戦術、対局中の考え方

【麻雀で勝つための思考】点棒状況と取る行動の変化【初心者・中級者向け】

点棒状況で取る行動は変化すべき戦術、対局中の考え方
この記事は約7分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

麻雀は最後まで分からないってのが一番合うゲーム。

序盤は圧倒的にリードしていても、中盤で大きな手に放銃してじりじりと点数を削られて最後にはラスでしたーなんて展開もザラ。

4000点のラス目がオーラスの親番だけで30000点以上稼いでトップ終局なんてことは自分のスタイルではよくある話。

そんなコロコロ変わる順位ですが、自分の今の順位(暫定順位)によるやるべき事とかをまとめてみようと思います。

序盤は大体東一局から東三局までを指します。

中盤は東四局から南二局までを指します。

終盤は南三局、オーラスを指します。

なお半荘ベースで書いていますが、東風プレイヤーは単純に全てが終盤の意識を持つと良いかもしれません。

トップ目

序盤はガンガン点棒を稼いぐ。守備に回って自摸被害を受けても十分耐えれるだけの点棒を稼いでおくのが理想。

中盤

基本的には序盤と変わらず加点していくスタイル。相手の副露や立直には警戒し、ちょっと守備よりにしていくことも多くなりますが、点差が縮まっている場合は攻めを、点差が広がっている場合は守りを意識します。

終盤

ここまできたら後は逃げ切る事を考えましょう。普段は安い手で上がらないプレイヤーもクイタンのみだったり、役牌のみでも積極的に鳴いてく事が多くなると思います。点差が縮まっているとは言え、相手の上がりを潰す事自体に大きな意味があります。ここは守り2攻め8でも十分お釣りがくる事が多いです。

でも相手の早い立直とかには十分警戒し、ここは勝負できないと思ったら潔くメンツをぶち壊してでも流局まで持っていく意思を見せつけましょう!

流局を狙う場合、二着目との点差が4000点未満だったら自分も聴牌しないとわりかしまずい状況になります。

一人ノーテンだと3000点払うことにより、二着目との点差が4000点縮まります。そのためオーラスなどで流局を目指す場合は4100点以上ある場合は一人ノーテンでも順位は変わりません。

ちなみに二人ノーテンだと3000点差縮まり、三人ノーテンだと2000点の縮小で抑えられます。覚えておきましょう!

二着目、三着目

この二つは基本的には同じような打ち方になりがちで、常に上下を意識しなくてはなりません。

そのためトップ目よりも考えることは多くなりがちですが、そこが麻雀の面白いところだったりします。うまくゲームメイクをして、自分の有利な状況に持っていく事ができたら終盤に取れる選択肢が多くなります。

序盤

トップ目との点差、自分より下のプレイヤーとの点差を意識して、自分の手牌と相談して勝負するかしないかを考えます。

例えば自分が二着目、三着目から立直がきたとします。自分の手牌が満貫の良形一向聴であれば押してもいいですし、愚形二千点しか望めないような手なら降ります。

我慢が続く局面が多くなりがちですが、放銃したらラス抜け争いに落とされかねません。慎重にいきたいところですが、序盤ならまだ取り返すチャンスは多いです。例え攻めた結果に放銃したとしても、倍以上取り返すつもりで気を取り直していくのが大事です。

中盤

ここから順位争いが激しくなってきます。それゆえに、一つの選択で大きく変わることもあります。

点差がそこまで広く無い局面で、手の入り方によってはトップまで見える手なら迷わず攻めますが、そうで無い場合は様子見しながらって局面になりがちです。

序盤とは違って取り返すチャンスがそこまで残されていないため、放銃してラスに落とされると一番辛い場面です。慎重に選択しましょう。

終盤

ここまできたら点棒状況を考え、自分に親番があるか無いかで大きく変わります。

親番が残っている場合は自分が三着目でもチャンスは他の人より多く残っていると考えて良いです。連荘を狙って逆転するための下準備として、先制立直などができる場面では積極的に攻めていきましょう。

逆に攻められた場合でも、読みによってある程度の放銃を回避しつつ流局狙いでうまく聴牌料を取れてば問題無し、取れなくてもまぁいいかなぐらいに考えるのがベスト。

自分が三着目の場合、いきなりトップを狙うよりも一つ上の着順を狙いにいくのがベストで、トップ目と5000点差、二着目と2000点差なら迷わずクイタンドラ1でもアガリにいきます。二着目に軽い手で局を消化されるよりも、ある程度負荷を与えていったりオーラスで逃げ切るにはこれがベストだったりします。

