戦術、対局中の考え方

【麻雀で勝つための思考】逆転するための考え方【初心者・中級者向け】

逆転計算の考え方紹介戦術、対局中の考え方
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

麻雀はロンと自摸の二種類があり、それぞれ移動する点棒の量が大方決まっています。

それらは終盤になればなるほど重要になり、オーラスなんかはその条件を把握して手を進行する必要があります。

今回はそれらの逆転出来る点数、考え方を紹介していきます。

スポンサーリンク

前提

まず、麻雀の点数計算が出来なければこのページを100%理解したとは言えません。

点数計算に自身が無い方は以下を見て復習しておいてください。

【麻雀のやり方】アガリの宣言と点数計算の解説
麻雀のルールを覚える上で壁となりうる、点数計算。このページでは点数計算の仕組みを解説・その上で、覚えるべき点数だけを紹介。点数計算を覚えるコツも解説しています!
スポンサーリンク

点差計算の考え方

まずは逆転するための点差を考えましょう。

自分が二着目で25000点持ち、トップ目35000点持ちと10000点差ある状況を考えます。

残りの局数によって手進行が変わるのは言うまでもありませんが、今回はオーラスでの考え方のみを紹介します。

ロン上がりでの考え方

まず10000点なので、子なら満貫ロン上がりの8000点を他の人から上がった場合は届かないことは明白です。

ロン上がりは直撃or点差をカバー出来るだけの高打点が必要なため、直撃できないケースの事を想定して大きく狙うのも一つの手です。

直撃の場合は点差の半分より100点でも多ければいいため、この場合は5200点直撃でいいことになります。トップ目の持ち点が35000、自分が25000の場合はトップ目が-5200で29800、自分が+5200で30200となり逆転できます。

直撃できない場合は単純に跳ね満が必要なため、12000点必要なこともわかります。

ツモ上がりでの考え方

次に自摸上がりの場合、いくつかパターンが分かれます。

トップ目が親のパターン

まずトップ目が親の場合。親は自摸の点数の半分を払うことになるため、条件がわりかし緩くなります。

今回の例ではトップ目の親が35000、自分と10000点差あります。この場合はまず4翻20符の1300/2600点あたりを計算し、逆転出来るかどうかを考えます。これは平和自摸を含めた4翻なのでドラ二枚だったり立直裏1だったりで可能なラインです。

計算してみると、親は-2600点 自分は合計5200点の加点なので親との点差はトータルで7800点になります。10000点差なので、これでは足りない事がわかりました。

ではもう一つ上の、5翻=満貫を考えると親は-4000・自分は+8000のトータルで12000点差を縮める事ができるため、マンツモなら逆転できる事がわかります。

なのでどこからでも上がって逆転を目指す場合はロンなら跳ね満、自摸なら満貫という条件になります。限定的に、直撃5200(3翻40符)もありますが、逆転の可能性を広げるのであれば直撃狙いの見逃しだったりツモに賭けるフリテン立直だったり、現在の着順を確定させるだけの安い手で上がることもあります。

トップ目が子のパターン

今度はトップ目が子の場合の考え方です。

トップ目が親だった時とは違い、動く点差はそこまで大きくありません。

子同士で10000点差を縮める場合、1300/2600だとトップ目が-1300・自分が合計+5200の加点となり、トータルで6500点差しか縮める事ができません。

相手が親の場合、これで縮まるのは7800点差ですが子になると一気に下がるのがお分かりだと思います。

満貫自摸の場合、トップ目は-2000・自分が+8000でちょうど10000点をプラマイ0にできます。この場合、ゲーム開始時の座り順によって順位が決まるため、トップ目よりもツモ番が早ければトップ、トップ目よりもツモ番が遅かったら二着になります。

この他、連荘中で300点が浮いてたり供託棒が置いてある状況なら確実なトップを取る事ができますが、こう言うシーンは無いとは言えません。注意しておきましょう!

スポンサーリンク

連荘や供託棒による変動

麻雀は上がりの点数だけが全てではなく、他の人が立直で出して流局して保留になっている供託棒だったり、連荘によって発生した300点の場棒だったりが影響してきます。

この場合はちょっと条件が全体的にゆるくなります。

例えば自分が三着目で子の20000点持ち、二着目が24000点持ちのオーラスの局面。トップ目とは点棒が絶望的に離れていると仮定して、確実に取れそうな二着を目標にします。

場に連荘の300点が置いてある場合は直撃で2翻30符の2000点でトップ目が-2300・自分が+2300となりトータルで4600点の差が縮まり、逆転できます。

供託棒の場合はちょっと変わって、直撃1翻30符の1000点だとトップ目が-1000・自分が+2000のトータル3000点の変動となり、逆転には至りません。

自摸の300点ありの場合を考えます。トップ目が子と仮定して、自分が2翻30符の500/1000を上ったとします。

相手は-600・自分は+2300のトータル2900点差となり、逆転出来ません。自摸なら3翻30符必要と言う事がわかります。

次は自摸の供託棒ありの場合を考えます。これも上記と同様にトップ目が子で2翻30符自摸の場合。

トップ目は-500・自分は+3000のトータル3500点変動となり、これまた逆転出来ません。

点差が拮抗している場合はこれらのポイントが重要になってきますが、ある程度離れている場合はそこまで重要ではなく、手の形や打点の方が重要になってきます。

更には途中で立直が入って点差が変動することもあるため、常に考えて最善の選択をする必要があります!

スポンサーリンク

まとめ

麻雀の醍醐味である逆転の要素に重点を置いて解説しました。

点棒移動計算はまず点数計算が出来なければ間違って逆転できませんでしたーなんてことになりかねないため、まずは点数計算をマスターしましょう!

その上で、自分の手で望める点数・場に出ている点棒・逆転するために必要な点差を常に考えて打つと、自然とこれらは細かい計算をせずとも必要な点数と手を導き出す事が出来ます。

関連リンク

各プレイヤーの風や親・子の考え方については以下を

【麻雀で勝つための思考】子と親の戦い方の違い【初心者・中級者向け】
麻雀には常に親と子が存在し、それぞれある程度役目があるのをご存知でしょうか。それらは常に自分が行い、他のプレイヤーにもされる行為です。それらを知っておくことで、対局を有利に進める事ができる場面も存在します!

点棒状況による各プレイヤーの打ち方の変化については以下を

【麻雀で勝つための思考】点棒状況と取る行動の変化【初心者・中級者向け】
自分の持ち点によって打ち方や考え方を変えていますか?変えなければ、麻雀で安定した好成績を出すことはできません。その考え方などを各状況別に解説しています。

それぞれご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました