Mac

【macOS】BigSurでWebP形式の画像が見れるようになった件

macOS BigSurでWebpMac
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

WebPとは

そもそもWebPって何って話ですが、画像拡張子の一つです

従来の画像拡張子だと、jpegやpngなどが主流でした

しかしそれらは、jpegだと軽量化で画質を犠牲に、pngだと画質を重視して容量を犠牲にしてきました

そして中には変換すると元の形に戻せない、不可逆圧縮もありました

可逆圧縮・不可逆圧縮についてはファイル拡張子のページを御覧ください

そして今回のWebPですが、これは画質・容量ともにいいとこ取りを目指したフォーマットです

このWebPはGoogleが開発しているオープンソースの静止画フォーマットで、読み方はうぇっぴーらしいが、現在はこのうぇっぴーって読みますよっていう表記が削除されている模様

WebPの特徴

Googleが示した例ですが、ファイルサイズは非可逆圧縮モードでjpegと比較して25~34%の圧縮に成功

可逆圧縮モードだと、pngと比較して28%の圧縮に成功

22%の容量増加を許容すれば、アルファチャンネルを追加出来るらしい

アルファチャンネルとは、簡単に言えば不透明度

直接表示されるのが、よく使われるRGB(赤、緑、青)などですが、これらとは違って直接表示されない色ってのがあります

この直接表示されない色のことを、アルファチャンネルと呼び、この濃淡によって人間が見る色の表現を多くしているんだとか

スポンサーリンク

BigSurとWebPの関係性

これは公式サイトでも書かれていなかったため不明ですが、少なくとも二日前はプレビューすら出来なかったのは覚えています

macOSでWebPが見れるようにする拡張機能自体があることは知っていましたし、クリーンインストールする前は実際に使っていました

しかし、クリーンインストール後は別にいらねぇやってことでwebp化してバックアップするのは全部Windows機でやっていました

ところが今回、ふと確認してみたら見れたんですよね WebPが

finderでwebpが見れるようになった

これはドロップボックス内のバックアップデータですが、全てwebpで保管しています

二日前までは「表示できません」的なアイコンだったのに対し、bigsurにアップデートしてから見れるようになっていました

スペースを押したときのクイックルックでもちゃんと表示されました

スポンサーリンク

ソフト側の対応はどう?

自分が普段使っているソフトで、WebPが読み込めるのか、編集出来るのかってのを確認してみました

  • Skitch

読み込み、編集出来ました

  • Keynote

読み込み、編集出来ました

  • Gimp

読み込み、編集出来ました

普段使っているのは上記3つなので、これらで読み込めるんであれば自分にとっては大満足です

後はWebP保存がどうかってことですが、これはGimpしか出来ませんでした

Skitch、Keynote共にエクスポートメニューにwebp自体がありませんでした

今後の対応を待つとしましょう

スポンサーリンク

まとめ

BigSurの影響かは不明ですが、ようやくmacOSでWebPが扱えるようになると思うとこれは嬉しい所

わざわざバックアップのためにWindowsを動かさなくて良くなりますからね

後はjpeg→webpなどへの変換ツールですが、これは追々探していこうと思います

タイトルとURLをコピーしました