Mac

【macOS BigSur】WalletとApple Payの設定と使い方

macのwalletとapple payの設定解説Mac
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
ポケモンGO専門サイトを立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

こんな方にオススメ

macの設定項目の確認がしたい
変更することで何が変わるのかを知りたい
ピンポイントで知りたい項目がありそう

この設定項目の解説ページは、macOS BigSurを元にして解説しています

今後バージョンが変わり次第、細かく編集していく予定です

M1チップのmacbookにて書いているため、一部の設定箇所などに差があると思います

適宜読み替えてください

WalletとApple Payの機能

MacにTouch IDが搭載されているなら使える機能

指紋認証でカードの支払いをすることが出来ます

そのためにもまずはカードを追加する必要があります

今回はその追加の仕方などを掲載しています

カードを追加する

そもそもですが、Walletはかんたんに言えば電子的なカードケースみたいなものです

Apple Payは指紋認証で支払いをすることが出来る機能です

なので最初にWalletにカードを追加する必要があります

使用出来るカード

クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・ショップカード・Appleカード

などが使用出来ます

ここで一つ注意なのが、Appleカードはまだ日本には来ていません

これはiTunesカードなどとは違い、アップルが展開するクレジットカードになります

とはいえまだ日本に来ていないので、実際には前の4種類になります

 

クレジットカードは言うまでもなく、成人している方ならほとんどの方が持っていると思います

すでにiOSなど他の端末で登録したことがある場合、セキュリティコードを入力するだけでmacでの再登録が出来ます

 

デビットカードはキャッシュカードに内蔵されていることも多い機能なので、キャッシュカード作成時にデビット機能を付与しているならそれが使えます

クレジットカード払いとは違い、支払いの時点ですぐに口座から引き落とすため、口座の残り現金がわかりやすくて管理しやすいのがメリット

 

プリペイドカードはdカードプリペイドなど、一部のカードが対応しているそうです

プリペイドカードはあらかじめコンビニなどでチャージし、チャージした分から支払うタイプの方法です クレジットカードやデビットカードとは違い、口座開設やカード発行の手続きが不要なものも多く、未成年でも店頭ですぐに受け取って使えるのがメリット

 

ショップカードについては詳しく書かれていなかったので不明です

カードの追加方法

システム環境設定→WalletとApple Payをクリック

登録していない状態だとカードを追加ヘルプ用の?ボタンがあるだけだと思います

カードを追加をクリックすると、以下の2パターンに分かれます

  • 過去にiOSなどのWalletやApplePayでカードを登録したことがある人
  • 初めてWalletやApplePayにカードを登録する人

それぞれで最初に行う手順が若干違うので、かんたんに解説していきます

過去に登録したことがある人

カードを追加をクリックすると、過去に登録したことがあるカードの下4桁と、セキュリティコードの入力ボックスが出ます

セキュリティコードを入力して認証に成功すると、そのカードがWalletに追加されて使用できるようになります

初めて登録する人

カードを追加をクリックすると、カメラが起動してカードの表面を自動で読み取ってくれます この機能を使えばすぐに完了しますが、手動入力したい場合は左下のカード情報を手動で入力をクリック

 

手動入力の場合はカード表面の名前と番号を入力するボックスが表示されます

ここにカード表面の名前などを入力し、次へをクリックします

カードによっては少し入力する必要もあるようですが、必要な情報を入力したら登録出来ます

二枚目以降を登録する場合

二枚目以降を登録する場合も手順は同じです

WalletとApplePayを開き、左下の+マークをクリック

カメラによる自動読み取りか、手動入力を選んで登録します

iPhoneなどとの違い

まさかとは思いますが、念の為書いておきます

macOSでのWalletとApple Payの解説です

まさかとは思いますがSuicaなどの交通系カードを使って電車に乗ろうとか考えている方は居ませんよね

公式サイトにも書かれていますが、macOSでのApple Payが利用出来るのはウェブ上だけです

iPhoneやApple Watchなどの機種は持ち運びをする前提でSuicaなどが使えるようになっていますが、macはたとえmacbookでも改札機に近付けたりするようなことはしませんよね?

その他、店舗やアプリ内での支払いも出来ません

支払い方法

Apple Payによる支払いをする場合、Touch IDに指を当てるだけで完了します

これは指紋認証で登録してある指を当ててください 指紋認証が成功することで、Apple Payによる支払いが完了します

利用に関する注意

このWalletやApple Payを利用する上で、Touch IDが必要です

このTouch IDをオフにしていると、Walletに登録されているカード情報がすべて削除され、Apple Payの利用が出来なくなります

普段から買い物はあまりせず、カードを登録する必要がなく、Touch IDによる認証が煩わしいっていう方はTouch IDをオフにしてしまうのも手ですが、そうでない方はTouch IDはオンにしておきましょう

 

ちなみにですが、Touch IDをオフにすることで自動ログイン(PC起動時のパスワード入力を省略する機能)が使えます

Touch IDについては以下をどうぞ

その他の設定項目など

これ以外の設定を探したい場合は以下を参考にしてみてください

まだ更新中なので抜けている部分が多いですが、更新していきます

【macOS BigSur】使い方・設定完全ガイド
macOSの設定のすべてを掲載 設定画面から各項目の設定方法と、設定したい目的別から探すことが出来ます
タイトルとURLをコピーしました