戦術、対局中の考え方

【麻雀で勝つための思考】牌効率の基礎とコツを解説【初心者向け】

牌効率の考え方戦術、対局中の考え方
この記事は約6分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方におすすめ

テンパイまでの考え方を知りたい
配牌をもらってから何を捨てたら良いのかわからない
スポンサーリンク

牌効率とは

牌効率とは麻雀の役などのルールではなく、「テンパイまで早く進むための考え方」の事を言います。言い換えると、「テンパイまで効率よく進めるための考え方」というわけです。

この牌効率、知ってても知らなくても打てることは打てますが、知ってるかどうかで麻雀の打ち方や知識の吸収速度が段違いになってきます。ここでは紹介しませんが、牌効率を逆算することで相手の手牌を構成している牌を推測することも出来ますし、その推測した相手の手牌から更に逆算して山にどの牌が残っていそうかを推測する技術もあります。前者を「手牌読み」といい、後者を「山読み」といいます。麻雀プロにはこれらの技術を得意としている方も居ます。実際の対局が無料で見れるMリーグとかだと解説付きで見ることができるので、見てみるのも良いかもしれません。

一応山読みの解説リンクを貼っておきます。

【麻雀で勝つための思考】山読みとコツについての解説【初心者・中級者向け】
山読みとは山読みとは、見えている全ての牌から相手の手牌を推理して、山に何が残っているかを考える思考の事です。この山読みは立直を打った時にアガリを物にできるか否かって所に大きく影響するため、慣れてきたら意識してみるのもアリかと思います。...
スポンサーリンク

牌効率の基礎 向聴数(シャンテン数)

配牌を貰い、テンパイまで行く時に○シャンテンとかいいます。これはテンパイを0として、今の手牌からテンパイに近付くまでの不要牌の事を言っています。2シャンテンであれば「テンパイまで2枚の不要牌がある」事を指します。逆にテンパイ時には不要牌は1枚もない事を意味します。

完全に余談ですが、配牌をもらった時点で向聴数を数えることも出来ます。ただしこれは完全に必須というわけではないので、この記事の一番下に掲載しておきます。

スポンサーリンク

牌効率の基礎 数字と字牌の違い

次に数字牌と字牌の違いについての解説です。これは面子のルールのおさらいにもなります。

数字牌は連続する3つの並び(456や789など)と、同じ数字3枚(444など)で面子を作ることが出来ます。

逆に字牌は同じ漢字3枚(東東東など)でしか使えません。

以上の事から、牌効率では数字を大事にする事が重要となってきます。理由は単純で、「数字は面子になりやすいから」です。

例えば一萬は一萬3枚の面子と、萬子で123の2種類の面子を作ることが出来ますが、南は南南南でしか面子を作ることが出来ません。

牌効率は字牌よりも数字を大事にする

牌効率の基礎 数字の中でも強弱がある

数字を大事にすると書きましたが、1から9の全ての数字を大事にするというわけではありません。面子は連続する3つ並んだモノと、同じ数字3枚集めたモノの2種類があります。この前提のうち後者は字牌と共通のルールなので、極端な事を言ってしまえば字牌と同じ考え方でも良いわけです。だけど数字を大事にする理由は前者の連続する3つ並んだモノがあるからです。

例えば一萬が面子になるには123か111の2パターンあります。しかし二萬が面子になるには123と234と222の3パターンになります。たった一つ数字が違うだけでパターンが増えるんですね。これをまとめると以下のようになります。

数字面子の総パターン
1と92
2と83
3から74

数字が真ん中(3から7)に寄るほど、面子のパターン数が増えていくわけです。3を例に上げると、123と234と345と333の4パターンになるわけですね。

数字の3から7は牌効率において大事

牌効率の基礎 字牌の扱い

ここまで数字牌についての解説が続きましたが、じゃあ字牌は完全に捨てていけばいいの?ってなりますが、そうではありません。手役を追わず、単純にテンパイ形だけを目指すのであれば字牌も使っていきましょう。

使う基準は「同じ字牌が2枚以上あるとき」に限られます。同じ字牌2枚あれば雀頭になりますし、待ち次第ではシャンポン待ちにもなります。雀頭候補でなくても、途中で1枚引ければ面子として扱うことも出来ます。

ただし1枚だけポツンと浮いた字牌は他の人が捨てたら捨ててもいいと思います。単純に枚数が減った分、自分が使いにくくなるだけなので。

同じ字牌が2枚以上あったら使っていく方針で

牌効率を深く知るには

ここまで牌効率の基礎となる部分を解説してきました。しかし麻雀には塔子(ターツ)と呼ばれるものがあります。これは面子の完成手前の2枚組のことをいいます。

数字牌で「3から7は面子となるパターン数が多い」と書きました。それは塔子においても同じです。3を使う塔子は13/23/34/35/33の5パターンあります。

しかし1を使う塔子は12/13/11の3パターンしかありません。つまり、3から7を大事にっていうのは塔子の作りやすさ→面子の作りやすさを一言にまとめたものになります。

牌効率は受け入れ枚数の多いものを残していくのが基本となります。3から7はどの牌も5種類の受け入れで塔子が出来、更には面子のパターンが4種類もあります。逆に1と9はどちらも3種類の受け入れで塔子が出来、面子のパターンは2種類しかありません。

更にはこの受け入れ枚数を数えていくと、その差を深く知ることも出来ます。3は1から5の5種類で塔子が出来ます。3はすでに1枚自分で持っているので、受け入れ枚数は5種類19枚となります。しかし1の場合、1から3の3種類しか受け入れがなく、3種類11枚の受け入れしかありません。

字牌の受け入れ枚数は1種につき1種しかなく、最大で残り3枚しかありません。

シャンテン数を簡単に把握する数え方

おまけコンテンツです。牌効率とは無縁とは言いませんが、完全に必須というわけではありません。

自分の配牌が以下のようだったとします。

配牌時点の向聴数の数え方

これもぱっとみただけで3シャンテンと分かります。その数え方が以下。

  • 面子を一つにつき2点
  • 塔子を一つにつき1点
  • 対子を一つにつき1点
  • 全てを合計し、8から引く

上記は面子が無いので、1つ目はスキップします。

塔子は12と45と23と57の4つあるので、合計4点

対子が一組あるので、1点。前項の塔子の点数と合わせて、5点→8から5を引くと、3となりますね。この3がシャンテン数になります。

ちなみに塔子・面子が6ブロックある場合、算出された数値から1引いてください。

まとめ

牌効率の簡単な覚え方は「麻雀の基本はメンタンピン」です。メンは門前=立直のことで、タンは断ヤオ、ピンは平和の事を意味しています。それぞれ以下が解説リンクになるので、役の知識が不足してると感じている方は参考にしてみてください。

【麻雀の役】初心者向けに平和(ピンフ)の特徴4つを解説
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します。 「麻雀は平和に始まり平和に終わる」 みたいな格言が生まれるほど...
【麻雀の役】初心者向けに断么九(タンヤオ)の特徴7つを解説
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します。 みんな大好きなタンヤオの解説です。たかが1翻、されど1翻みたいな役の...
【麻雀の役】初心者向けに立直(リーチ)の特徴7つを解説
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します。 今回は麻雀と言ったらこれ!みたいな有名な役である立直についての解説で...

牌効率は繰り返し打つことで自然と身につきます。まずはCPUなどを相手にし、牌効率の基礎から少しずつ覚えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました