Mac

【macショートカットアプリ】Webページの内容を取得

Webページの内容を取得Mac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットのWebページの内容を取得の使い方が知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

Webページの内容を取得

URLのWebページの内容を取得」
入力URL
出力リッチテキスト
【Webページの内容を取得】iOS版はこちら

このアクションは指定したURLのページ内容を取得する機能を持っています。取得と言っても細かい事を取得するわけではなく、そのページのレイアウト・テキストなどをある程度再現したものを表示するといったものです。更に細かく取得したい場合は他のアクションを使う必要があります。

URLの部分には取得したいページのURLを入力します。これは直接入力してもいいですし、【Safariから現在のURLを取得:mac版】を使ってURLを簡単に取得してもいいです。出力はリッチテキスト形式と書かれていますが、【ファイルを保存:mac版】を使って保存すると.webarchiveという拡張子で保存されます。プレビューで確認すると、実際にURL取得したページがそのまま表示されます。

【入力からテキストを取得:mac版】を使ってテキストのみを取得すると、本文やページタイトルはもちろん、タグ・カテゴリ・更新日などもテキストとして取得することが可能になります。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ネットワーク
"音声通話とデータ"を設定(*1)Wi-Fiを設定
ネットワークの詳細を取得モバイルデータ通信を設定(*1)
機内モードを設定(*2)現在のIPアドレスを取得
*1 このマークが付いているアクションはMac機種にモバイルデータ通信機能が無いため非対応です。そのためmac向けの解説記事もありません。
*2 このマークが付いているアクションはMac機種に機内モードが存在しないため、非対応です。こちらも解説記事はありません。
Safari
Safari Webページの詳細を取得(*)Safariから現在のURLを取得
Safariのリーダーを使って記事を取得(*)Webページの内容を取得
Webページを表示Webを検索
アクティブになっているSafariのタブでJavaScriptを実行リーディングリストに追加
記事にフィルタを適用(*)記事の詳細を取得(*)
(*)のアイコンが付いたアクションはMonterey12.1時点で、使えません
解説記事を書こうにも使えないので、現時点では作成していません。ご了承ください。
RSS
RSS配信から項目を取得ページからRSS配信を取得
URL
URLURLのコンポーネントを取得
URLを展開入力からURLを取得
Webリクエスト
URLのヘッダを取得URLの内容を取得
スポンサーリンク

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました