遊戯王

【遊戯王】氷結界の交霊師の使い方と解説【氷結界】

氷結界の交霊師遊戯王
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

氷結界(カテゴリ)レベル7魔法使い族
手札から特殊召喚
スポンサーリンク

氷結界の交霊師

効果モンスター
レベル/ランク7水属性魔法使い族
攻撃力2200守備力1600
①:相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより4枚以上多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動できない。

効果解説

①は自身の特殊召喚効果。条件は相手フィールドの数の方が自分フィールドのカードよりも4枚以上多い場合です。この効果はチェーンブロックを作らない効果です。

単純に自分が0枚の場合は相手フィールドに4枚以上あれば出せますが、先行1ターン目では大体出せませんし、後攻1ターン目でも安定して出せるかどうかは怪しい所だったりします。

②がこのカードの本命効果。このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は1ターンに1度しか魔法罠を発動することが出来なくなります。お手軽に使えるのがウリの魔法とか、攻撃反応罠とか1ターンに1度しか発動出来なくなります。

とはいえその1回でサンダー・ボルトを使われたり、月の書とかで裏になったら相手は魔法カードをバンバン使えるようになってしまいます。そのあたりは次で紹介します。

そしてこのカードがフィールドに出るよりも前の発動している永続魔法永続罠はそのまま適用され、このカードが出た後から1ターンに1度の制約が発生します。そして墓地で発動する魔法罠に関しても同じように1ターンに1度になるため、うまく守ることが出来ればこちらが有利になります。

更には氷結界の交霊師が持つ2つの効果、他の氷結界モンスターに左右されることはありません。他の氷結界モンスターは大体が「他の氷結界モンスターが存在する場合」とか書かれている事が多いです。しかし氷結界の交霊師はどちらの効果も単体で使える効果なので、氷結界のみならずロック・魔法使い族のどちらでも使える効果になっています。

相性のいいカード

このカードは自身が特殊召喚効果を持っているわけですが、他の手段を使うのが手っ取り早いです。可能なのは氷結界の虎将 ガンターラ氷結界の伝道師による墓地からの蘇生と氷結界の随身の効果による手札からの特殊召喚。特に氷結界の虎将 ガンターラは相性がそこそこ良く、エンドフェイズに蘇生して手札コスト等も必要なく維持することが出来ます。

そしてこのカードを守る手段ですが、まずは魔法罠への破壊耐性を付与する氷結界の大僧正氷結界の大僧正氷結界の伝道師氷結界の随身でデッキ以外からなら大体特殊召喚することが出来るため、出しやすい事は出しやすいです。そして戦闘破壊を防ぐのであれば氷結界の守護陣で攻撃を止めるというのがあります。モンスター効果に対しては氷結界の御庭番で対象にならない効果を付与し、氷結界の晶壁でEXデッキから出てきたモンスターの効果を受けないバリアを張るのがお手軽と言えばお手軽です。

自身の攻撃力が2200と少し低めではありますが、ヒュグロの魔導書で1000アップからの魔導書サーチが出来ます。3200の攻撃力なら大体のモンスターは破壊出来、採用する魔導書にもよりますがその後の展開に便利なカードを引き込むことも出来たりします。

スポンサーリンク

まとめ

氷結界の交霊師は1ターンに1度しか魔法罠を使えさせない効果を持ちますが、守る手段を別で用意する必要があります。ただし維持出来ればその分相手に負荷をかけることが出来るので、採用する場合は氷結界の大僧正氷結界の守護陣など、守れるカードも一緒に採用してあげましょう。

関連

氷結界(カテゴリ)

タイトルとURLをコピーしました