Mac

【macショートカットアプリ】Shazamする

ShazamするMac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットのShazamするの使い方が知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

Shazamする

設定箇所は2つです
入力ミュージック
出力テキスト
【Shazamする】iOS版はこちら

このアクションはマイクから入力された音を識別し、結果を表示する機能を持っているShazamの能力を簡単に使うことが出来るアクションです。細かい設定は特に無く、2箇所の設定をするだけです。

実行時に表示はそのままの意味です。実行時にShazamのアイコン?みたいなやつが表示されるか、表示されないまま読み取るかのどちらかを選ぶことが出来ます。認識されない場合はエラーもそのままの意味です。認識された場合、曲名やアーティストがテキストで表示されます。

スポンサーリンク

使用例

このアクションの結果をiTunesやApple Music関係のアクションへ繋ぐ事で簡単に検索することが出来ます。例えば街で気になった曲を探したりとか、そういう事に使えます。

【Shazamする:mac版】→【iTunes Storeを検索:mac版】→【iTunes製品の詳細を取得:mac版】→【URLを開く:mac版】と配置することで、Shazamで聞いた曲の結果を自動的に開くという構成が作れます。特に設定をイジることもなく出来ますが、【iTunes Storeを検索:mac版】の検索結果の表示数を1にしておくとスムーズにURLを開くまで行ってくれます。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ショートカットの画像/音楽関係
以下は画像ファイル関係
イメージをマスクイメージのサイズを変更
イメージ/ビデオを回転イメージを切り取り
イメージを変換イメージを重ねて表示
イメージにフィルタを適用イメージを結合
イメージを反転イメージの詳細を取得
入力からイメージを取得PDFページからイメージを作成
テキストを重ねて表示スクリーンショットを撮る
GIFからビデオを作成GIFにフレームを追加
GIFを作成イメージからフレームを取得
以下は動画ファイル関係
メディアをエンコードメディアをトリム
以下は音楽ファイル/ミュージックアプリ関係
プレイリストに追加プレイリストを作成
プレイリストを取得オーディオファイルを"ミュージック"に読み込む
ミュージックの詳細を取得ミュージックを検索
ミュージックを再生ミュージックを選択
現在の曲を取得逆方向にスキップ
再生/一時停止順方向にスキップ
進める"次はこちら"に追加
"次はこちら"を消去音量を設定
Shazamするオーディオを録音
以下はカメラ関係
しかしmac機種ではカメラ内蔵のMacbookでも使用できませんでした。そのため解説記事はありません。
ビデオを撮る写真を撮る
以下は写真アプリ関係
最後の読み込みを取得最新のLive Photosを取得
最新のスクリーンショットを取得最新のバーストを取得
最新のビデオを取得最新の写真を取得
写真アルバムから削除写真アルバムに保存
写真アルバムを作成写真を検索
写真を削除写真を選択
以下はiTunes Store関係
iTunes Storeで表示iTunes Storeを検索
iTunesアーティストの詳細を取得iTunes製品の詳細を取得
以下はApp Store関係
App Store Appの詳細を取得App Storeで検索
以下はPodcast関係
Podcastエピソードの詳細を取得Podcastのエピソードを取得
Podcastのサブスクリプションに登録Podcastの詳細を取得
Podcastを検索Podcastを再生
ライブラリからPodcastを取得(不明)

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました