Mac

【macショートカットアプリ】時間帯を変換

時間帯を変換Mac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットの時間帯を変換の使い方が知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

時間帯を変換

2007年6月29日時間帯から変換先の時間帯に変換」
入力日付
出力日付
【時間帯を変換】iOS版はこちら

このアクションは入力として渡された日付を変換する機能を持っています。

2007年6月29日
ここに変換したい元の時間を指定します。【日付:mac版】を使って現在時刻を指定したりするのがよくある使い方です。
時間帯
ここをクリックすることで変換元の地域を設定することが出来ます。これは都市ごとでの指定になるので、日本という指定では無く東京や大阪のどちらかを指定することになります。同じく海外都市であればニューヨーク、ロサンゼルスのように都市名で指定する必要があります。
変換先の時間帯
ここも上記の時間帯同様に、クリックして都市名を指定して選択します。ここで指定した時間帯へと変換します。

例えば「2022/1/1 0:00東京からニューヨークに変換」という設定で使ったとします。すると結果は「2021/12/31 10:00 GMT-5」と表示されます。日本とアメリカの時差は約12時間なので、日本の0時から12時間前=アメリカの時間となります。そのため午前10時が結果として返ってきます。

逆に東京とニューヨークを入れ替えると、「2022/01/01 14:00」となります。これは「ニューヨーク基準の1/1 0:00を日本の時間に変換」したときの結果なので、上記とは逆に12時間ほど進めるという考え方になります。

このアクションの機能を見てもらうと、旅行とかでの時差計算に役立つことがわかりますね。現在時刻は【日付:mac版】で良いとして、旅行先の都市名が分かる場合は設定してもいいと思います。しかしわからない場合や、最寄り都市がちょっと離れてる場合などは妥協して使うしかありません。それでもある程度調べてから行きたいって方にはオススメのアクションとなります。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ショートカットその他色々
QRコードを生成
メモアプリ
メモを検索メモを表示
メモを作成メモに追加
メモフォルダを表示
天気予報
現在の天気を取得天気予報を取得
気象状況の詳細を取得
連絡先
新規連絡先を追加入力から連絡先を取得
連絡先連絡先の詳細を取得
連絡先を検索連絡先を選択
連絡先を編集電話番号
電話番号を選択入力から電話番号を取得
株価
銘柄の株価を表示
リマインダー
リマインダーを検索リマインダーを編集
リマインダーを削除新規リマインダーを追加
リマインダーリストを表示リマインダーの詳細を取得
次回以降のリマインダーを取得
メール
メールアドレスメールアドレスを選択
入力からメールアドレスを取得メールを送信
カレンダー
新規カレンダーを追加新規イベントを追加
もうすぐ行われるイベントを取得カレンダーに表示
カレンダーイベントを編集カレンダーイベントを検索
カレンダーイベントの詳細を取得イベント参加者の詳細を取得
イベント参加者にフィルタを適用イベントを削除
日付
日付日付を調整
日付間の時間を取得日付をフォーマット
入力から日付を取得時間帯を変換
FaceTime
FaceTime発信
メッセージ
メッセージを送信
スポンサーリンク

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました