遊戯王

【遊戯王】大霊術-「一輪」の使い方と解説【霊使い】

大霊術遊戯王
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

この記事のタグ

霊使い/憑依装着/霊術フィールド魔法手札入れ替え

大霊術-「一輪」

フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分フィールドに守備力1500の魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動したモンスターの効果を無効にする。
②:自分メインフェイズに発動できる。手札の魔法使い族モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ属性で攻撃力1500/守備力200のモンスター1体をデッキから手札に加え、見せたカードをデッキに戻す。

効果解説

①は1ターンに1度、自分フィールドに守備力1500の魔法使い族モンスターが居る場合、相手が発動したモンスター効果を無効にする効果。発動出来るという表記ではなく、無効にするという表記なのでいわゆる強制効果です。つまり、相手がオトリとして無関係な効果を使ったとしても、それを止めなければなりません。そこがネックではありますが、相手に変な効果を使わせるという使い方で使用しておくのも悪くないと思います。

守備力1500の魔法使い族モンスターについては憑依解放のページで紹介しています。

②は1ターンに1度、自分メインフェイズのみ発動可能。手札の魔法使い族モンスター1体と、同じ属性の攻撃力1500/守備力200のモンスターを入れ替える効果。手札でダブついた霊使いなどをデッキに戻すことで、特定のモンスターを引っ張ってくることが出来ます。

これで引っ張ってこれるモンスターは一言で言えば使い魔たちですね。水霊使いエリアで言えばジゴバイトを引っ張ってくることが出来ます。ジゴバイトは自身を特殊召喚する効果を持っているため、エクシーズやリンクの素材として扱いやすいです。

相性のいいカード

フィールド魔法なのでサーチする手段は以前と比べるとかなり厳しくなりました。ドラゴニックDを始めとしたフィールド魔法の影響によってテラ・フォーミングが制限され、その代わりとなる盆回しやメタバースも制限となっています。

無制限カードを使用した代替手段としては、おろかな副葬で大霊術を墓地へ落として擬似空間を使用するという手もありますが、そもそも擬似空間自体もフィールド魔法なのであまり意味があるとは言えません。

水属性モンスターでいうとアーマード・ホワイトベアがいます。自分・相手含めてSモンスターが居る状態でこのカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のフィールド魔法を1枚手札に加えることが出来ます。種族的に②の効果をうまく使えるかどうかはデッキ次第ですが、墓地回収効果はSモンスターを使うデッキであればかなり便利だと思います。

終焉の地は相手がモンスターの特殊召喚に成功した時に発動でき、デッキからフィールド魔法を1枚発動することが出来ます。アーマード・ホワイトベアとは違って速攻魔法なので相手ターンにでも使うことが出来ます。成功した時というタイミングを逃す点には注意。

このカードを守る事を考えると、フィールドバリアがオススメです。相手のフィールド魔法の発動も防ぐことが出来、フィールド魔法を破壊することもできなくなります。

ポップルアップは相手がフィールド魔法を発動していて自分が発動していない場合、自分のデッキから発動することが出来ます。

惑星探査車というカードもありますが、地属性なのでここでは扱いません。

まとめ

フィールド魔法ゆえにサーチする手段が限られていますが、維持することが出来れば1度だけ効果無効が出来ます。そして手札入れ替えにより、リンクなりシンクロなりエクシーズなり色々と狙うことも出来ます。

入れ替えで引っ張ってこれるカードがだいたい使い魔で特殊召喚しやすいこともあり、憑依覚醒-ガギゴバイトへ繋ぐことも出来ます。

霊使い/憑依装着/霊術

タイトルとURLをコピーしました