遊戯王

【遊戯王】極氷獣ポーラ・ペンギンの解説【ペンギンデッキ】

極氷獣ポーラ・ペンギン遊戯王
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

タグ: , , , , , , ,

スポンサーリンク

極氷獣ポーラ・ペンギン

効果モンスター/チューナー
レベル3水属性水族
攻撃力800守備力1000
このカードの①②は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動出来る。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
②フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

効果解説

極氷獣ポーラ・ペンギンは2つの効果を持ちますが、1ターンで発動出来るのはどちらか一つだけです。どちらもタイミングを逃さないので、安心して使用出来ます。

①は特殊召喚成功時に相手モンスターを1体バウンスする効果。大皇帝ペンギン/浮上/死者蘇生/リビングデッドの呼び声など、どこからでも特殊召喚に成功さえすればバウンス出来ます。

②は破壊された場合、相手フィールドのカードを1枚バウンスする効果。①との違いは相手依存になることと、バウンスの対象がモンスター以外にも使えるという所。

どちらの効果もバウンスなので、否定ペンギンが居れば除外に変換されます。ただし水晶機巧-ハリファイバーの効果で呼び出した場合は効果が使えないため、そこだけは注意しておきましょう。

ペンギンの中でリバースに関する効果を持たないモンスターであり、使い勝手は多少違いますがかなり扱いやすい事は間違いありません。

チューナーという強み

極氷獣ポーラ・ペンギンはチューナーなので、シンクロ召喚を行うことも出来ます。よく使うパターンは大皇帝ペンギン→極氷獣ポーラ・ペンギン+否定ペンギンのセットですね。ここからレベル6ペンギン勇者になり、ペンギン勇者の効果で否定ペンギンと裏守備ペンギンを用意するのが定番ルートです。

ペンギン勇士が手札にあればここから更に展開ができ、裏守備を即座に表に変更することでリバース効果も狙えます。ペンギン勇士チューナーですが、レベル5なので使い分けは可能です。とはいえペンギン勇士レベル3〜5までの変動チューナーなので、レベル差の使い分けはあまり大きな意味を持たなかったりします。

その他の展開は大皇帝ペンギンのページも参考にしてください。

スポンサーリンク

まとめ

大皇帝ペンギンから呼び出すカード筆頭であり、かなり強い効果を持っています。展開の幅も広がり、更にはバウンス(除外)も使えます。

他のペンギン関連は以下をどうぞ。

ペンギン(カテゴリ)

タイトルとURLをコピーしました