遊戯王

【遊戯王】マリンセスマーブルド・ロックの解説と相性の良いカード

海晶乙女マーブルド・ロック遊戯王
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

タグ: , , , , ,

スポンサーリンク

海晶乙女マーブルド・ロック

効果モンスター
リンク3水属性サイバース族
攻撃力2500マーカー左・右・下
水属性モンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「海晶乙女マーブルド・ロック」以外の自分の墓地の「マリンセス」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に、手札から「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。モンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

効果解説

①の効果
海晶乙女マーブルド・ロック以外の墓地のマリンセスカードを1枚手札に加える効果。
フィールド上で使える起動効果です。自分の墓地にあるマリンセスのカードならなんでもOKです。マリンセスはこういうなんでも回収できる効果を持つカードが多いんですが、海晶乙女マーブルド・ロックもそのうちの1体です。他の回収効果は墓地にいる時に除外して発動とか、墓地に行ったら発動みたいな効果を持っています。このカードはそうそうないとは思いますが、維持することができれば毎ターン回収することができる点がメリットです。
海晶乙女罠カードの一部はリンク3以上が居る場合に手札から発動することができます。そのため回収してそのまま発動っていう事も可能です。
②の効果
相手モンスターの攻撃宣言時に、手札からマリンセスモンスター1体を墓地へ送って発動。モンスターはその戦闘では破壊されず、自分へ発生するダメージは0になる効果。
この効果もフィールド上で発動します。手札コストは①の効果で回収したモンスターをそのまま使っても良いです。戦闘では破壊されず、自分への戦闘ダメージは0となる効果ですが、いずれの効果も「その戦闘」というのが付いています。つまり効果を使った攻撃宣言1回しか耐性などは発生しないというわけです。
しかしこの効果は1ターンに何度も使えるため、手札コストが尽きるまで使って耐え抜くっていうのは可能です。
その他
このモンスターは水属性2体以上で出すことができます。効果的にマリンセス以外では活躍しないんですが、マリンセスであれば戦闘面で強いのと起動効果での回収など、かなり良い効果を持っています。

相性の良いカード

マリンセス
何はともあれまずは海晶乙女ですね。

海晶乙女ブルータン海晶乙女シーホース
海晶乙女ブルータンは召喚・特殊召喚時にデッキから任意の海晶乙女モンスターを墓地へ送ります。効果で海晶乙女シーホースを送り、そこから海晶乙女ブルースラッグ海晶乙女シーエンジェル海晶乙女コーラルアネモネを経由することで簡単にリンク召喚することができます。
海晶乙女シーホースは召喚→海晶乙女ブルースラッグ→効果で特殊召喚→海晶乙女コーラルアネモネ→効果で蘇生→海晶乙女マーブルド・ロックと、こちらも同じような展開で出すことができます。
海晶乙女スリーピーメイデン
海晶乙女スリーピーメイデンに限ったことではありませんが、墓地からモンスターを回収して効果を使えば展開したりいろいろ狙うことができます。中でも海晶乙女スリーピーメイデンは表側カードに破壊耐性を付与することができるため、フィールド魔法とか海晶乙女マーブルド・ロックとか対象には困らないと思います。
海晶乙女シースター
1ターンに2度使える強化効果です。
海晶乙女コーラルアネモネ
海晶乙女コーラルアネモネの効果で墓地から何かを蘇生し、2体で海晶乙女マーブルド・ロックをリンク召喚すれば墓地に送られた海晶乙女コーラルアネモネの効果でまず1枚手札に戻します。その後、海晶乙女マーブルド・ロックの①の効果で墓地から回収することで手札が2枚増えます。
罠カード
自分フィールド上にリンク3以上の海晶乙女モンスターが居る場合、手札から使える罠カードです。以下に紹介する3種は手札から発動する効果を持っているので優先的に紹介します。

海晶乙女波動
1ターンに1度の制約はありません。相手の表側表示のモンスターを1体選択し、効果を無効にします。その後、自分フィールド上にリンク2以上のマリンセスリンクモンスターが居る場合、自分フィールドの全ての表側表示モンスターは相手の効果を受けません。
回収してすぐに打つ事も相手ターンに備えるのにも使える1枚です。海晶乙女の守りのキーカードなので優先的に手札に持ってきておきたいカードです。
海晶乙女瀑布
こちらも手札から発動できる効果を持っています。自分フィールド上の海晶乙女リンクモンスターを任意の数だけ除外し、自分のモンスター1体を選んで攻撃力を除外したリンクマーカーの数*300アップさせる効果です。海晶乙女マーブルド・ロックで回収し、そのまま海晶乙女マーブルド・ロック自身を除外すれば最低900アップとなります。戦闘破壊に重点を置く場合、このカードはかなり活躍します。
海晶乙女潮流
自分の海晶乙女リンクモンスターが相手モンスターを破壊した場合、自分のリンクマーカーの数*400ダメージを相手に与える。さらに破壊したのがリンクモンスターだった場合、さらに追加で破壊したリンクマーカーの数*500ダメージを与えます。
海晶乙女マーブルド・ロックで破壊すれば最低でも1200の追加ダメージとなります。なかなかのダメージを与えることができます。攻撃力2500からなので、破壊できるリンクモンスターは2か3ぐらいですかね。その場合でも1000か1500の追加ダメージも狙えます。
海晶乙女環流
こちらも手札から使える効果があります。自分フィールドのリンクモンスターを戻して同じリンク数のモンスターをリンク召喚扱いで出すという効果です。リンク3の海晶乙女マーブルド・ロックに対してそのまま使うと、海晶乙女コーラルトライアングルしか候補はありませんがあちらは海晶乙女で唯一デッキからカードをサーチできる効果を持っています。
おろかな副葬
デッキから魔法罠を1枚選んで墓地へ送ります。海晶乙女マーブルド・ロックの回収対象はマリンセスカードならなんでも良いので、このカードで回収対象をデッキから直接墓地へ送ることで用意できます。他にも氷結界w(罠)とか、相性の良いカードはたくさんあるので腐ることは少ないです。
サルベージ
手札コストの確保は自身の①の効果でも良いんですが、他のカードで補う事も考えるとより扱いやすくなると思います。サルベージはその代表格です。海晶乙女は一部のリンクモンスターを除くと攻撃力は1500以下なのでほとんどが回収対象となります。

海晶乙女デッキ限定のような効果を持っていますが、その分良い効果を持っています。上手く扱う事で生存率が上がり、展開を優位に進めたりできます。

スポンサーリンク

関連カード

海晶乙女(カテゴリ)

タイトルとURLをコピーしました