Mac

【macOS】ソフトウェアアップデートの解説

Mac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macの設定項目の確認がしたい
変更することで何が変わるのかを知りたい
ピンポイントで知りたい項目がありそう

macOSの設定関係を中心に解説しているページです。執筆時はmacOS BigSur→Montereyを搭載したM1 MacBook Air。機種によっては解説が当てはまらないケースもあったりしますが、そこは適宜読み替えてください。

スポンサーリンク

ソフトウェアアップデート

システム環境設定→ソフトウェアアップデート の順にクリックすると、ソフトウェアアップデートに関する設定やアップデート内容の確認をすることが出来ます

macのソフトウェアアップデート

この画面では、macOSのアップデートに関する設定などを行うことが出来ます

とは言えこの画面で出来ることはMacの自動アップデートをするかどうかっていう設定のみです

自動アップデート

Macを自動的に最新の状態に保つ にチェックを入れておくと、MacOSのアップデートが配信され利用可能になると、自動でダウンロード・インストールしてくれます

 

逆に自動アップデートをせずにアップデート内容を確認してから行いたいって方は、チェックを外しておきましょう

アップデート設定の詳細

詳細をクリックすると、アップデートに関する設定の詳細を決めることが出来ます

自動的に行う操作

アップデートの確認

チェックを入れると、アップデートの確認は自動で行うけどダウンロードやインストールは行いません

基本的にはチェックを入れておくと、更新漏れなどが減ると思います

新しいアップデートがある場合はダウンロード

チェックを入れると、アップデートを自動的にダウンロードします

ダウンロードするだけで、インストールは行いません

ひとまずダウンロードだけしておいて、インストールは自分で判断したいって方はチェック

macOSアップデートをインストール

チェックを入れておくと、自動でアップデートをインストールします

手間を減らして安全なmacOS環境にしたい!って方はこれにチェック

App Storeからのアプリケーションアップデートをインストール

これはmacOSではなく、App Storeからダウンロードしたアプリのアップデートに関する設定です

チェックを入れておくとストアに最新版が登場したタイミングで自動更新されますが、評価や不具合などを確認してからアップデートしたいって方はチェックを外しておきましょう

システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール

基本的にはチェックを入れておきましょう

Appleのセキュリティはとても硬い事で有名なので更新しておいて安全に使用しましょう

スポンサーリンク

注意点

これはアプリやOSに共通することですが、開発者サイドにも予期せぬ不具合は起こりえます

たとえアップルが開発したOSでも不具合はまぁあります それらは自動アップデートをしていると気が付かないものですし、バージョンを下げる方法が限られている事もあってかなり慎重な人が多いです

そのため、アップデート内容を確認してからアップデートを実行したいって方は上記の解説を参考にして自動インストールをしないように設定しておきましょう

逆にまぁ不具合はあるでしょう良いでしょうって方は、アップデートの自動化をしておけば手間が省けます

スポンサーリンク

macOSのダウングレード(バージョンダウン)

今使っているmacOSのバージョン(BigSurやCatalinaなど)から、以前のMojaveなどに下げたい場合は以下をどうぞ

その他の設定項目など

macOSの他の設定解説一覧はこちら。記事によってはBigSurで書いたものとMontereyで書いたものが混在していますが、基本的にはどちらでも使える内容です。

タイトルとURLをコピーしました