【麻雀で勝つための思考】牌効率の基礎とコツを解説【初心者・中級者向け】

牌効率の考え方戦術、対局中の考え方
この記事は約9分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

牌効率とは

牌効率とは、配牌からアガリの形へ向かうための考え方の総称です。

ルールや役では無く、打ってる最中に常に考える事になるため確実に覚えておきましょう。

牌効率の解説とかでは、受入枚数という表現を多様します。

この受入枚数とは、自身の手牌に対して向聴数が進む牌がどれだけあるのか、っていう意味あいです。

基本的には配牌は受入枚数がかなり広く聴牌に近くにつれてだんだんと形が定まっていくため、受入枚数が減っていきます

この減っていく受入枚数をいかに有利に進めていくかっていうのが、牌効率のキーワードとなります。

配牌の向聴数の数え方(おまけ)

完全におまけコンテンツですが、一応ここで解説しておきます。

配牌をもらったときに、ある数え方をする事でこの手がアガリの形まで何向聴なのかを知る事ができます。

自分はこれを目安にして打ってる事が多いため、一応紹介しておきます。

以下の手牌を例に紹介します。

配牌時点の向聴数の数え方

  1. メンツ一つに付き2点
  2. 塔子一つに付き1点
  3. 全てを足して8から引く

上の配牌の場合、メンツが無いので1はスキップします。

次に塔子を数えます。

一萬 二萬

四萬 五萬

八萬八萬

二筒 三筒

五筒 七筒

の全部で五つ。なので、合計5点になります。

あとは8から引くだけなので、8-5で3となります。この3、この配牌の向聴数となります。

実際、九索 南 西の3枚が上記の塔子のどれかになれば聴牌なので、答え合わせも出来ました。

余談
配牌の平均向聴数は、大体3向聴から4向聴の間ぐらいと言われています。
一番多い向聴数は国士無双から通常のアガリの形に向かった場合の8が最大。

七対子と国士無双に関しては配牌をもらった時点で考える必要があるため、このページの一番下で解説します!

浮き牌比較

それでは、ここから牌効率を解説していきます。

配牌向聴数から自分の手が良いのか悪いのかを大体把握したら、今後の進め方を考えていきます。

まずは浮いている牌の比較からです。

この浮いているとは、手牌に1枚しかなくて塔子にもなっていない牌のことを指します。

下の画像で言うと、浮き牌は 九索 南 西の三種類になります。牌効率の考え方

そのほかは一種類しかなくても数牌の横のつながりがあり、なにかしら一つを引ければ面子になります。 そのため、これらは塔子なので浮き牌とは言いません。

この辺りを少し掘り下げて解説

数牌と字牌の比較

数牌は横のつながりがあるため、五萬 六萬 七萬などの面子を作る事ができますが、字牌は南南南などの一種3枚使わないと面子にはなりません。

そのため、牌効率の基礎は横のつながりを意識することが優先事項になります。

横のつながりを意識するというのは実際どんな強みがあるのか、簡単に紹介していきます。

数牌の繋がり方

数牌は1枚につき、塔子になる牌が最大で五種類もあります。

例外として、1と9は最大三種・2と8は最大四種です。

例えば三萬が塔子になるためには

一萬 二萬 三萬 四萬 五萬の五種類あります。

塔子をそれぞれ見ていくと

一萬 三萬

二萬 三萬

三萬三萬

三萬 四萬

三萬 五萬

の5パターンあるため、数牌の3から7はとっても広い受入枚数があると言えます。

しかし、九索が塔子になるためには

七索 八索 九索の三種類しかありません。

これもそれぞれ塔子を見ていくと

七索 九索

八索 九索

九索九索

の3パターンしかありません。

この内容を簡単にまとめますと

数牌の浮き牌塔子パターン数受入枚数
一萬
九萬
全3パターン3種11枚
二萬
八萬
全4パターン4種15枚
三萬

から

七萬

全5パターン5種19枚

このように、数牌の真ん中の方はとてつもなく受入枚数が広いです。

麻雀の基本はメンタンピンと言われていますが、断么も平和も作りやすいのが中張牌で、まずは断么と平和を目指していきましょうねっていう事です。

タンピンについては以下をご覧ください!

【麻雀の役】1翻一覧【初心者向け】
このページの目的など麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 役の解説 麻雀にはアガリの形と、アガリ役の二つが必要と、超ざっくり...

字牌の繋がり方

字牌のメンツを作るルールは、同じ牌を3枚揃えないと不可能。

そのため、横のつながりは一切ありません。

なので全ての字牌の受入枚数は1種3枚となります。

数牌の1や9ですら全3パターンの3種11枚もあるため、いかに字牌が扱いにくいかってのがわかると思います。

塔子比較

浮き牌の比較を見たら、次はメンツにするための塔子の比較をしていきます。

塔子にも受入枚数が広い/狭いってのはあります。

麻雀の基本はメンタンピンです。それを思い出すと、もう答えは出てきますが解説していきます!

両面塔子

平和の条件にもあるこの両面。

三萬 四萬とかが両面塔子になり、受入枚数は二萬 五萬の二種類。

枚数で言うと、2種8枚となります。

これ以上の強力な塔子は複合多面張になるため、今回はこの複合多面張は紹介しないのでこの両面塔子が最強となります!

嵌張・辺張塔子

何か一つが足りない塔子はこの二種類。

この嵌張や辺張は、一応強弱差があります。

嵌張塔子とは、二萬 四萬のことですが、これは1種4枚しかありません。

しかし、五萬を引ければ両面塔子になるため、一概に弱い塔子とは言えません。

逆に辺張塔子八索 九索は1種4枚しか受入枚数が無く、さらに両面塔子になる可能性も低いです。

そのため、ある程度塔子で埋まってきて何を切ったらいいのか分からなくなってきたらまずは辺張塔子から切っていきましょう。

双碰

これは七筒七筒とか西西とかの塔子の事ですが、双碰塔子とは普段言わないため双碰として紹介しておきます。

双碰の受入枚数は1種2枚しかないため、若干弱く見えます。

しかし、嵌張同様に両面やその他の塔子になりうる可能性があるため一概に弱いとは言えません。

パターン次第では字牌が雀頭にもなるため、変化がしやすく形が整いやすいのは案外双碰だったりします。

双碰待ちで聴牌し、アガリが望めそうになかったら一旦保留してより良い待ちになったら立直っていう選択肢もアリです。

5ブロックと6ブロック

よく言われる、5ブロックとか6ブロックってなんなん?って事について解説していきます。

この5ブロックとは、4面子1雀頭の総称で、合計で5つのブロックがあればアガリの形という意味です。

逆に6ブロックとは、上記の完成形よりも一つ塔子が多いことを意味します。

6ブロックを中心に解説していきます。

まず、6ブロックとは以下のような形です。

6ブロックの牌姿の例

塔子やメンツの数を数えると、萬子で1

筒子は二筒六筒の対子、三筒 四筒 五筒の面子

索子の六索 七索と、發の対子の合計6つ。

この中から、何かの塔子を捨てなければなりません。

ここで、上記の塔子比較を思い出すと、萬子の嵌張塔子が一番弱そうに見えます。

發が鳴ければより早く聴牌に近付けますが、その際にもネックなのがカン三萬

他の塔子はまだ両面変化などが望めるため、なるべく手をかけたくないのでここは二萬 四萬を落としていくのがベストとなります。

6ブロックは受入枚数が広いように見えますが、5ブロックには別のメリットがあります。

逆に二萬 四萬がなにかしら別の浮いた字牌だった場合、以下の牌姿になります。

5ブロックの牌姿の例

この場合、南と西は安全牌としても使える上、完全に浮いているため用途はほぼありません。

仮に發を鳴いて仕掛けた場合でも、他の立直に対して字牌で防御しながら前進する事が可能です。

このように、同じ二向聴でも防御ができるかできないかっていう点で、5ブロックは有利です。

聴牌を目指すのは全員一致の考えなので、できれば相手から先制された時のことを考慮できるようになれば、この5ブロックの強みが自然と理解できると思います。

役を意識した牌効率

平和系の形

ここまでは聴牌を目指すだけの牌効率でしたが、麻雀には役が必要です。

門前で聴牌したら立直でも良いんですが、まずは平和と断么のどちらか一方を目指しましょう。

この二つは作りやすい&麻雀の基本の役となります。

これらは複合するので当然複合した方が打点は高くなりますが、まずはどっちか一つを目指しましょう。

例えば以下の手牌を例に挙げると

平和になる牌姿

この場合、二筒を切って平和の形と、一筒を切って断么を目指すパターンの二つが見えてきます。

このように二つを目指す事が可能な手牌もありますが、すでに789で完成しきっていてなかなか変わらないなんてことも多々あります。

そんな時は数牌ならなんでも使える平和を意識していきましょう!

国士無双と七対子

国士無双は配牌の時点で行くか行かないかを決める必要があります。

そしてアガリの形が特殊な七対子も、普通の手組みとは違ってきます。

その理由は、ここまで解説した牌効率が一切当てはまらない、独自の形となるからです。

おさらいですが、七対子は以下の条件と形

【麻雀の役】七対子(チートイツ)の初心者向け解説
このページの目的など麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 好き嫌いが分かれる役筆頭と言われる七対子 そもそもの構造からして全...

これらを目指す場合のそれぞれの目安を簡単に紹介しておきます。

七対子

配牌で無くとも、自然と対子が多くなる事は多々。

対々和か七対かってのは、大まかな目安ですが、対子が4組みあって全部ポンすれば対々和の裸単騎待ちの形

対子が5組みあった場合、3ポンで双碰待ちの形

こうみると対々和の方が楽じゃんって思われますが、七対子は門前役なので立直や裏ドラなどがあります。

基本的には対々和よりも七対子の方が打点が高くなる傾向があるため、七対子よりも対々和の方が打点が高くなるようであれば全部ポンしていきましょう!

逆に対々和+αよりも七対子の方が打点が高くなりそうな場合は、七対子を狙いつつ進行って感じです。

七対子を目指す場合は山読みを使って、攻めか防御のどちらかを意識する事になります。

山読みとは、相手の捨て牌から相手の手を予測して、山に何が居そうかを読む技術のことです。

例えば対面が混一色の仕掛けをしていたら、他の色二色は手牌には居なさそう、山には居そうみたいな事です。

山読みについては以下をご覧下さい。

【麻雀で勝つための思考】山読みとコツについての解説【初心者・中級者向け】
山読みとは山読みとは、見えている全ての牌から相手の手牌を推理して、山に何が残っているかを考える思考の事です。この山読みは立直を打った時にアガリを物にできるか否かって所に大きく影響するため、慣れてきたら意識してみるのもアリかと思います。...

なので相手の欲しがっている数牌を切り出していき、相手が不要としている牌を集めて手組みをしていくパターンが、七対子の攻めな手組みとなります。

逆に防御を意識する七対子は、配牌でとんでもなくやる気が出ない場合ですね。

このやる気が出ない配牌は国士無双にも共通しますが、七対子の場合は降りる前提で進めていきます。

この場合は国士無双よりに字牌や19牌を集めて、相手から攻め込まれても字牌で降りる事が出来るので放銃して失点するリスクを減らしていく事が可能となります。

このように七対子は攻防を備えているため、慣れるまでどっちつかずな進行をしてしまいそうですが、まずは攻めましょう!

山読みとか小難しいことはまず考えず、ひとまず七対子一本で攻めてみるってのが良いかもしれません。

国士無双

国士無双の場合は、配牌で方針を決める必要があります

打っていると結構見かける、九種九牌って流局ありますよね。

これは国士無双に使える牌が九種類、九枚ありますってことなんですが、やる気が出ないため流局させてってルールです。

逆に考えると、国士無双は全13種なのですでに9種揃っているんですよ。 このとんでもなくやる気が出ない配牌でも、国士無双が意外に近いって事に気付くと思います。

とは言え他の人のポンが入ったり、普通に捨てられたりして国士無双達成しないなんてことは多々ありますが、九種九牌になったら狙ってみても良いかもしれません。

ちなみに自分は10種ないと狙いにいきませんが、その辺りは人それぞれです。

まとめ

以上が、牌効率の基本となります。

実際には捨て牌の状況だったり、他の人の仕掛けだったりが大きく左右しますが門前で進めるのも、鳴いて進めるのも基本的には牌効率が重要となってきます。

麻雀は一巡ごとに手牌や相手の手がコロコロ変わるため、常に考える必要があります。

そして、山読みだったり攻める際や降りる際の読みにも牌効率は大きく影響してくるため、まずはここからとなります。

タイトルとURLをコピーしました