遊戯王

【遊戯王】ペンギン・ソードの使い方と解説【ペンギンデッキ】

ペンギン・ソード遊戯王
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

この記事のタグ

タグ: , , , ,

ペンギン・ソード

装備魔法
「ペンギン」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターの攻撃力は800アップする。
②:装備モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
③:相手フィールドの表側表示のカードが「ペンギン」カードの効果でフィールドから離れ、
手札に戻った場合または除外された場合に発動する。
次のターン終了時まで、そのカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

効果解説

まずは①の効果から。ペンギンのみ装備可能で、800の攻撃力アップがあります。ペンギンは総じて攻撃力が低く、最高攻撃力のペンギン勇者でも2400と低めです。しかし800上がるとなれば少しは対応の幅が広がります。ちなみに単体強化であればデーモンの斧が1000アップだったりします。

②は装備モンスターが相手に戦闘ダメージを与えたときに相手フィールドのカードを1枚バウンスする効果。これは対象を取らず、更には1ターンに1度の制約もありません。つまり装備した枚数分、相手のフィールドを蹴散らすことが出来ます。

③は1ターンに1度の制約があり、強制効果です。相手フィールドのカードがペンギンの効果によりバウンスもしくは除外されたときに発動し、次のターン終了時まで同名カードの効果が無効化されます。効果時間が長いのが特徴ですが、これは自分にも影響する点に注意が必要です。そして強制効果なので、バウンスなり除外するカードは慎重に選びましょう。複数のペンギン・ソードを装備し、③の効果が複数発動した場合はかなりややこしくなります。その際にトラブルにならないように注意しておきましょう。

ペンギン・ソードの活用

ペンギン・ソードは装備魔法なのですが、ペンギンの名前があるのでロイヤル・ペンギンズ・ガーデンにてサーチ可能です。後はデメリットが生じますが、アームズ・ホールなんかも一つの手です。

このカードは戦闘ダメージさえ与えればいいため、他のペンギンモンスターの「リバース」や「破壊された時」みたいに効果の発動まで時間がかかるタイプではありません。そして最も相性が良いのはペンギン魚雷です。

ペンギン魚雷は相手にダイレクトアタック出来る効果を持っているため、このカードを装備してぶん殴れば1350のダメージを通せます。そしてペンギン魚雷のコントロール奪取とペンギン・ソードの②の効果がチェーンで発生、その後ペンギン魚雷は自壊します。まさかこんな活躍の場が出るなんて思ってませんでした。

まとめ

相手に戦闘ダメージを与える必要がありあますが、与えることができればバウンス(除外)と効果封印と、かなり強いカードとなっています。イラストもペンギン・ソルジャーがかわいいですね。

ペンギン達に防御貫通を付与するウミノタウルスなんかも面白いと思います。ウミノタウルスなにそれと思った方はウミノタウルスの記事も参考にしてみてください。

他のペンギン関連は以下をどうぞ。

ペンギン(カテゴリ)

タイトルとURLをコピーしました