Mac

【macショートカットアプリ】URLの内容を取得

URLの内容を取得Mac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットのURLの内容を取得の使い方が知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

URLの内容を取得

URLの内容を取得」
入力URL
出力フェッチされたデータ
【URLの内容を取得】iOS版はこちら

このアクションは入力URLの内容を取得するというものですが、かなり使い方が多岐に渡る複雑なアクションだったりします。URLにはデータの送受信を行いたいURLを指定します。よく使われるのだとBitlyのようなURL短縮サービスだったり、IFTTTみたいなネットサービス同士を繋ぐサービスだったりします。そこは人それぞれですが、だいたいこういうやつが絡んでくるよっていう事だけは間違いありません。

表示を増やすと方法というものが出てきます。これは簡単に書くと以下の通りです。

GET
指定したURLへリクエストを送って、その結果を受け取るメソッド。
POSTメソッドよりも簡易的なので、パスワード等を含まないやり取りに使う。
POST
指定したURLへリクエストを送って、その結果を受け取るメソッドなのはGETと同じ。
GETよりセキュリティがしっかりしていて、パスワード等のやり取りもこれで行ったりする
PUT
指定URLへリクエストを追加だったり更新を行ったりするメソッド。
PATCH
指定URLのデータの一部更新とか、追加などを行うメソッド。
DELETE
指定URLにデータ削除のリクエストを送る

簡単に書くとこんな感じです。GET以外の4つは自分でサーバーやデータベースの管理している方なら使うかもしれませんが、そうでない方は使うことはほぼありません。GETに関しても最初に書いたとおり、BitlyやIFTTTなどの指定URLへ何かを送って何かをしてもらう的な事をしない限りは、このアクションは使いません。

ショートカットのギャラリーにURLを短縮というAppleが作成・公開しているレシピがあるんですが、これがまさにGETメソッドを使用しています。

ヘッダに関してはJSON形式で送るデータ等に関連した事を追加出来るらしいですが、詳しいことは不明です。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ネットワーク
"音声通話とデータ"を設定(*1)Wi-Fiを設定
ネットワークの詳細を取得モバイルデータ通信を設定(*1)
機内モードを設定(*2)現在のIPアドレスを取得
*1 このマークが付いているアクションはMac機種にモバイルデータ通信機能が無いため非対応です。そのためmac向けの解説記事もありません。
*2 このマークが付いているアクションはMac機種に機内モードが存在しないため、非対応です。こちらも解説記事はありません。
Safari
Safari Webページの詳細を取得(*)Safariから現在のURLを取得
Safariのリーダーを使って記事を取得(*)Webページの内容を取得
Webページを表示Webを検索
アクティブになっているSafariのタブでJavaScriptを実行リーディングリストに追加
記事にフィルタを適用(*)記事の詳細を取得(*)
(*)のアイコンが付いたアクションはMonterey12.1時点で、使えません
解説記事を書こうにも使えないので、現時点では作成していません。ご了承ください。
RSS
RSS配信から項目を取得ページからRSS配信を取得
URL
URLURLのコンポーネントを取得
URLを展開入力からURLを取得
Webリクエスト
URLのヘッダを取得URLの内容を取得
スポンサーリンク

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました