Mac

【macショートカットアプリ】Siriを終了して続ける

Siriを終了して続けるMac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットのSiriを終了して続けるの使い方が知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

Siriを終了して続ける

このアクションには設定などの項目はありません。
入力無し
出力無し
このアクション実行後はショートカットの処理を再開します。
【Siriを終了して続ける】iOS版はこちら。

このアクションはその名の通り、Siriを終了します。そして続けます。何を?って話ですが、それはショートカットの処理です。

このアクションはショートカット内で使うというより、Siriからショートカットを呼び出して使う場合に活躍します。Siriから呼び出したショートカット内でこのアクションが実行されると、Siriを終了します。そして、Siriから呼び出したショートカットの残りの処理を再開します。

スポンサーリンク

使用例

Siriに場所を言って、経路を探してもらうショートカットがあるとします。この場合の起動順序は以下の通り。

Siri起動→ショートカットを呼び出す→Siriに目的地を話す→ショートカットがSiriが聞いた内容を元に、住所検索と経路検索をする→【Siriを終了して続ける:mac版】を踏んでSiriとの対話終了→マップを表示→経路を表示

このように、Siriから呼び出したショートカットに何かしらの処理を与えつつSiriを終了する時に使えます。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ショートカットのシステム&デバイス
Siriを終了して続けるホーム画面へ移動(注意1)
壁紙を設定Bluetoothを設定
スクリーンセーバを開始デバイスの詳細を取得
バッテリー残量を取得音量を設定
外観モードを設定集中モードを設定
明るさを設定フラッシュライトを設定(注意1)
注意1→このアクションはmacデバイスではエラーとなるか、非対応のため正常に使うことが出来ません。そのため、解説記事もありません。ご了承。どうしても見たい方はiOS版をご覧ください。

システム環境設定
アクセシビリティキーボード
(Accessibility Keyboard)
代替ポインタアクション
(Alternate Pointer Actions)
ディスプレイのカラーを反転(スマート)
(Smart Invert)
ディスプレイのカラーを反転(クラシック)
(Classic Invert)
字幕(クローズドキャプション)
(Closed Captions+SDH)
カラーフィルタ
(Color Filters)
フルキーボードアクセス
(Full Keyboard Access)
ヘッドポインタ
(Head pointer)
コントラストを上げる
(Increase Contrast)
モノラルオーディオ
(Mono Audio)
マウスキー
(Mouse Keys)
視差効果
(Reduce Motion)
透明度を下げる
(Reduce Transparency)
スローキー
(Slow Keys)
バリアフリー音声ガイド
(Audio Descriptions)
複合キー
(Sticky Keys)
スイッチコントロール
(Switch Control)
音声コントロール
(Voice Control)
VoiceOver
(VoiceOver)
ズーム機能
(Zoom)

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました