ルール解説

【麻雀の役】一気通貫(イッキツウカン)の初心者向け解説

2翻、一気通貫の解説ルール解説
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページの目的など

麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します

形がキレイなことと、翻数が高いことから自分は好きな役の一つです

平和・立直などとも相性が良いことも高評価

そんな一気通貫好きが解説します

一気通貫

役の概要
翻数2
副露可能(食い下がりアリ)
複合しない役
タンヤオ・チャンタ・三色同順・七対子など

 条件

一種類の数字で1から9までをすべて揃えることで成立する役

9/13以外の残りの4枚は好きな形で問題ありません 大事なのは1から9まで揃っていることです

この役は副露して作ることも可能で、鳴いて作った場合は2翻から1翻に下がります

一気通貫のメリット/デメリット

メリット

赤ドラを組み込める

これはタンヤオや平和にも共通することですが、赤ドラを有効活用出来ます

これはチャンタでは出来ないことで、これだけでも価値はあります

平和・立直などと相性が良い

平和も立直も門前役として有名ですが、一気通貫もここに加えることが出来ます

例えば以下

123 456 789 四四 ⑥⑦

この形の待ちは⑤と⑧ですが、この牌姿は平和と一気通貫が複合します

更に立直もかけていればその分の打点向上も狙えるため、打点を意識するならこのあたりの役のことは覚えておきましょう

混一色・清一色と組み合わせるとより高打点

一種類の数字の1から9を集めるだけにとどまらず、通称一色手と呼ばれる混一色や清一色との相性もかなりいいです

仮に混一色の場合は字牌が防御の役割も兼ねますし、清一色であれば鳴いても打点十分となります

デメリット

一種類だけ捨て牌に無いことが多い

一種類の1から9まで集めることにより、相対的に自分の捨て牌は他の二色で埋まっていることが多いです

染め手と併用した場合、更に絞られてきます

高めと安め

テンパイ系が以下の様になった場合、高めと安めが出ることになります

23 456 789 四四 ⑤⑥⑦ 待ち14

この牌姿の場合、1なら一気通貫ですが、4なら平和止まりとなります

これらの分岐はしばしば発生します

鳴くと超安い

鳴いて作る鳴きイッツーは食い下がりで1翻になるため、クイタンなどと同じレベルになります

あまり積極的に仕掛けるような役ではありません

その他の役一覧リンク

【麻雀の役】1翻一覧【初心者向け】
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 役の解説 麻雀にはアガリの形と、アガリ役の二つが必要と、超ざっくり解説で...
【麻雀の役】2翻一覧【初心者向け】
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 麻雀でよく出る2翻役の解説となります 基本はメンピンだっていう人...
【麻雀の役】3翻と6翻一覧【初心者向け】
このページの目的など麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 麻雀の役ですが、4が無くて3と6は総数が少ないです。 そのため、こ...
麻雀の役満と特殊な役一覧【初心者向け】
役満の種類や条件など、一般的に採用されているモノを徹底解説。他、流し満貫や人和などの変わった役も紹介!
タイトルとURLをコピーしました