遊戯王

【遊戯王】深海のディーヴァの展開一覧

深海のディーヴァの展開一覧遊戯王
この記事は約4分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページについて

このページでは深海のディーヴァの展開例を掲載しています。基本的にはディーヴァ1枚からのスタートを想定し、ディーヴァの可能性を追求していきます。

王道ハンデスルート

手札:深海のディーヴァ

  1. 深海のディーヴァ召喚、効果で海皇子ネプトアビスを特殊召喚
  2. 海皇子ネプトアビスの効果で海皇の龍騎隊を墓地へ送り、海皇モンスターを1体手札に加える
  3. 墓地の海皇の龍騎隊の効果で氷霊神ムーラングレイスを手札に加える
  4. 深海のディーヴァ+海皇子ネプトアビスでたつのこをシンクロ召喚
  5. たつのこ+手札の海皇モンスターでシンクロ召喚
  6. 氷霊神ムーラングレイスを特殊召喚

途中で手札に加える海皇モンスターは何でも良いです。たつのこで出すシンクロモンスターも、何でも良いです。白闘気海豚とか、氷結界の龍 グングニールとかなんでも良いです。

レベル8シンクロとハンデス

手札:深海のディーヴァ

  1. 深海のディーヴァ召喚、効果で黄紡鮄デュオニギスを特殊召喚
  2. 黄紡鮄デュオニギスの効果で相手のデッキトップを2枚除外し、更に深海のディーヴァのレベルを倍にする
  3. レベル4の深海のディーヴァ+黄紡鮄デュオニギスで深海姫プリマドーナをシンクロ召喚
  4. 深海姫プリマドーナの効果で相手の除外カードを1枚手札に戻し、デッキから海皇子ネプトアビスを特殊召喚
  5. 海皇子ネプトアビスの効果で海皇の龍騎隊を墓地へ送り、海皇モンスターを1体手札に加える
  6. 海皇の龍騎隊の効果で氷霊神ムーラングレイスを手札に加える
  7. 深海姫プリマドーナ+海皇子ネプトアビスでレベル8シンクロモンスターを特殊召喚
  8. 氷霊神ムーラングレイスを特殊召喚

深海姫プリマドーナの効果で1枚戻してから氷霊神ムーラングレイスで2枚墓地送りなので結果的に1枚しか削れていませんが、1つめの展開よりは盤面は強いです。出したいレベル8モンスターは以下。

白闘気白鯨
攻撃表示の相手モンスターの破壊、貫通、自己蘇生、2回攻撃のアタッカー
魔救の奇跡-ドラガイト
1ターンに1度だけ、魔法罠の発動を無効にして破壊

深海姫プリマドーナを素材としていることにより、これらのシンクロモンスターは相手モンスターの効果の対象にならない付加効果があります。

更にレベル8が2体並んでいるため、ランク8を出すことも出来ます。

魔海城アイガイオン
素材を一つ取り除いて相手のエクストラデッキを1枚ランダムに除外し、そのモンスターの攻撃力を得る
除外されている相手の融合・S・Xモンスター1体を対象とし、デッキに戻す。それと同じ種類の相手カードを破壊する
六花聖ティアドロップ
素材を取り除いてモンスターを1体リリース
モンスターがリリースされた場合、このカードの攻撃力を200アップ

No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツはレベル8が3体必要なので出すことは出来ません。そしてこれ以外の水ランク8が不在なので、上記のどっちかを出すことになります。

相剣大公-承影ルート

手札:深海のディーヴァ

  1. 深海のディーヴァ召喚、効果で海皇子ネプトアビスを特殊召喚
  2. 海皇子ネプトアビスの効果で海皇の龍騎隊を墓地へ送り、海皇モンスターを手札に加える
  3. 海皇の龍騎隊の効果でレベル7海竜族を手札に加える
  4. 深海のディーヴァ+海皇子ネプトアビスでたつのこをシンクロ召喚
  5. たつのこ+手札のレベル7で相剣大公-承影をシンクロ召喚

このルートは単純にぶん殴りたい時に使えるルートです。墓地に黄紡鮄デュオニギスが居れば除外して相剣大公-承影の除外を使うことが出来ます。

レベル7の海竜族をブライニグルにすれば、シンクロ素材として墓地へ行った時に自分の水属性モンスターの攻撃力を1000アップさせることが出来ます。つまり相剣大公-承影がいきなり攻撃力4000から殴りかかるというわけですね。

ベアルクティ-ポラリィ

手札:深海のディーヴァ

  1. 深海のディーヴァ召喚、黄紡鮄デュオニギスor海皇子ネプトアビスor深海のアーチザンを特殊召喚
  2. レベル差が1なので、ベアルクティ-ポラリィを特殊召喚

墓地にアーチザン以外のレベル4以下の水属性モンスターが居れば特殊召喚が可能です。

まとめ

深海のディーヴァ1枚から始める王道ルートはこんな感じですが、今後登場する海竜族次第ではさらなる展開も可能になります。なにか思いついたらまた更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました