遊戯王

【遊戯王】強欲なウツボの使い方と解説【水属性サポート】

強欲なウツボ遊戯王
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

タグ: , , ,

スポンサーリンク

強欲なウツボ

通常魔法
①:手札の水属性モンスター2体をデッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから3枚ドローする。

効果解説

手札に水属性が2体あれば使用可能な手札入れ替えカード。水属性であれば何でも良いため、使用できる範囲は広いと言えます。1枚使用→2枚戻す→3枚引くなので、最終的には手札消費が0となるカードで、個人的に結構好きです。

以下の使い方をすると、デッキの回転率も上がるんじゃないかなと思います。

デッキに居てほしいカードを戻す

大皇帝ペンギンや超古深海王シーラカンスが該当します。この2体はデッキから特殊召喚する効果を持っていますが、デッキに肝心のモンスターが居なければあまり強くはありません。手札に来たモンスターをデッキに戻しつつこれらを展開するためのカードが引ける可能性もあります。

海皇でいうと海皇子ネプトアビスの効果で落としたい龍騎隊が手札に居るとかいう状況も打破出来ます。

ピン刺しカードの代表格である氷霊神ムーラングレイスが初手からある場合でも、一度戻して他のカードに変えるということも。

特殊な用途

主に彩宝龍のことですが、彩宝龍はデッキから手札に加わったときに特殊召喚する効果と、墓地から手札に加わったときに特殊召喚する効果を持ちます。初手からあった場合は使えないため、ウツボで戻して他のカードで手札に加えて特殊召喚といった流れが可能。

サーチできないカードを引きに行く

これはもはや運頼みですが、もともとこういう使い方です。ペンギンで言えば展開の起点となる大皇帝ペンギンを早めにほしい所ですが、ペンギンをサーチするためのロイヤル・ペンギンズ・ガーデン永続魔法。どちらか1枚でも引ければ展開が出来るため、これらを狙いに行くのもまっとうな使い方です。

サーチ出来ない点で言えば超古深海王シーラカンスもそうですが、あちらは揺海魚デッドリーフの効果で墓地へ落としてから蘇生することも考えられます。死皇帝の陵墓を引きたいとか、そういった使い方なら別ですが。

スポンサーリンク

まとめ

強欲なウツボは1枚使って2枚戻して3枚引くため手札は減りません。しかし戻したカードがすぐに帰ってくることもありますし、余計に事故る可能性も少なからずあります。

サルベージ/浮上と共に、水属性の汎用サポートで有ることには間違いありませんが、採用枚数は考えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました