Mac

【macショートカット】ウインドウを移動

macOSショートカットのウインドウを移動Mac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットのウインドウを移動の使い方が知りたい

ウインドウを移動

「ウインドウを中央へ移動」青文字の部分を変更して使います。
中央の部分をクリックすると、11種類から配置場所を選べます。
入力ウインドウ部分には【ウインドウを検索:mac版】の結果を使います。
出力無し
表示を増やすと「最前面へ」設定が表示されます。有効化していると移動したウインドウが常に最前面に表示されます。

このアクションはその名の通り、指定したウインドウを指定位置へ移動させる効果を持っています。ウインドウ部分には【ウインドウを検索:mac版】の結果をそのまま使います。これについてはウインドウ検索のページにて解説しています。

このアクションは【ウインドウのサイズを変更:mac版】と何が違うのか。それは「ウインドウをそのまま指定位置に移動するだけ」という点が大きく違います。サイズ変更の場合はその名の通りちゃんとサイズ変更をしてくれますが、このウインドウを移動アクションはその名の通り移動するだけです。すなわちウインドウのサイズは保持したまま、ただ移動するだけです


移動場所について。全11種類から配置場所を選べます。それらについて簡単に紹介。

左上ディスプレイ左上
中央上ディスプレイ中央付近の上より
右上ディスプレイ右上
左中ディスプレイ中央付近の左より
中央ディスプレイ中央
右中ディスプレイ中央付近の右より
左下ディスプレイ左下
中央下ディスプレイ中央の下より
右下ディスプレイ右下
座標xとyで指定した位置にウインドウを移動させる

マジック変数やショートカットの入力なども使用可能ではありますが、このアクションは少し特殊な動作をします。ウインドウのサイズ変更+場所移動をしたいのであれば【ウインドウのサイズを変更:mac版】を使うほうが確実です。ウインドウの配置整理をするのであればこのアクションの出番ではありそうですが、その際はxyの座標を使うといいでしょう。

使用例

このアクションはウインドウサイズを保持したまま移動するだけということで、ワークスペースの構築とかに使えるんじゃないでしょうか。とは言えアプリ側のウインドウを個別でサイズ変更したらそのサイズも保持するわけなので、常に同じ動作を保証するわけではありません。

【Appを開く:mac版】
まずは使うアプリを開きます
【ウインドウを検索:mac版】
次に開いたApp名で検索をします。
【ウインドウを移動:mac版】
検索の結果を受け取り、ウインドウを移動させます。

これを1セットとし、使うアプリの数ごとに作成します。そうすればショートカットを起動したら指定アプリが前回使った大きさのサイズのまま、指定位置に配置されます。

関連アクション

macOS版ショートカットのウインドウアクション
ウインドウのサイズを変更ウインドウを移動
ウインドウを検索

2アプリで縦に分割したい場合は【画面を複数のAppで分割:mac版】を使いましょう。

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました