遊戯王

【遊戯王】六花のしらひめの使い方と相性の良いカード

六花のしらひめ遊戯王
この記事は約4分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

タグ: , , , , , ,

スポンサーリンク

六花のしらひめ

効果モンスター
レベル/ランク4水属性植物族
攻撃力0守備力0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時、手札・墓地のこのカードをデッキに戻し、自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。その発動した効果を無効にする。

効果解説

①の効果
①:自分メインフェイズに発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
手札から特殊召喚できるシンプルなルールです。サイレント・アングラーサイレンス・シーネットルとは違って、他にモンスターがいる必要も無く、手札から出すことができます。六花はこれまで特殊召喚するにはリリースする必要がありましたが、それも必要なく出すことができます。
六花のひとひら1枚から六花精ボタン六花来々六花絢爛→六花のしらひめ+レベル4六花とサーチが出来て、さらに特殊召喚してエクシーズも狙えます。かなり展開に使える効果が1つ目です。
②の効果
②:自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時、手札・墓地のこのカードをデッキに戻し、自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。その発動した効果を無効にする。
相手モンスターの効果に限定されますが、無効にできます。ただし自分の植物族モンスター1体リリースと、手札か墓地のこのカードをデッキに戻す必要があります。2枚使って相手のモンスター効果を1回無効なので普通に考えたら損なんですが、六花来々との併用で相手モンスターをリリースして、このカードをデッキに戻す処理になるのでその点においては六花来々との相性がダントツで良いです。逆に六花来々が無い時は打つべきところで打ちましょう。

相性の良いカード

六花
まずは六花から紹介してきます。

六花絢爛
デッキから六花モンスターをサーチできます。自分の植物族を1体リリースして使った場合、更に同レベルで名前の異なる植物族をサーチ出来るので、レベル4を一気に2枚揃えることができます。これの効果で六花のしらひめと六花精プリムをセットでサーチすればそのまま2体とも出すことができます。
六花精プリムの効果を使えばレベルを2つ上げることができるので、ランク4と6の使い分けもできる様になります。
六花来々
「自分フィールドの植物族をリリースして発動する代わりに相手フィールドの表側表示モンスター1体をリリースできる」という効果があるため、六花のしらひめの②の無効効果を使う時にこっちを使いましょう。更には六花来々の①の六花魔法罠をセットする効果に関しても六花モンスターが必要なので、召喚権を使うことなく特殊召喚できる六花のしらひめはお互いに相性がいいといえます。
六花のひとひら
召喚→効果で六花精ボタンをサーチすれば、その後は六花来々六花絢爛をセット→六花絢爛六花精ボタンをリリースして六花のしらひめと六花精プリムをサーチしてそれぞれ特殊召喚って感じで一気にランク4か6を出すことができます。
六花来々があれば、相手フィールドのモンスターをリリースして六花絢爛をセット出来るので六花精スノードロップをサーチしてランク8とかも狙えます。
六花聖ストレナエ
ランク4なので六花のしらひめのレベルを変動させることなく出せる六花のエクシーズモンスターになります。素材を使って墓地から植物族か六花カードを1枚回収する効果と、ランク5以上のXモンスターを出す効果を持っています。
六花聖カンザシ
六花精プリム六花精スノードロップでレベルを変更したら出せるランク6。①リリースをトリガーにして墓地からモンスターを効果無効で特殊召喚と、②植物族の効果破壊を手札・フィールドからリリースする事で肩代わりできる効果。
①のリリースに関しては六花のしらひめの効果無効のためのリリースでも良く、逆に六花聖カンザシの②の効果のために六花のしらひめを墓地に送っても墓地で効果が使えるのでお互いに順序を気にせず使えるという点では相性がいいです。
六花の風花
自分の六花がリリースされたら相手はモンスターを1体リリースしなければならないという強制効果を持っている永続魔法です。サーチは六花精ボタン六花来々などで容易なのでこのカードと合わせて②の負担を軽減していきましょう。
サルベージ
攻撃力0なので墓地からの回収が可能です。
ピリ・レイスの地図
攻撃力0なのでデッキからサーチできます。
清冽の水霊使いエリア
守備力0なのでデッキからサーチできます。
ローンファイア・ブロッサム
植物族といえばこれですよね。

特殊召喚効果を持つ六花モンスターの中ではかなり緩い効果で出すことができます。その他の六花カードとも相性が良く、これまで以上に展開が行える様になります。

スポンサーリンク

関連カード

タグ: , , , , , ,

タイトルとURLをコピーしました