Watch

【Apple】WWDC22簡易まとめ【Apple Watch編】

wwdc22watchWatch
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

このページについて

このページではWWDC22のApple Watchに関する内容を簡易的にまとめているページです。中の人が良いなと思った機能だけなのでかなり少ないです。

ウォッチフェイス

新たにウォッチフェイスが4種追加されます。アストロノミー文字盤は大画面を活かせるような文字盤になっていて、世界の現在の雲量を表示してくれる文字盤。ルナー文字盤は月の満ち欠けで暦を表示する文字盤で、中国歴・ヘブライ歴・イスラム歴の3種類のカレンダーから選べる模様。

アーティストJoi Fulton氏のデザインしたプレイタイム文字盤はキャラクターが動いたり手首の動きに合わせて寝たりします。メトロポリタン文字盤はDigital Crownを回すと数字が伸びる文字盤となっていて、色の組み合わせも多数提供されるそう。

UI

ウォッチフェイスもそうですが、既存のSiri UIや通知バナーなども刷新するそうです。アクティブなアプリはドック上に配置され、アクセスしやすくなるそうです。

この辺りはこの程度の紹介しかありませんでしたが、少なくとも今使ってるFossilのスマートウォッチより使いやすそうですね。そこだけで十分買う価値あるよねって感じがします。

スポンサーリンク

まとめ

基本的に運動することがなく、ワークアウトとかも全然やらない人なので一番重要であろう運動関係の機能に関しては「へー」ぐらいにしか思っていません。Apple Pay関係の紹介が何一つありませんでしたが、そもそも既存の機能でも十分ですしね。

睡眠関係の機能もよさそうだなと思いましたが今のFossilのウォッチですら全く使ってないのでこればっかりは実際に使ってみてどうかなって感じですね。

WWDC22(mac編)
macとmacOSに関する個人的な注目ポイントの簡易まとめ
WWDC22(iOS編)
iOS16の個人的な簡易まとめ
WWDC22(iPadOS編)
iPadOS16の個人的な簡易まとめ
WWDC22(watchOS編)
WatchOS9の個人的な簡易まとめ
タイトルとURLをコピーしました