます。初期値はなしですが、クリックすることで並び方を指定出来ます。制限は出力結果の数を制限出来ます。

関連アクション

macOS版ショートカットのファイル/Finder
ファイルファイルを保存
ファイルを選択ファイルを移動
ファイルを削除テキストファイルに追加
ファイルの名前を変更ファイルへのリンクを取得
フォルダフォルダからファイルを取得
フォルダの内容を取得フォルダを作成
ファイルにフィルタを適用ファイルの詳細を取得
ファイルを開く親ディレクトリを取得
Dropboxテキストファイルに追加Dropboxファイルを取得
Dropboxファイルを保存Finderで選択されたファイルを取得
ファイルにラベルを付けるファイルをFinderに表示
サーバに接続

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました