遊戯王

【遊戯王】氷結界の虎将 ウェインの使い方と解説【氷結界】

氷結界の虎将 ウェイン遊戯王
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

氷結界(カテゴリ)レベル5戦士族
清冽エリア対応手札から特殊召喚サーチ効果
カードを除外
スポンサーリンク

氷結界の虎将 ウェイン

効果モンスター
レベル/ランク5水属性戦士族
攻撃力2100守備力400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「氷結界」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドから相手の墓地へ送られる魔法・罠カードは墓地へは行かず除外される。

効果解説

①は自身を特殊召喚する効果。相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドに氷結界モンスターが存在する2つの条件があります。先行でも無い限りは問題なく使える効果となっています。その上、氷結界の伝道師みたいなデメリットもなく非常に扱いやすい効果です。

②はこのカードが召喚や特殊召喚に成功した場合にデッキから氷結界の魔法罠を1枚手札に加える効果。これで引き込めるカードは後で紹介します。氷結界には展開に関連するカードやサーチカードが複数あり、その場の状況に応じて必要なものを引っ張ってこれるのが強い所。

③は完全にオマケみたいな効果です。このカードがモンスターゾーンに存在する限りなので、氷結界の守護陣みたいに他の氷結界モンスターを必要としません。ただしフィールドから相手の墓地へ送られる魔法罠に限定された除外効果なので、手札やデッキから墓地へ送られるものには適用されません。よくあるやつだとおろかな副葬ですね。

相性のいいカード

①は自分フィールドに何かしらの氷結界モンスターが存在していればいいので、墓地の氷結界の依巫効果でトークンを生成しても使えます。相手フィールドに何も居なければ使えませんが、後攻1ターン目でも安定して使えるのでその後のサーチに繋ぐことが出来ます。

②で引き込めるカードは以下。

氷結界の紋章
デッキから氷結界モンスターを1体手札に加える
氷結界の晶壁
1ターンに1度
自分の墓地のレベル4以下の氷結界モンスターを1体特殊召喚
氷結界に至る晴嵐
それぞれ1ターンに1度
①自分フィールドの氷結界モンスターを任意の枚数リリースし、デッキからレベル4以下の氷結界モンスターを特殊召喚
②墓地のこのカードを除外し、墓地か除外されている氷結界モンスターを手札に加える
②は墓地へ行ったターンには使えない
氷結界(罠)
相手モンスターが戦闘する時に効果無効と攻撃力0
1ターンに1度、墓地から除外してデッキのレベル5以上を墓地へ送ってから、墓地の水属性モンスターを1体回収
氷結界の三方陣
カード名が異なる3枚の氷結界モンスターを見せ、相手フィールドのカードを1枚破壊
その後、手札の氷結界モンスターを1体特殊召喚
氷結界の鏡
相手が発動したモンスター効果によって自分の手札。フィールドのカードが除外されるたびに効果が適用

一番使いやすいのは氷結界の晶壁氷結界の紋章氷結界に至る晴嵐ですね。これらはいずれも後続をサーチしたり特殊召喚したりと、かなり使い勝手が良いです。

氷結界の三方陣氷結界の鏡はあまり採用されている事は多くありませんが、そこそこ強力な効果を持っています。ちなみに上記の中で氷結界(罠)以外はすべてストラクチャーデッキに封入されているので、安価で揃えることが出来ます

氷結界の紋章で引き込むモンスターは基本的には同じような特殊召喚効果を持つ氷結界の依巫ですね。特殊召喚→氷結界の虎将 ウェインと氷結界の依巫リンク2の海晶乙女コーラルアネモネ→墓地の氷結界の依巫でトークン生成→海晶乙女コーラルアネモネの効果で墓地の何かしらを蘇生し、リンク4を誕生させることも出来ます。氷結界の紋章は1ターンに1度の制約が無いので、バンバン使っていきましょう。

氷結界に至る晴嵐で出したいモンスターは氷結界の軍師氷結界の破術師氷結界の守護陣氷結界の封魔団あたりですね。これらは手札入れ替えなり相手にロックをかけたりと、中々優秀なモンスター達です。展開を優先するなら氷結界の照魔師氷結界の伝道師を特殊召喚してさらなる展開も可能です。この2体は起動効果なのでどんな手段を使って呼び出したとしても使えるのが大きなメリット。

氷結界の晶壁はレベル4以下の氷結界専用死者蘇生みたいなもんです。かなり便利なカードで、氷結界の伝道師を経由することでレベル7だろうと蘇生出来ます。更には氷結界の伝道師にはレベル制限などがないため、氷結界シンクロモンスターも蘇生することが出来ます。なんて便利なんだ。そして永続効果で、自分フィールドに氷結界モンスターが3体以上存在する場合、相手のエクストラデッキから出てきたモンスターの効果を受けないというバリアを張ることが出来ます。

この氷結界の虎将 ウェイン自体も氷結界の伝道師氷結界の随身の効果で墓地からも手札からも出すことが出来、その時に②の効果を使うことが出来るため展開には欠かせない存在となっています。詳しくは氷結界の展開を参照してください。

③はこのカードがフィールドに存在すればそれでOKなので、この氷結界の虎将 ウェイン自体を守れるカードを並べてあげましょう。魔法罠による破壊を防ぐ氷結界の大僧正、魔法の発動を防ぐ氷結界の封魔団や1回に制限する氷結界の交霊師、攻撃をロックする氷結界の術士や氷結界の守護陣などですね。ただしこれらを一度に展開するのは結構難しいので、氷結界に至る晴嵐の効果で強引に並べるのも手です。自身でサーチ出来るので氷結界の晶壁の②の効果も当然使えます。

スポンサーリンク

まとめ

氷結界の虎将 ウェインは氷結界の展開を担う重要なカードであり、すべての氷結界を間接的に操ることが出来ます。レベル5ですが自身の効果・氷結界の伝道師氷結界の随身など、いくらでも特殊召喚出来るためかなり使い勝手は良いです。

引き込んだカードで後続を呼び、さらなる展開をするのが氷結界の基本的な動きとなります。ロックを目指すなり、氷結界の還零龍 トリシューラを目指すなりそれぞれ好きなようにしてみましょう。

関連

氷結界(カテゴリ)氷結界の展開
タイトルとURLをコピーしました