遊戯王

【遊戯王】氷水底イニオン・クレイドルの使い方と相性のいいカード

氷水底イニオン・クレイドル遊戯王
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

この記事のタグ

タグ: , , ,

氷水底イニオン・クレイドル

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「氷水」モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
②:1ターンに1度、モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分フィールドの水属性モンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスター及び相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、対象のモンスターの元々の攻撃力分ダウンする。

効果解説

①はこのカードの発動時の処理として、自分の墓地・除外モンスターの中から氷水モンスター1体を手札に回収する効果。同じ氷水魔法の氷水揺籃はデッキからサーチする効果があるため、これで墓地や除外から回収することが出来るようになります。

②は1ターンに1度、モンスターの召喚や特殊召喚に応じて一部効果を無効化する効果。自分の水属性モンスターを1体選択し、その元々の攻撃力だけ相手フィールドのモンスター全ての攻撃力が下がる効果。この効果で自分の選択したモンスターも攻撃力が元々の分だけ下がるため、攻撃力が変動していなければ0になります。レベル10の水属性であれば神・スライムの特殊召喚も出来たりします。

水属性で攻撃力が一番高いのはイビリチュア・ジールギガスやアラドヴァルの影霊衣、白闘気双頭神龍などの3300です。自分ターンでは選択したモンスターの元々の攻撃力分だけ、自分も相手も下がります。ただし相手ターン中に発動した場合は守備表示であれば攻撃力がいくら下がっても問題ありません。それどころか攻撃力が3300も下がれば、普通に戦闘破壊は出来ないですしね。

自分が選択していない自分のモンスターは攻撃力が下がることはないため、うまく使えば戦闘破壊がしやすくなります。

相性のいいカード

①はそもそも墓地や除外に氷水モンスターがいないと不発となります。先行1ターン目とは言え、氷水のトレモラの効果を使えば氷水のトレモラを回収することが可能となります。そして氷水のアクティ氷水のトレモラ氷水のティノーラは水属性の破壊に応じて墓地から自身を除外する効果があるため、この3体を除外から回収する事は狙いやすいです。

②は自分ターン中は攻撃力が下がるモンスターが確実に1体出来るため、シンクロやエクシーズなどの素材にしてしまうのも手です。しかし氷水であれば氷水艇キングフィッシャーの装備効果で守備表示のまま攻撃できることもあり、攻撃力がいくら下がっても問題はありません。ちなみに氷水艇キングフィッシャー装備→効果で特殊召喚→氷水艇キングフィッシャーを選択して氷水底イニオン・クレイドル発動し、2500下げる→再び装備して2500下がったモンスターを不在にするという流れが出来ます。

相手ターン中に使うなら、白闘気双頭神龍などの3000超えモンスターを利用するのが良いですね。使えるか分かりませんが、神龍トークンを対象に使えるのなら一気に3300下げつつ、破壊されても復活する効果を持っています。本体も復活する効果を持っているため、案外相性よかったりします。

このカード自体は氷水のエジルでサーチすることが出来るので、かなり便利なフィールド魔法です。深海のディーヴァ1枚から白闘気双頭神龍を出しつつ氷水底イニオン・クレイドルをサーチし、盤面に3300を2体用意して妨害することが出来ます。氷水一切関係無いですけどね。

まとめ

氷水底イニオン・クレイドルはサーチしやすく、妨害効果もなかなか便利です。氷水帝コスモクロアの特殊召喚の条件にも使えるので、氷水においては重要なカードになっています。

関連記事・タグは以下から。

タグ: , , ,

タイトルとURLをコピーしました