戦術、対局中の考え方

【麻雀で勝つための思考】放銃回避の考え方

放銃回避の考え方戦術、対局中の考え方
この記事は約6分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

放銃って何?
放銃を回避する考え方が知りたい
スポンサーリンク

放銃とは

麻雀は2種類のアガリの宣言がありますが、まずはその辺を軽くおさらいしましょう

ツモ
自分でアガリ牌を引き当てる事。一度も鳴いていない場合で引き当てることが出来れば、門前清模和っていう役が一つ付きます。
ロン
誰かが捨てた牌で誰かがアガリの宣言をすること。鳴き、リーチに関わらずロンという役はありません。

そして放銃は「自分の捨てた牌でロンアガリの宣言をされること」です。打ち込むとかって言う言い方もしたりします。今回はそんな放銃を回避するための考え方の基礎を紹介していきます。

スポンサーリンク

放銃しない牌

まずは放銃しない牌の探し方を簡単に紹介していきます。

現物
ゲンブツと読みます。これは相手が捨てた牌のことを意味します。 フリテンというルールも影響しますが、これは簡単に言えば「すでに捨てた牌でロンアガリすることは出来ない」というものです。 自分が一萬を捨てている場合、他の人が捨てた一萬でロンアガリすることは出来ません。
放銃パターンが無い牌
これは後で紹介する考え方をいくつか複合しなければなりませんが、放銃するパターンが無い牌ってのが見つかったりします。そういう物はロンされることもないので安全に捨てていくことが出来ます。

現物はもうそのままですね。フリテンのルールをちゃんと把握していれば、そのまま応用すればOKです。そして次の放銃パターンが無い牌について解説します。放銃パターンが無いとは、主に字牌やかなり後半の数字牌に使える考え方になります。

字牌が放銃しないパターン

字牌が放銃するパターンとして、シャンポン待ち・単騎待ち・国士無双の3パターンですね。以下では「自分が字牌を1枚持っていて、場に何枚見えているか」という状況を元に解説します。

シャンポン待ち
シャンポン待ちは東東白白みたいな感じの待ちの事です。東でも白でも上がれるっていう待ちになります。 この時に東が自分の目から見て3枚出ていれば、シャンポン待ちは作ること自体不可能。シャンポン待ちに放銃する事はありません。
単騎待ち
字牌が単騎待ちで使われるとしたら七対子で使われることが多いですね。ただし単騎待ちは最低でも1枚持っていなければならず、すでに自分の目から見て4枚とも見えている場合は放銃することはありません。
国士無双
字牌が4枚めだからといっても、国士無双だけは例外で放銃する可能性があります。とは言え、「国士無双は19字牌のどれか2種類が4枚見えていたら不可能」というのを覚えていれば、国士無双に対して必要以上にビビることはなくなると思います。

字牌の放銃パターンはかなり覚えるのが簡単かつ、実践ですぐに活かしやすいので覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

放銃の可能性が低い牌の探し方

ここからは確実に放銃しないというものではなく、あくまで放銃する可能性が低い牌の探し方を紹介していきます。いきなり用語がいくつか出てきますが覚えれるものから覚えていけば問題ありません。

壁(カベ)
1種類の数字が自分の目から見て4枚見えていれば、その周辺の数字牌は放銃する可能性が低い。 例えば自分の手牌に八萬が1枚あって、捨て牌に八萬がすでに3枚切られているとします。この場合、萬子の78という両面塔子は作ることが出来ないため、萬子の9で放銃する可能性は低いということがわかります。この場合は萬子の6も安全じゃない?と思われがちですが、萬子の36待ちという両面が否定出来ない限りは安全とは言えません。
筋(スジ)
これは両面待ちの仕組みを利用したものです。両面待ちは147と258と369という3つの筋と呼ばれるもののどれかを使っています。上記の例だと萬子の69の両面待ちでしたが、この人の捨て牌に萬子の6がある場合に筋である9は安全度が高くなるという考え方になります。ただし後で紹介する筋ひっかけっていうものに利用されている可能性もあるので、その辺は壁とか色々複合して考えましょう。

この2つは基本的な考え方にもなるので、自然と出来るようになるといいですね。

放銃の危険度が高い牌の探し方

今度は逆に、放銃の危険度が高い牌の探し方を紹介します。ここまでは「放銃しない」→「放銃しにくい」と来ましたが、その次は放銃の危険度が高い牌となります。

跨ぎ筋(マタギスジ)

これはスジの応用というか、両面待ちの出来かたに基づいた考え方になります。平和のテンパイで、索子の667から1枚捨ててリーチするとしたら何を切りますか?」って聞かれたら、多くの方は6を捨てての58待ちにすると思います。この時のリーチ宣言牌は索子の6となるわけですが、その宣言牌を跨ぐことから跨ぎ筋と言われています。この跨ぎ筋は1と9以外の全ての数字に存在します。それらの一覧が以下の通りです。

