ルール解説

【麻雀の役】清一色(チンイーソー)の初心者向け解説

6翻、清一色の解説ルール解説
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページの目的など

麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します

染め手の代表格の混一色の進化版の清一色についての解説です

鳴いて作れるお手軽満貫なので、打点系雀士も狙えるときは狙いますってぐらい重要な役です

清一色

役の概要
翻数6
副露可能(食い下がりアリ)
複合しない役
三色系・役牌

 条件

一種類の数字のみで手牌を全て染める

これだけです

清一色の牌姿

上がりの形はこんな感じで、全部同じ種類の数字で染めることで完成する役です

清一色のメリット/デメリット

メリット

打点が高い

門前だと6翻で跳満、鳴いて作ると1翻下がって5翻の満貫となります

役一つだけで翻数が4以上あるのは清一色だけなので、この役は打点が欲しい時に狙う役の候補として挙がります

複合多面張が更に広がる

混一色でも書きましたが、複合多面張になりやすい染め手が更に広がります

染め手の最上役である九連宝燈っていう役満は、純正だと1から9まで全て当たり牌になるレベル

流石にそこまで行かずとも、1から8まで全部当たりですみたいな牌姿も普通に有り得ます

複合多面張の分離のコツなんかは以下をどうぞ

【麻雀初心者向け】多面張の待ち判断・手の進め方のコツを紹介
染め手をする上で必修科目ともなりえる複合多面張についての解説です単純に多面張とも言いますが、ここでのメインは複合したパターンの方ですよく出る形まずはよく出る形からシンプルなものが中心です三面張これは染め手でなくても狙える三面...

デメリット

バレやすい

捨て牌から一色だけ無い事が特徴になり、そのせいで清一色やってるって一発でバレます

混一色同様に、序盤の捨て牌からも染めに行ってるのかな?なんて勘付かれる事も多々あるため、絞られるときはガンガンに絞られます

複合多面張にならないとメリットが薄れる

これは完全に個人のアレなのですが、染め手といえば複合多面張ありきです

変なペンチャンだとかカンチャンの染め手は染め手の優秀な点を潰していることになるため、なるべく悪い待ちにならないように進めていきましょう

その他の役一覧リンク

【麻雀の役】1翻一覧【初心者向け】
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 役の解説 麻雀にはアガリの形と、アガリ役の二つが必要と、超ざっくり解説で...
【麻雀の役】2翻一覧【初心者向け】
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 麻雀でよく出る2翻役の解説となります 基本はメンピンだっていう人...
【麻雀の役】3翻と6翻一覧【初心者向け】
このページの目的など麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します 麻雀の役ですが、4が無くて3と6は総数が少ないです。 そのため、こ...
麻雀の役満と特殊な役一覧【初心者向け】
役満の種類や条件など、一般的に採用されているモノを徹底解説。他、流し満貫や人和などの変わった役も紹介!
タイトルとURLをコピーしました