遊戯王

【遊戯王】海皇の竜騎隊の使い方と相性の良いカード

海皇の竜騎隊遊戯王
この記事は約8分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

タグ: , , , ,

スポンサーリンク

海皇の竜騎隊

効果モンスター
レベル/ランク4水属性海竜族
攻撃力1800守備力0
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分のレベル3以下の海竜族モンスターは直接攻撃できる。
②:このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動する。デッキから「海皇の竜騎隊」以外の海竜族モンスター1体を手札に加える。

効果解説

①の効果
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分のレベル3以下の海竜族モンスターは直接攻撃できる。
海皇の竜騎隊のフィールドでの効果は少々弱く、レベル3以下の海竜族と幅がかなり限定されています。これは海皇の狙撃兵との併用が前提と言っても良いレベルで、海皇の狙撃兵の効果でデッキから別の海皇を出して再びダイレクトアタックをして削っていこうみたいな感じですね。
とは言え相手の壁モンスターを気にせず攻撃できる様になるという点では奇襲としてかなり面白かったりします。
伝説の都 アトランティスを使えば自分のレベルも下がって3になるので、ダイレクトアタックができる様になります。海として扱うフィールド魔法なので、海関係のモンスターに混ぜてみるのも面白いかもしれませんね。
②の効果
②:このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動する。デッキから「海皇の竜騎隊」以外の海竜族モンスター1体を手札に加える。
このカードがよく使われるのはこっちの効果ですね。水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合というのは、エクシーズ素材として取り除いた場合でもOKですし、海皇子 ネプトアビスや深海のミンストレルなどの手札・デッキからでも、コストとして墓地へ送られた場合は効果が使えます。
これを判別するには、「手札を1枚捨てて発動できる。」みたいに、発動できるって書かれている場合はコストとして捨てます。逆に「手札を1枚捨てて、自分の墓地のモンスターを1体選んで自分フィールド常に特殊召喚する」みたいな発動するというワードが無い場合、コストとして捨てることにはならないので注意しましょう。例えば鬼ガエルは「手札からこのカード以外の水属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。」と書かれています。この場合は発動できるというワードが無いため、コストにはならずにただ単に墓地へ捨てるだけとなります。この場合は使えません。
サーチできる海竜族はかなり幅が広く、色々とサーチできます。これは相性の良いカードのところで紹介します。

相性の良いカード

海皇
まずは海皇からいくつか紹介します。

海皇子 ネプトアビス
起動効果でデッキから海皇を墓地へ送り、海皇カードを手札に加える効果で海皇の竜騎隊を使うとまず海皇カードと海竜族カードの合計2枚をサーチできます。
海皇の狙撃兵
上の①の効果解説でも書きましたが、ダイレクトアタックから別の海皇を呼べる海皇の狙撃兵は相性抜群です。
真海皇トライドン
自分フィールドのこのカードと海竜族を1体リリースすることで、手札・デッキから海皇龍ポセイドラを特殊召喚できます。この時もちろん海皇の竜騎隊の効果が使えます。肝心の海皇龍ポセイドラの方は「レベル3以下の水属性3体をリリース」なので、レベル4の海皇の竜騎隊は使う事ができません。
深海
深海も相性の良いカードがちらほら存在します。

深海のミンストレル
相手の手札を確認して1枚をエンドフェイズまで除外する効果で海皇の竜騎隊を使うと、相手の手札妨害を避けつつ深海のディーヴァのサーチとかができます。
深海のコレペティ
自分・相手ターンに手札のレベル4以下モンスターを捨てることで攻撃力を上げる効果で海皇の竜騎隊を使うとサーチ効果が使えます。
深海のアーチザン
これは深海のセントリー、深海のミンストレルにも共通することなのですが特殊召喚成功時のデッキトップをx枚墓地へ送って墓地のモンスターを対象にする効果で、x枚の中に海皇が居た場合、海皇の効果を使う事ができます。
水精鱗
水精鱗も相性が良いカードが存在します。

水精鱗-メガロアビス
手札の水属性を2枚捨てることで手札から特殊召喚できる効果を持っていて、この時に海皇の竜騎隊を使うとサーチで手札消費を抑える事ができます。
他の水精鱗-リードアビスなども同じ事が言えます。特に水精鱗-ディニクアビスは1枚で良いのと水精鱗-ディニクアビス自体に水精鱗をサーチする効果があるので消費無しになったりします。
レベル4
水精鱗-アビスパイク、水精鱗-アビスタージ、水精鱗-アビスノーズの3体は手札コストと引き換えにデッキや墓地から回収する効果を持っています。水精鱗-アビスパイクのみレベル3と限定されていますが、水精鱗-アビスタージはレベル3以下となっています。水精鱗-アビスノーズは戦闘破壊したらデッキから水精鱗を特殊召喚となっています。
水精鱗-サラキアビス
②と③の効果でそれぞれ手札やデッキから水属性モンスターを墓地へ送って発動する効果がありますが、どちらでも使えます。ちなみに海皇の竜騎隊をはじめ、海皇モンスターは海皇子 ネプトアビスを除いて1ターンに1度は無いので2回連続で使うことも狙えます。
アビス
アビス・ソルジャー、アビス・ウォリアーの2体ですね。どちらも手札を捨てることでそれぞれの効果を使う事ができます。縮退回路と合わせて使う際に。
氷水
氷水のアクティ氷水のティノーラが手札から水属性を捨てることで使える効果を持っています。
氷結界
氷結界モンスターも一部が手札コストを必要とします。

氷結界の照魔師
手札を1枚捨てることでデッキから氷結界チューナーを特殊召喚しますが、海皇を捨てればそちらの効果も使えます。
氷結界の龍 グングニール
手札を2枚まで捨てることで、相手のカードを捨てた枚数だけ破壊できます。
氷結界の龍 ブリューナク
手札を任意の枚数捨てることで、相手のカードを捨てた枚数だけ手札に戻す事ができます。
ランク4
エクシーズ素材を取り除く時にも効果が使えるので、海皇で唯一のレベル4である海皇の竜騎隊はエクシーズ素材としても重宝します。

バハムート・シャーク
水属性ランク4といえばまずはこれが思い浮かぶでしょう。餅カエル出しながら海竜族サーチしましょう。
深淵に潜む者
水属性を素材としていればステータス強化がありながら、相手ターンにも効果が使える墓地封じなので強いですね。
No.32 海咬龍シャーク・ドレイク
戦闘破壊で相手モンスターの攻撃力を1000下げた状態で特殊召喚。この時に海皇を取り除いてサーチしましょう。
No.101 S・H・Ark Knight
素材2つを取り除いて相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを素材とする効果で一気に2枚サーチも夢じゃ無い。
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
ドローしつつ海竜族サーチとかもできます。No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロの効果が先に処理され、その後に海皇の竜騎隊が強制発動します。
海造賊
海造賊-青髭の海技士海造賊-金髪の訓練生は捨てる手札の種類が限定されておらず、海皇をコストにすることもできます。
海晶乙女
海晶乙女も一部が手札の水属性と指定しているので、それらを紹介します。ただし他の海晶乙女カードを採用しなければならないことには注意してください。

海晶乙女グレート・バブル・リーフ
手札の水属性を1枚捨てることで除外されている自分の海晶乙女モンスターを特殊召喚できます。基本的には海晶乙女グレート・バブル・リーフのスタンバイフェイズのドロー効果で海晶乙女コーラルアネモネを除外し、次の自分ターンに海晶乙女コーラルアネモネを呼び戻す時に使います。
海晶乙女コーラルトライアングル
手札から水属性モンスターを捨てて、デッキから海晶乙女罠をサーチできます。海晶乙女波動をサーチしてもいいですね。
城塞クジラ
自分フィールド上の水属性モンスター2体をリリースして手札・墓地から特殊召喚できる効果を持っていて、この時に海皇を使えばそれらの効果を使う事ができます。潜海奇襲をセットできます。
ジェネクス・ウンディーネ
デッキから墓地へ送る事で効果が使えますが、コントローラーをデッキに入れなければならないという苦痛
サーチしたい海竜族
ここからはサーチしたい海竜族を紹介していきます。

彩宝龍
デッキから手札に加わった場合、このカードを特殊召喚する事ができます。攻撃力0なのでピリ・レイスの地図でも特殊召喚できます。
深海のディーヴァ
深海のミンストレルで海皇の竜騎隊を捨てるのが最も安全かなと思います。
海竜-ダイダロス
レベル5以上サーチの氷結界(罠)やクリスタル・ガールなんかもいますが、海竜族なので引っ張ってこれます。進化後の海竜神-ネオダイダロスも引っ張ってこれます。海竜-ダイダロスの方は魚群探知機でサーチ可能ですが海竜神-ネオダイダロスはサーチできない様になっているのでうまく使いましょう。
氷霊神ムーラングレイス
墓地の水属性が5体ちょうどなら手札から特殊召喚し、相手の手札をランダムに2枚墓地へ捨てる効果を持っています。海竜族なので海皇の竜騎隊でサーチできます。

まだまだありそうですし今後も増えそうではあるので、手札コストを要求するカードが出たらこのカードを思い浮かべてみてください。海皇や海竜族で幅広く活躍するので入れておいて損はないですね。

スポンサーリンク

関連カード

タグ: , , , ,

タイトルとURLをコピーしました