Windows

【自作PC】マザーボードの選び方と絶対に回避すべきミス

マザーボードの選び方とミスWindows
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

マザーボードとは

マザーボードとは、PCパーツをすべて集約するために必要な基盤のこと

これがないとパーツを使うことは不可能

こんな方にオススメ

マザーボードの種類が知りたい
ケースにあう規格がわからない
オススメのマザーボードが知りたい

マザーボードの種類

ここでいう種類とは、CPUに合わせた選び方になります

CPUについてはこちらのページを参考にしてください

CPUは主に二種類あり、インテルかAMDかで選ぶマザーボードが変わってきます

それはCPUごとにソケットの形状が違うためです

例えばインテルであれば、FCLGA1200ですが、AMDの場合はAM4になります

このソケットを間違えると、CPUはマザーボードに装着出来ません

そうならないためにも、購入時はソケット形状をちゃんと確認するようにしましょう

マザーボードの各パーツ名称

マザーボードは一枚のでかい基盤なんですが、それぞれパーツ名がちゃんとあります

チップセット

マザーボードに備わっている、サウンド・USB・グラフィック・ネットワークなどのパーツが該当する

グラフィックは画面に出力するレベルなので、過信は禁物

ゲームをするんであればグラフィックボードは必須

USBはほとんどがバックパネル方面なので、前面に欲しいって方はUSBチップセットを別で購入する必要が出るケースもあります

CPUソケット

上記の通り、ソケット形状だけは注意しましょう

メモリソケット

メモリも一応形状による仕様があります

規格違いのメモリを買うと使えません

メモリについてはこちらをどうぞ

バッテリー

マザーボードにはBIOSという独自のソフトが入っています

これでマザーボード自体の設定を変更するわけですが、そのBIOSの設定情報を保持しておくのがこのバッテリーの役割

時計を動かすのにも使われています

ATX電源コネクタ

ATXについては後半で解説します

電源ユニット自体についてはこちらをどうぞ

スピーカー

PC起動時のビープ音を鳴らすのが主な役割

PCI関連

グラフィックボードを始めとした、PCIスロットに接続して拡張するための部分

通常のPCIとPCI Expressの二種類があり、グラフィックボードはPCI Expressを使う

マザーボードの規格

ここからはマザーボードの大きさを表す、規格について解説

ATX

現在流通しているのはこれが一般的

いろんな種類があり、小型化したMicroATXや、Microを更に小型化したFlexなどがある

BTOなどで5万~8万ぐらいで買うPCはほとんどがMicro

マザーボードの大きさによる違いは、主にPCIスロットの数が影響してきます 通常のATXが基準で、サイズが小さくなるにつれてPCIスロットの数が減っていきます

これは拡張パーツを使う際にありがちなんですが、パーツ同時がぶつかって装着出来ないなんてことにもなりかねません

余裕があれば、大きさのATXを選んでおきましょう

オススメマザーボード

ここからはオススメのマザーボードを紹介

先頭でも書いたように、CPUによって選び方が変わると書きましたのでそのように書きます

インテル製CPU向き

インテル製の10世代シリーズに対応した最新マザーボードが以下です

こんな方にオススメ

MicroATXサイズが欲しい
インテル10世代に対応したボードが欲しい
M.2が欲しい
新しいボードが欲しい

AMD製CPU向き

AMD製のRyzenシリーズを使う際にオススメのマザーボード

こんな方にオススメ

M.2ソケットがあるやつが欲しい
MicroATXサイズが欲しい
USB-Cは欲しい
レビュー評価が高いものが良い

お値段はしますが、それでも高評価かつ安心のASRock製ということもあり、売れに売れているボードの一つ

ATX規格

AMD製CPUかつ、ATXサイズが欲しい方は以下がオススメです

ASUS製 ATXマザーボード TUF GAMING B550-PLUS SocketAM4
エクセラー3号館 楽天市場店
¥ 18,093(2021/05/21 15:50時点)

こんな方にオススメ

上のB550のATXサイズが欲しい
PCIスロットたくさん欲しい
M.2は使いたい

発売時期はB5502つとも同じような時期です

ケースによって選びましょう

CPUと一緒に販売されているものが安心

ショッピングサイトによっては、CPUと一緒にマザーボードが販売されていることもあります

販売会社が対応するものを選んでいるため、安心出来ます

インテルCPU

こちらはMicroATX規格のボード+10世代のインテルi9CPUとのセット販売

リンク先のパソコン工房さんでは、他のi7やi5などの目的別のCPU+ボードもあります

MADCPU

[パーツセット] AMD Ryzen 7 3700X BOX + MSI MPG X570 GAMING PLUS セット
パソコン工房 楽天市場店
¥ 66,457(2021/05/22 06:06時点)

こちらも同じく、リンク先のパソコン工房さんでRyzen5や3などのCPU+ボードを選ぶことが出来ます

その他のパーツのこと

その他のパーツの事はこちらをご覧ください

タイトルとURLをコピーしました