数字危険牌
214
31245
42356
53467
64578
75689
869

こんな感じで、端っこの2や8は1組のスジが危険となります。それに対して3から7は最大で4種類、2つのスジが危険となります。ただしこれはあくまでもそういう可能性があるっていう考え方なので、わざと読みをズラすために無関係の牌でリーチを宣言する人も居ます。

裏筋(ウラスジ)

裏筋も跨ぎ筋同様に、スジ関係の考え方です。「現在テンパイで、索子の57と持っていて6待ちです。ここから一手で平和になる有効牌は何でしょう」と聞かれてすぐに「4と8」って答えれる方は多いと思います。そして4を引いた場合に切られるのは7ですね。この時の一連の流れから出来上がるのが裏筋と呼ばれるものです。最終形だけを見れば、457から7切ってリーチっていうごくシンプルなものですね。以下に裏筋の対応表を載せておきます。

数字裏筋
125
236
347
458
51469
625
736
847
958

跨ぎ筋とは違って全ての数字に裏筋が存在します。そして跨ぎ筋では3から7が一番多かったんですが、裏筋では5だけが一番多くなっています。1や9を切ってのリーチはそう珍しくはありません。こういうときは裏筋を疑ってみても良いかもしれませんね。ただし跨ぎ筋と同じく、あえて残しているだけであって全くの無関係の牌って事も考えられるので注意しましょう。

間四軒(アイダヨンケン)

間四軒もスジ関係ですが、これは上の裏筋が2つ重なっているってだけの事です。2シャンテンから2枚捨てる時に、4679から2枚捨てましょうと言われたら誰でも4と9を捨てるはずです。その理由は単純で、真ん中の67が両面待ちになっているからですね。

このように、端っこの2枚を捨てて真ん中の両面を残すのが間四軒と呼ばれるものです。

捨て牌にある2つの数字牌危険なスジ
1と625
2と736
3と847
4と958

例えば相手の捨て牌の後半に9→4という順序で捨てられている場合、「9も4も必要だったけど9より4の方が後まで大事だった」事がわかるので、4の周辺の跨ぎ筋/裏筋/間四軒の全てが一気に怪しくなってきますね。とは言え全く無関係な捨て方の結果、偶然にも間四軒になったみたいなこともありえます。注意しましょう。

最後に

放銃するパターンが全く存在しないものの見つけ方と、放銃しにくい牌の探し方、そして放銃する危険しか無いパターンといくつか紹介してきました。ここに掲載したものは捨て牌読みや相手の手牌読みなどと複合すると更に通せる牌が増えたりもしてきます。

まずはスジとか、カベとか、その辺の利用頻度の高いものから正確に覚えておきましょう。

関連記事

麻雀の戦術系の関連記事一覧と、簡単な紹介です。並び順所は特に意味はありません。

東風戦と半荘戦の違い
東風戦と半荘戦の違いについて解説。
打ち手のスタイル・雀風
打点派、メンゼン派、攻撃型や守備型なんかの傾向とかを紹介。
子と親の打ち方の違い
子と親で打ち方や戦い方に特徴や違いはあるの?っていうのを紹介。おまけで、北家が鳴かないほうが良いかどうかも掲載。
点棒移動計算
逆転するために必要な点棒移動計算についての解説と、よく出る和了点数で移動する点棒の総量をまとめたページです。
立直判断
立直するかどうかの判断基準なんかを掲載。
ゲームメイク
ゲームの進め方・考え方・点棒を持っている時とそうでない時の考え方などを掲載。
字牌の切り順
配牌を貰って、どの字牌から捨てるかっていうのを簡単に紹介しています。
牌効率
テンパイまで進むための手順・考え方のことです。
海底ずらしと一発消し
海底ズラしと一発消しの解説です。細かいテクニックです。
読みの基礎
読みの考え方とか、基礎的な考え方を紹介。
山読み
相手の捨て牌・持っていそうな牌から、配山に残っていそうな牌を予測する事。
放銃回避の考え方
放銃しないパターン・放銃しにくいパターン・放銃の危険しか無いパターンの探し方などを掲載。
ダマテンとヤミテン
ダマテンヤミテンの解説と、相手のダマテンのサインを見抜く方法です。
現物待ち
相手が捨てている牌で待つ事を現物待ちといいます。油断した相手に刺さる戦法です。
手出し・ツモ切り・空切り
手出しツモ切りと空切りの違いと、意味や練習方法を解説。
多面張のコツと考え方
平和にも使える多面張から、清一色混一色でしか見ないような多面張まで紹介。判断の仕方も紹介してます。
役牌バックを見抜く方法
後付けのルール解説とともに、役牌バックを狙っている人の見抜き方を紹介。
タイトルとURLをコピーしました