親番がなければ、二着目・三着目ともに一つ上の着順を狙えるなら狙いましょう。狙うのが難しい点差の場合はラス抜けさえしていればいいやぐらいの気持ちで諦めるのもよし。

大事なのはラス目のプレイヤーと勝負した結果放銃→自分がラス終局って終わり方をしないことです。

ラス目

ラス目のプレイヤーは上がりに必死になりがちで、立直ばかりを重要視するように思える打ち方をする人が結構多く見えます。

実際は鳴きで満貫以上となるとそこまで頻度は多く無いので、裏ドラ期待で立直戦法を取るのは間違っていませんが、メンホンとかバレバレの手で立直してもまず上がれません。

ラス目は局消化というよりも加点してマイナスを縮めていくのがゲームを通しての目標となります。

序盤

序盤でラスとはいっても一回放銃か、運悪く二回放銃した程度。ここでの失点はまだ取り返すチャンスが多く残されているので、あまり気負いせずに自分のスタイルで打っていくのがベスト。

鳴き攻めスタイルなら普段どおり自分の打ち方を信じれば良いし、自分みたいに手牌によって戦い方を変えたりする場合はそれを信じればいいです。

中盤

中盤でラス目になったり序盤からずっとラス目だったり色々ありますが、ラス目のやることは一つです。失点せずに上がりましょう。

点差がそこまで大きく無い場合は守備に徹してチャンスを伺ってもいいですが、点差が広がっている場合は無理してでも立直宣言しましょう。こう言うときは放銃しやすいし、仮に安い放銃でも結構ダメージがでかいように感じますが、まだ取り返せます。

ラス目はとにかく終盤に向けて点差を縮める事が大事になってくるので、とりあえず攻める精神がちょうど良いぐらいです。

それに他のプレイヤーはラス目に直接放銃して逆転される事を嫌うため、ラス目の立直やバレバレの染め手副露には勝負してきません。聴牌料だけでもコツコツ拾っていきましょう。

終盤

ここまできたら三着目を狙って考える事がいくつかあります。

まずは自分の手牌。この手が仮に欲しいところが全て埋まった場合の点数はいくつか、それで三着目との点差をどれだけ縮める事ができるのか。これ結構重要です。

自分が攻める意思を見せなければ他はやりたい放題に副露などで局消化してくるため、まず自分が攻める意思を持ちましょう。

仮に放銃したとしてもラス目はラス目で失うものは何も無いので、飛んだら仕方ないぐらいの意識でガンガン攻めるのが大事です。

よくラス目で飛びたく無いからという理由で攻めないプレイヤーを見かけますが、その人の打ち方や経験から来るものなんでしょうけどラス目は何をしてもしなくてもラス目です。攻めなければ点棒は増えません。

攻めなくても良い局面と言えば三着目との点棒差がほんのわずかで、流局時の聴牌ノーテンで変わる場面ぐらいです。

後はかなり人任せになりますが、他人に三着目を落としてもらって自分がたなぼた三着目をもらうパターン。これは現実味が無いのでオススメはしませんが、三着目が攻めている場合はレアケースながらもこれが狙える場合もあります。

まとめ

持ち点とゲームの残り局数によってプレイヤーが取る行動が変わるのがお分かりいただけたでしょうか。

普段打っていると初級者が多い卓と、麻雀ファイトクラブの真龍&MJの強者以上とでとってくる行動に大きな違いが見受けられます。

最初はどうしても無謀な攻めなのか降りるべき場面なのか判断が難しいと思いますが、上記を意識して数こなしていけば自然と自分にあった降りか攻めの判断ができるようになってきます。

関連リンク

子と親の打ち方の違いについては以下を

【麻雀で勝つための思考】子と親の戦い方の違い【初心者・中級者向け】
麻雀には常に親と子が存在し、それぞれある程度役目があるのをご存知でしょうか。それらは常に自分が行い、他のプレイヤーにもされる行為です。それらを知っておくことで、対局を有利に進める事ができる場面も存在します!

上がり点数による逆転計算については以下を

https://irilyuu.com/mahjong/mahjong-tactics/tennbou-idou-keisann/

それぞれごらんください。

タイトルとURLをコピーしました