遊戯王

【遊戯王】マリンセスサーキュレーションの解説と相性の良いカード

海晶乙女環流遊戯王
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

タグ: , ,

スポンサーリンク

海晶乙女環流

通常罠
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドの水属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、リンクマーカーの数が同じ「マリンセス」リンクモンスター1体をリンク召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。このターン、この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できず、戦闘では破壊されない。

効果解説

①の効果
自分フィールドの水属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、リンクマーカーの数が同じ「マリンセス」リンクモンスター1体をリンク召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。このターン、この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できず、戦闘では破壊されない。
この効果は簡単にいうと「自分の水属性リンクをEXデッキに戻して、同じ数の海晶乙女リンクモンスターをリンク召喚扱いとして出す」です。リンクモンスターの入れ替えを行うカードですが、使い道は限られていますが面白い使い方ができます。まず水属性リンクモンスターについてですが、リンクモンスターが多数いるのはマリンセスです。そして出せるモンスターはマリンセスリンクモンスターに限定されているので、マリンセスリンクを戻してマリンセスリンクを出すって使い方になります。海晶乙女は1から4までの各リンク数に2種以上存在するので、変更先には困らないと思います。
リンク召喚扱いなので、海晶乙女ブルースラッグ海晶乙女シーエンジェルなどの「リンク召喚に成功した時」なども問題なく使えます。このカード自体が罠なので相手ターンにサーチを行う目的でも使えますし、その他の使い方もできます。
そしてこの効果で出したモンスターは直接攻撃できず、戦闘で破壊されない効果が付与されます。相手ターンに出せば前者の直接攻撃出来ないは関係ありませんし、戦闘破壊されません。自分ターンに出した場合は直接攻撃出来ないデメリットだけが残る感じなので攻撃順序には注意しましょう。
その他
このカードはリンク3以上の海晶乙女モンスターがいる場合、手札から使う事もできます。1ターンに1度って書かれていないので、リンク1海晶乙女シーエンジェルに変更→海晶乙女シーエンジェル海晶乙女ブルースラッグに変更と使うことでそれぞれのサーチ効果を使う事もできたりします。
破壊対象に指定された時に変換を行うことで破壊から逃れる事もできます。さらには自分ターンのバトルフェイズに攻撃し終えたモンスターに対して使うことで、さらなる追撃を行う事もできます。ただし上でも書いたように、直接攻撃出来ないデメリットには注意しましょう。

相性の良いカード

海晶乙女
まずは海晶乙女から相性の良いカードを紹介します。

海晶乙女コーラルトライアングル
デッキから海晶乙女罠を1枚選んで手札に加える効果を持っています。ほとんどは海晶乙女波動のサーチに使われますが、すでに海晶乙女波動を複数持っているならば別のカードをサーチするのも良いでしょう。
海晶乙女マーブルド・ロック
起動効果で墓地から海晶乙女カードを1枚選んで手札に加えることができます。海晶乙女コーラルトライアングルと同じくリンク3なので、拾ってそのまま使うことができます。
海晶乙女グレート・バブル・リーフ
リンク4なので手札から使う条件をクリアできます。このカードを出しておいてスタンバイフェイズに効果で1ドローし、その後に海晶乙女環流を使って他のリンク4に変換するという使い方もできます。変換先を海晶乙女アクア・アルゴノートにしておけばEXゾーンに出す事で魔法罠を1回無効にするか、バウンスを使うことができます。
海晶乙女アクア・アルゴノート
リンク4なので手札から使う条件をクリアできます。このカードは主に自分ターンで変換します。相手ターンに魔法罠を無効にしつつ装備マリンセスを特殊召喚、自分ターンに海晶乙女環流で打点の海晶乙女グレート・バブル・リーフや更に特殊召喚出来る海晶乙女ワンダーハートを出して攻撃という使い方ができます。
海晶乙女ワンダーハート
モンスターとの戦闘時に1度だけ、自身に装備されている海晶乙女モンスターを1体特殊召喚する効果があります。これで出したモンスターはエンドフェイズに再び装備カードとなりますが、海晶乙女ワンダーハート自身、もしくは出したカードを海晶乙女環流で変更することで戻る効果を踏み倒せます。
海晶乙女潮流
相手モンスターを破壊した時の自分のリンクモンスターのリンク数*400ダメージを与える効果をはじめ、破壊した相手モンスターがリンクだった場合はリンク数*500ダメージを与えます。海晶乙女で戦闘に関して一番強いのは海晶乙女グレート・バブル・リーフです。最初に海晶乙女アクア・アルゴノートで魔法罠の封殺をしておいて、次の自分ターンには海晶乙女グレート・バブル・リーフに変換して海晶乙女潮流と合わせて一気にダメージを与えるっていう戦略も可能になります。
海晶乙女の闘海
EXゾーンに出す前提ですが、変換したマリンセスモンスターはリンク召喚扱いとして出すことになります。海晶乙女の闘海はEXゾーンにリンク召喚した時が条件なので、海晶乙女環流で問題なく出すことができ、3種まで装備することができます。海晶乙女アクア・アルゴノートを出して無効の弾を再装填したり、海晶乙女ワンダーハートを出して装備して特殊召喚の準備をしたり。そういったことを行うためには、この海晶乙女の闘海が必要になってきます。
海晶乙女スリーピーメイデン
墓地から除外することでマリンセスリンクモンスターを装備する効果があります。自分ターンに使えば4種装備も可能となり、海晶乙女の闘海の増加量を含むと2600アップとなります。
おろかな副葬
デッキから直接墓地に送り、マリンセスの得意とする回収効果を使うのが目的です。
トラップトリック
デッキから通常罠を1枚除外し、同名カードをセットする効果。そのターン中にも使えるので、破壊から逃れたりしたい時に使えたりします。
バージェストマ
罠なのでバージェストマが反応して墓地から出たりします。妨害効果を持つカードも多いので、より妨害に寄せるとか餅カエルを出したい場合に。

さまざまな使い方が出来る面白いカードです。破壊から逃れるために使ったり、バトルフェイズに追撃のために使ったりと様々な可能性を持っているカードなので、色々と考えてみるのも面白いと思います。

スポンサーリンク

関連カード

タグ: , ,

タイトルとURLをコピーしました